2018年02月22日

もっとジャズをね、やりたいよね。

目下確定申告をひぃひぃ言いながらやっている。


こんな面倒なものは溜めるから余計に面倒に思うわけで、毎月々々経費や何やとしっかり計算して整理しておけばこの苦労が分割されて、申告書を製作するときには打ち込むだけでビバノンノ♪という状態なのだろうが、こちとら毎日のように酔っ払ってて数字見ると落ち込むんだわってことで見て見ぬふりでいるのだ。


それでも今週中に目途がつきそうなので期間中に提出できるのだろうが、僕ぐらいのライブの本数でこのさまなのだからもっと源泉徴収票が絡んだ仕事をガンガンこなしている方々は書類の管理とか大変だなぁとこっちまで気分が暗くなる。


ま、そういう世俗的な悩みは忘れて昨日はジャムセッションに行ってきた。その前に三宮のTSUTAYAにCDを借りに行ったのだが、10枚1000円のキャンペーンが修了してしまい、今は4枚1000円、10枚1800円という値段設定になっていた。新譜を借りたい人が多いのだろうが、こっちとしては未だに1950、60年代の音源が目的だったりするわけで、「ぜんぶ新譜でも大丈夫」と言われても・・・ねぇ・・・。


下の写真が今回借りたやつ。

R0018655.JPG


半分以上は以前持っていたものを引っ越しの際に手放したり、MDだけで持っていたっていうものばっかりで自分は何をしているのだろうかと少し落ち込んだ。


三宮の店舗はセルフレジのみで、カードの更新や手続きのみ有人レジで対応するのだが、昨日は更新の手続きをしてそのまま友人でレンタル手続き処理をしてもらうつもりでいたのに、カード更新が終わったらセルフレジをすすめられた。客が十人近く並んでいるのにまた並び直せと言うのだ。前歯全部抜いたろうかと怒り狂おうかと思ったが、店員の目はすでに死んでいたので黙って列に並び直し、セルフレジにて処理しようとすると「この商品はセルフでは対応できません」と表示が出やがる。ここでもう一度奥歯を噛み締めたことは言うまでもない。そして再度列に並び直して有人レジに行くと「更新ですか?」という。さっきお前の隣のレジで更新手続きしたやろ!という言葉を飲み込んで表示云々とだけ伝えてレジ処理をしてまうことに。すると商品バーコードとレンタル用のバーコードが近いからそれで読み取りエラーが出たので、次回からは気を付けてセルフレジを使ってくださいみたいなことを独り言のように言っていた。もうね、心凍らせてなきゃあんな場所でCD借りようなんて思いませんよ。そういえば毎回三宮のTSUTAYAに行った帰りはプリプリしている。便利さとは何かを強く自問自答する機会なので別に構わないんだが、腑に落ちない気分である。


その後阪急岡本辺りの店にセッションに行った。目的は自分も参加することだが、その日のホストが中村雄二郎さんを見たかったのだ。前々から動画等でこの人凄いなと思っていたので是非一度生で見たかったのが丁度予定が合ったのだ。


いやぁ、上手いっすね。あの人。抜群に上手いし、音も良い。柔らかいし、アンサンブルもしなやかで羨ましい。そういえば自分はああいうドラミングがしたいと思ってやっていたのになぁと感慨深い気持ちになったりしましたね。あと、使ってるシンバルがどれも素晴らしいですね。特にハイハットは名器でしょうね。軽いのに厚い。厚いのに軽い。うん。理想的。


自分はと言えばいつものように強引でルールすら無視するありさまで、まさにお茶を濁している感ありありで「こんなことしか出来ないのか」と反省しながら帰路についたのだった。


もっとCD聴いて勉強し直します!
posted by さだおか at 15:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

穴、開ける。

かのブーツィーコリンズは「なぜベースの音が大きいのか?」というインタビュアーの質問に「寂しいからさ」と答えたという。事実かどうかは定かではないにしろ、僕は真実だと思っている。


先日のディスコミュのライブで初めて使ってみて、今までメインで使ってたイスタンブールのECHOの22インチを左にセッティングし、新しいPANDORAを右手にセットしたのでが、やはり安心する音を叩きたいのか無意識的に左に手が伸びていたのだった(当社比)。そもそもあのシンバルはクラッシュシンバル的に使いにくいのよ。音がエグ過ぎて、ガワ〜ンって感じで鳴るし、叩いてる感触も硬くて気持ちよくないのだけど、あの日はクラッシュとしても有効やなぁと思ったのは新しいシンバルがあったからかなぁと思ったり。


