2020年03月28日

読書記04 ハードボイルド

R0019873.JPG


横溝から読み進めて、日本人作家も読んでいるが探偵ものといえば海外の、それこそホームズではないか?と苦手だった外国文学作品もミステリーという合言葉を盾に読んでいる。あの翻訳された日本語が苦手で今まで何度も挫折してきたし、村上春樹なんてその文体のせいで大嫌いである。


とりあえずネットの検索で「ミステリー 文学 名作」とかで検索して、誰がどんな作風とか全然わかんないし、とりあえず名作とか歴史的とか付くものは手を出せるだけ出しているが、それでもまだまだ量が多くて全然読めていない。が、ホームズは大変面白く全作読んだ、はずです。


で、次に手を出したのがハードボイルドでした。日本でも新宿鮫が好きだし、黒川さんの作風を省みてもハードボイルドは僕の中で嫌味なく受け入れられると思い、レイモンドチャンドラーの「長いお別れ」から読み始めたのが何よりも良かったと思いますね。フィリップマーロウものでも屈指の出来で、生涯でも忘れられない小説になりました。それからマーロウ物の長編は全部読んで、同作でも翻訳が違うのも読んだりて、じゃ他にホードボイルドは?となって、ダシール・ハメットの「マルタの鷹」を読んだけど、チャンドラーよりもハードボイルドしていて全然読み進められなくて苦しんだ。


この人の他のは?と代表作の一つである「赤い収穫(血の収穫)」を今度は借りて読んだものの、やっぱり読み進めるのが辛い。いや、面白いのだけども、文体かなぁ。なかなか辛かった。


ハードボイルドっていうのは事件そのものが主題なのではなくて、それを軸に様々な人間や出来事がめぐりめぐるということに主題があって、読みながら何度も、そういえば何の事件だったっけ?となることが少なくない。あと登場人物が多い。そして全員に影があったりするから全然覚えられない。読み終えてもミステリーを読み終えたような爽快感は少ないが、一幕終えられたなという主人公が感じている徒労感は同様に感じられるので中毒性は高い。


このブログを書くにあたってウィキペディアを調べると、この作品が黒澤明監督作品の「用心棒」の下敷きになっているそうである。まったく納得できる話だ。
posted by さだおか at 03:06| 兵庫 ☔| Comment(0) | 読書記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三月の北川トリオ

三月の北川トリオのライブの様子です。












最近のトリオではどうも苛々してしまい、お客さんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。でもそれを抑えて演奏していたら意味がないとも思うし、一応自分の中では葛藤というか矛盾めいたものも感じつつ叩いているのです。


コロナの影響でどうなることか先行きが全くわかりませんが、4月16日、5月13日、6月17日も北川トリオで池袋のフラットファイブに出演します。どうぞ温かい目でトリオの成長を見守っていただけたらと願っております。
posted by さだおか at 02:13| 兵庫 ☔| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

読書記03 怒涛

R0019847.JPG

黒川博行の著作を二連発。


内容が内容なだけに、読み始めるまでなかなか腰を上げるのが億劫なのだが、いざ読み始めるとすすすーいと読める。当たり前だよな。


「落英」はシリーズではないので登場人物がなかなか入ってこなかったが中盤は勢いがあったが、終盤はあんまり好みじゃなかったな。ギブミー破滅。


「泥濘」は疫病神シリーズの最新作。福祉モノ。ヤクザのシノギはその時代の最先端をゆく。タピオカも然り。そして政治家も官僚も同じ穴のムジナだよな。


黒川著作はしばらくいいかな。読み飽きたというのではないが、今は横溝って気分なのだ。
posted by さだおか at 00:20| 兵庫 ☀| Comment(0) | 読書記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

久しぶりのライブである。

明日はライブでございます!


3月11日(水)神戸 ビッグアップル 
「SOKKYO,即ちフラジャイルな夜」
0001.jpg
中曽根有里Vo 伊藤シュンペイGt 武藤浩司A.sax
guest 野津昌太郎 Gt

開場19時 開演19時半
当日2500円 予約2300円
http://bigapple.guy.jp/


なんとか一曲用意しました。


R0019871.JPG


R0019872.JPG




無論五線譜じゃございません。こんなものを曲と呼んだ日にゃ、まともに曲を書いてる人たちに怒られるよ!と注意勧告を受けたことは少なくないが、僕にはこれも立派な曲なんですよ。ご理解ください。そして清き一票をお願い致します。目指せ国会議員!