新しい方はといえば倍音は遥かに複雑なのだが、シズルがない分サスティーンが短くて何となく寂しかったのだったずっとシズルありで叩いてるからか、特にバラッドをブラシで叩いてる時とかシンバル叩いてる感触はあるけど叩いてる方に音が聴こえないのは頼りないなぁと思いながら叩いていた。その時点で「やっぱりシズルやな!」と思ったのだった。

R0018642.JPG

R0018643.JPG

R0018644.JPG

僕の持ってるシンバルでシズルが付いてないのは一枚もない。アホのように穴をあけてはシズルを取り付ける。新しく買ったのにも二週間の我慢も出来ずに取り付けた。

R0018651.JPG


シズラーといってお風呂の栓を繋いでるような部品をスタンドに付けてシズル感を出す部品もあるし、人によっては軽い硬貨をテープでシンバルに貼って使う人も多い。どちらもシンバルに穴を開けずにシズルの音色が出せるからという理由だが、僕はその部品や硬貨の重みだけシンバルがミュートされて本来の音色から数パーセントは倍音が抑えられてしまうと思っていて、借り物の楽器を使う時は応急処置的にとシズラーを使用するが、自分の楽器は基本リベットを打ってシズルとしている。


R0018646.JPG

R0018649.JPG

R0018654.JPG


今まで三個以上のシズルを付けたのが無かったので(というか、自分が普段演奏するライブハウスの広さや編成を考えると四個以上は音量的に不要と思ってた)、高校生の時にかったコンスタンチノープルの20インチに計6個の穴を開けて、五個目のシズルを打ち終わって軽く鳴らして確認したときにライブハウスで使える自信がなくなったので六個目は打てなかった。



穴を開けると音質が変わる。理屈は分からんが変わる。ドリルで穴を開けるわけだし、そりゃ変わりそうだなと予想は出来るが、本当に変わるのだ。新しいシンバルも開けた後は少し中低音の音の甘味となる成分が減衰して、逆に高音域が安っぽく聴こえるようになってしまったかなと思う。ししし、失敗したかなと思ったが、まだまだ若い金属だから叩いていくうちに良い酸化の仕方するべやと自分を納得させてケースにしまった。


逆にコンスタンチノープルの方は最近の腕の使い方と出音のイメージが若干乖離していたのだが、穴をさらに三つ開けてリベットを二個打ったことで以前以上にゴージャスになった気がした。もう少しアタックが柔らかくなれば「名器」と人に誇れるのだが、そういえばこのシンバルもリベットを打とうと穴を開けたときに以前の音色の名器感が薄れたのだった・・・。


シンバル職人たちは穴開けてくれるなと思ってるんでしょうか?ハンマリングして先々の音を予想しつつ音を決めてるのに、穴を開けるとか強力な物理力をふるわれることはどう思ってるんでしょうね?自然な鳴りってのは難しいなぁ。


写真にもあるように新しいシンバルにも当然のように落書きがある。書きたい人はどんどん書いて欲しい。芳名帳というよりはペンションの寄せ書きノートみたいになれば良いなぁと思っている。「楽器に落書き!?非常識だ!」と思う人もいるだろうなぁ。シールまみれのスネアを見てもそれに触れないようにする人がほとんどだもんなぁ。アレを面白がって欲しいよなぁと思うんだけど。
posted by さだおか at 19:22| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

スケジュール更新!

二月の残りのスケジュールから五月ごろまでの現時点で決まっているスケジュールです!!!



2月


自主企画ライブ!
25日(日)春日野道 のぞみ青果 お昼のジャズライブ!
0001 9.jpg
定岡弘将Drums 中野誠也Trumpet 金井優貴guitar 泉正浩Bass
開場14時 開演14時半
チャージ 1,500円
http://kasuganomichi.com/nozomiseika



恒例ののぞみジャズライブです。サウンドフェスタでも毎回出演している中野誠也と、のぞみ青果初出演の金井君、久しぶりの泉君とでガチンコジャズをやります。
千円もあればビール二杯とちょっとしたアテが食べられる店ですのでチャージを安く設定しています。飛び入りも大歓迎ですので楽器と譜面を持ってぜひお越しください!









27日(火)三宮旧居留地 100BANホール
ジャムセッション
高橋俊男piano 泉正浩bass 定岡弘将drums
開場19時半頃 開演20時 終演22時頃
1500円
http://www.100ban.jp/studio/index/





自主企画ライブ!
28日(水)春日野道 ギャラリー神戸天昇堂
天昇堂228-001.jpg
柏谷淳a.sax 甲斐正樹bass
open19:00 start19:30
チャージ¥2000



2017年から初めて早四回目となるこのトリオです。そろそろ持ち曲を決めていっても良いかなと思いますし、そうなるとユニット名も欲しいなと思っています。「高架下」というのが一つのキーワードかなと僕は思っていて、それをどうにかこうにかして付けたいなと考えていますがいまいちピンと来るものが思いつきません。公募しようかしら。

2018年も僕の活動の一つとして重要なバンドユニットになると思います。ぜひ体感しに来てください。








3月




東京遠征ライブ
1日(木)池袋 フラットファイブ 北川秀生バンド
北川秀生Bass 野津昌太郎Guitar 谷川賢作Piano
open19:00 start20:00
チャージ¥1,500+飲食代


二回目の北川グループ。前回は白熱といいますか、やったるでぇ!!!ということで叩きまくりました。北川さんがヘビーだから暴れても暴れても音楽がブレません!楽しい!ぜひお越しくださーい!




自主企画ライブ!
2日(火)天満  BAMBOO CLUB
discommunication ensemble trio
0001 2.jpg
定岡弘将DRUMS 當村邦明T.SAX 井上歩BASS
開場19時 開演19時半
2,000円(+1drink&snack1000円別途)
http://www.temma-bamboo.club/about


よくよく考えると三人でやるのは久しぶりかも。だってお客さんが少なくて火の車だから(笑)
だから応援してくれってわけじゃないんですが、とっても面白いことやってますから見に来て欲しいなぁと思います。アンサンブルの再考の時間です。






9日(金)天満 BAMBOO CLUB
課題曲セッション
●All the things you Are (A♭)
● Our Love is here to stay (F)
●Tea for two
●Ornithologhy (G)
ホスト:荻野やすよしGuitar 甲斐正樹Bass 定岡弘将Drums 丑島恵Piano
open 18:30 start 19:00(21:30終了予定)
参加費\1,500(1drink&snack1000円別途)
学生\500割引

今月から新しく始まるセッションです。毎月恒例にしていきたいと思います。
毎回課題曲だけでやろうと思います。といってもワークショップ的なことはしません。というのも著作権の切れたパブリックドメインと呼ばれる楽曲でのみのセッションになるからです。歌詞に関しても同じですので、歌の方は歌詞ではなくスキャットや自作の詩で果敢に参加ください!そういう意味での実験的現場になればと僕個人は思っています。





自主企画ライブ!
16日(金)姫路 ライラ
KURV TRIO
ライラ3.16-001.jpg
柏谷淳a.sax 甲斐正樹bass
open19:00 start20:00
チャージ¥3,000(1ドリンク付き)
http://music.geocities.jp/layla_nobu/


昨年の北川さんとのツアーで行ったときも思いましたが、ライラは本当に音がいい!ズバ抜けていい!ここほどやりやすい場所はないのではないでしょうか?無論聴く方も同じだと思います!白熱のジャズライブです。荒ぶっていきます!




22日(木)河原町 le club jazz
東條やすこVocal 工藤明人Piano むねたけまさひろBass
start19:30-
2,500(1drink付)
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ktsin/

何気にルクラブにライブは初出演であります。貸切等のイベントでは出演さしてもらったことはありますが、ライブとしては初めて!緊張します!楽しみでもありますが!



25日(日)明石 POCHI スペシャルジャムセッション
高橋俊男Piano 泉正浩Bass
open18:30 start19:00
チャージ¥1,550-





リーダーバンド!
26日(月)神戸 BIG APPLE
SEMODAI
セモダイ0326-001.jpg
當村邦明T.sax 関谷友加里Piano 畠山令Bass
open19:00 start19:30
チャージ 当日¥2,300 予約¥2,000


言わずもがなの私のリーダーバンド、SEMODAIであります。前回と同じくセッション的にやっていきたいと思っています!精一杯やります!ぜひお越しくださいませ!





27日(火)三宮旧居留地 100BANホール
ジャムセッション
高橋俊男piano 泉正浩bass 定岡弘将drums
開場19時半頃 開