毎回僕が三題を用意しますが、自分で考えときながらいざ作ろうとなるともんどり打ってなんとか絞り出す。



とはいえ即興コンポジションと銘打っている以上、おたまじゃくしでは書けない情報量を演奏から引っ張り出して分厚くしていきます。


posted by さだおか at 03:24| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

空景5

自分で動画も音も編集もやる「空景」というシリーズを五年振りに製作しました。



ぜひご覧ください↓




映像と音をいかに関係性としての意味といったものを無関係になるように工夫しております。ですので、内容に意味や理由もなく、これを見たからと言って明日の人生が豊かになるということは特にはないけど、呆けてぼーっと眺めてるまさに空っぽの景色といったものを作りたいなと思ってやっています。


今までのは地元である淡路島のロケーションが中心でしたが、今回は東京と横浜です。北川3で毎月通わせてもらい、その都度カメラを片手に色々な街を歩き回り、ふとこの景色はっ!というときに動画を撮りためておりました。


雨の横浜関内(いや馬車道か?)、上野の不忍池の鯉、千代田区竹橋駅付近のお堀、荻窪から新宿までの中央線の車窓の風景、鶯谷の高架下ですれ違った男の目の狂気、池袋大橋からの風景、それぞれ撮った時期も季節も違うけどどっかで一貫してる感触があるように思います。ま、同じ人間が撮ってるから当たり前なんだけどね。そういう意味で視点はブレないな。写真もそうだし。


説明するのはとりあえぞそれくらいで、見てくれれば僕が何をしたかったのか分かってもらえると思います。






そして過去の空景も改めて、ぜひ↓














posted by さだおか at 13:20| 兵庫 ☁| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

読書ではなく映画だが。

原田眞人監督作品「クライマーズ・ハイ」を昨日見た。


内容等に関してはこの世で一番便利なウィキペディアをご覧くだされ→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A4


僕はアマゾンプライム会員なのだが、昨今のあのサービスは僕の触手が伸びるような映画があまりなくプリプリしている。が、つい先日CDを借りる為に1年ぶりにTSUTAYA会員になったので返却ついでにDVDを借りようと思ったのだ。随分と利用してなかったが、レンタル料金ってこんな高かったっけ!?と震えた。旧作一週間で一枚税抜き280円ですぜ。新作なんて一週間で500円で、新作準新作旧作5枚で1200円ですぜ。もう意地でも5枚借りてやるか!ってなもんです。


原田眞人作品を全て見たわけじゃないが、とかく本筋と別に主人公の家庭や恋愛面を描くことでその人の描写を分厚くしようとするのだが、こちらからすればそれこそ蛇足以外の何物でもない!という脚本を書くと認識していた。浅間山荘事件も日本のいちばん長い日もそれさえなければ面白いのにと見ていてくだらなくてしょうがなかった。


たとえば近年の007を見てたら冒頭もしくはラストのアクションシーンで敵の組織の名もない登場人物がばったばたと殺されていくが、それを見るたびに「この登場人物にも家族がいるんだろうが、どうしてこういう仕事をしてんだろう?」と想像してしまう。そらものすごい人数ですからね、全員が生涯孤独とかってことは恐らくないだろう。そういうことを見てふと妄想するのはいいんだけど、それを話の筋に絡めちゃダメだと思うんですね。でもそれを描くことでこの人は仕事としてこういうことをしているけど、家に帰るとまた別の顔があってみたいなことはわざわざ描くまでのことじゃないと思うんですよ。でも原田さんはそれをやるわけ。クライマーズ・ハイでもやるわけです。


話の本筋は日航機墜落事件を取材する地方新聞社の事件後の怒涛の日々なのだが、冒頭に子供が外国に移住する為に空港で見送るシーンがあり、石を手渡されるんだけど、怒涛の日々の中で時折それを取り出したりしてんだけど、実際はそんなこと考えてる暇も余裕もないだろうからそういうことされると見ていて気分が萎えるんですね。エセヒューマニズムというか安いんだよな。もう一人、安西という山登り仲間もいるが事件と同じタイミングで過労で倒れてどうのこうのなんだけど、それもまったく蛇足に感じるわけ。ドキュメント性の高いものを取り扱うわりにエンターテイメント性を高めてバランスを取ろうとするからそういう風になるんだろうとは分かるんだけど、やっぱり見ていてリズムが崩れて萎えるんですよ。でもそうでもしないと見続けるのが辛い人もいるだろうことは僕だって想像がつくんだけど、だけどもという感じ。


でもカメラの画角やカットでリズムを高める手法は素晴らしいと思うし、映画なんだけど舞台を見ているような気にもなるから面白いんだけど、どうしても脚本に筋とは関係ないものを持ち込む癖が気になってしょうがないのだ。とはいえ見応えあるし、役者陣も精一杯の演技をしていると思います。
posted by さだおか at 13:06| 兵庫 ☁| Comment(0) | 読書記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月以降のスケジュールです!

自主企画ライブ
11日(水)神戸 ビッグアップル 
「SOKKYO,即ちフラジャイルな夜」
0001.jpg
中曽根有里Vo 伊藤シュンペイGt 武藤浩司A.sax
guest 野津昌太郎 Gt

開場19時 開演19時半
当日2300円 予約2000円
http://bigapple.guy.jp/




三つお題を元に曲のモチーフやテキストを各人が用意してきて、それを即興演奏で繰り広げます。
今回のお題は「後悔」「建築」「ストリップ」です。

新メンバーに武藤くんが入りました。これからどんどん増やして、最終的にはオーケストラを目指します!

ぜひお越しください。





16日(月)神戸 ビッグアップル 
野津昌太郎Guitar 

開場19時 開演19時半 
予約1800円 当日2000円

久しぶりに野津とデュオ。即興演奏をどっぷりとやるぜ!






18日(水)池袋 フラットファイブ
北川2020_page-0001.jpg
北川秀生Bass 野津昌太郎Guitar 
open19:00 start20:00
チャージ¥1,500+飲食代
https://www.facebook.com/flat5jp/



20日(祝日・金)春日野道商店街 のぞみ青果
のぞみ3月-1.jpg
かにたまVo Pf 荻野やすよしGt 河合鉄兵Ba
開場14時 開演14時半 チャージ1500円 



かにたまさんのオリジナルとジャズを少し。のびのびとじっくりとやりたいと思います。




22日(日)明石 POCHI スペシャルジャムセッション
高橋俊男Piano 泉正浩Bass 
open18:30 start19:00
チャージ¥1,550-
http://www.pochi-live.com/index.html





24日(火)三宮旧居留地 100BANホール
ジャムセッション
高橋俊男piano 泉正浩bass
開場19時 開演19時半 終演22時頃
1500円







四月


1日(水)東大阪 ライブ&バー 白ひげ 
四方裕介Gt 梅本慈丹Ba
開演20時
チャージ2000円(1ドリンク付き)
http://shirohige-livebar.com/



12日(日)神戸 ビッグアップル
藤井郷子DUO企画 vol,2
1,登 敬三(ts) 小山 彰太(ds)duo!! 2,荻野やすよし(g) 定岡 弘将(ds)duo!!
会場19時 開演19時半
予約3,000円 当日3,500円



15日(水)天満 BAMBOO CLUB
第17回 課題曲セッション!
荻野やすよしguitar 丑嶋恵piano 河合鉄兵bass
open 18:30 / start 19:00

@Sunny side of the street
ARecarde Bossa Nova
BTangerine
CLike someone in love


参加費\1,500(1drink&snack1000円別途) 学生\500割引
課題曲のみを演奏するセッションです。 同じ曲もアプローチを変えればこんなに変わるのか! 決められた曲だからこそ取り組んだ楽しみの共有できる、ここにしかないセッションです。 1曲のみの参加も、見学ももちろん大歓迎! こんな感じで演奏したい、参考音源が知りたい などのご要望やご参加についてのご連絡、ご質問ご意見、なんでもお待ちしています!

http://www.temma-bamboo.club/



東京遠征!
16日(木)池袋 フラットファイブ
北川2020_page-0001.jpg
北川秀生Bass 野津昌太郎Guitar 
open19:00 start20:00
チャージ¥1,500+飲食代
https://www.facebook.com/flat5jp/





24日(金)春日野道 天昇堂
古山晶子T.sax 関谷友加里piano 
開場19時 開演19時半
チャージ2000円
飲食物の提供はありません。持ち込み可。差し入れ大歓迎。



28日(火)三宮旧居留地 100BANホール
ジャムセッション
高橋俊男piano 泉正浩bass
開場19時 開演19時半 終演22時頃
1500円







5月



5日(火)神戸ジャズウォーク@Martini


7日(木)一家団欒@梅田オールウェイズ


9日(土)「眠れぬ夜の音楽会7」かにたまトリオ@神戸 ビッグアップル


13日(水)北川秀生3@池袋フラットファイブ


20日(水)Doodli'n presents Boppin'The Waterfront vol.3権上康志QUINTET@JAMES BLUESLAND→https://www.facebook.com/events/628091184671576/

24日(日)高橋俊男3スペシャルセッション@明石POCHI

26日(火)高橋俊男3スペシャルセッション@100番ホール



追加変更等ありましたらまた更新するかピンポイントで告知いたします。よろしくお願いします!
posted by さだおか at 12:30| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

落ち着いて買い物もできない

平日にもかかわらず近所のスーパーが混んでいる。朝の開店直ぐにも関わらず混んでいる。いやぁ、もう息苦しくって仕方ない。そら休校になるくらいだし、連日新聞の一面は必ずコロナに関することが載っているくらい大変な時期なのだが、比較するに東日本の震災がまず頭に浮かぶものの、あの当時以上の息苦しさと目まぐるしさを感じている。


理由は簡単。SNSの存在だ。


それ自体に恩恵もあるが、やはり知らなくていいことまで知ってしまうということは問題がある。が、情報が何よりも価値と意味を有するという現代じゃ、もはやそういうことを口にするのは野暮というか野人なんだろうか。


常々気持ち悪く思っていたが、その日その人が何を食ったとかどんなライブをしたとか見たとか本来なら会って話してようやく知ったようなことが画面をスクロールすれば山のように出てくる。山のように出てくるってのは変な表現だな。ペンギン村のあの山が山のように出てきたら、そこはもうペンギン村だ。村だ、山田。山だ、村田!むーーー。


で、実際に会って話した時に「それ見たわ」とか「知ってるで」と言われることにさすがに最近は慣れたが、やはり気持ちが悪かったし、そうしてその情報の事実性の純度が高いと思っているんだろうか。そこに違和感を感じて毎週まとめて嘘日記みたいなものもこのブログでしばらく書いたけど、結局まとめて書くということが面倒でやめてしまったが、僕はエッセイやコラムばかりを集中して読んだ時期があって、あれの内容もフィクションかノンフィクションかと分けるのならフィクションなのである。あるパーセンテージの事実に話を盛って膨らませて書いていたり、ときに誇張していたり、場合によっては妄想や夢想の濃度が高いと思うのである。


SNSで虚実性が高まると、実社会においてよっぽどの人気者でない限りは他者からの反応は極々冷たいものである。というのもわざわざそういうことをするために発達した場やコミュニティーではないからだ。で、それが爆発的になったのが東日本大震災だったのではないかと今は思う。あのときの原発に関しての情報がそれだったように記憶している。それがさらに発達してフェイクニュースとか誰かの利益にだけ繋がる布石のような情報としてあまりに便利に使われすぎてきたツケが回ってきたんだろうな。


僕は使っていないがLINEも然り。家族間でも知らなくていいことやわざわざ言語化する必要のなかったものが、簡単に出来るがゆえに実行されない以上は信用を得られないという関係性になってきてんじゃないかなと思っている。被害妄想かしら。


3日の今夜はコロナの影響でライブが中止になって、日中のレッスンも生徒さんの仕事がそれによって休みが飛んで中止になった。それ自体は仕方がないのだ。音楽やエンタメというものは生活の優先順位は低い。だからこそスーパーやコンビニといった小売店は大盛況なのだが、それもまた揺り戻しがあるに違いないと確信している。
posted by さだおか at 23:33| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

ライブ中止のお知らせ。

コロナの影響を鑑みて3月3日のバンブークラブ、3月10日のビッグアップルでの演奏は取りやめになりました。取り急ぎの告知ですが、来場を予定されていた皆さま、どうかご理解ください。
posted by さだおか at 19:25| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

インザムード

昨日は初出演のお店で緊張もしましたし、地下鉄降りて地上に出たら方角分からなくなって少し迷子にもなりましたが来てくれた方々には楽しんでもらえたようで何よりです。初めて行く場所は地図必須ですね。といっても僕はスマホではないので、家で地図調べてそれを写メして持ち歩くというスタイルなので何かと不便なのだ。拡大できないし、いや実際は出来るんかもしれんがやり方知らんわけで、引きの地図と拡大した地図と複数枚用意するのだが、それでも迷う。方向感覚は良い方だと自分では思っているが、とかく地下から地上に出て、視界がビルビルビルの場合は必ず迷う。


例えば河原町でもいつも同じ出口からしか地上に上がらないので、いつもと違う出口から出たらこの前は三条方面に行かなきゃならないのに祇園方面行っちゃったりした。ムードの濃度に疑問に思い焦って戻ったら見たことある風景で冷や汗をかいたものだ。


で、昨日は終演後は思いの外時間が早かったので淀屋橋から梅田まで歩いてみた。大阪の風景も捨てたもんじゃないなと日本銀行大阪支店のあたりで思ったが、やっぱり新地のあたりまで来たら猥雑ではあるが、下品なんだよね。歌舞伎町とかは多分もっと分母が大きすぎて一人一人の感情や品性が無意味に近付いて「全体的に虚無っぽさ」が充満して品もクソもなくてカラッとしてんだけど、やっぱり大阪はその点で中途半端というか何というか、一人一人の顔がちゃんと街にあるんだけど、繁華街だとそれが色気をなくしてるなぁって気もするわけでね。へへ。

R0019837.JPG



R0019841.JPG



R0019833.JPG



R0019839.JPG



R0019846.JPG


周囲のミュージシャンも仕事がキャンセルなった延期になったという話を耳にする。テキヤ殺すにゃ刃物はいらぬと言うように、これが一、二ヶ月続いたらミュージシャン全員Uber Eatsの配達員してんじゃないの!?っていう状況になりつつあるのかもしれない。
posted by さだおか at 12:19| 兵庫 ⛄| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする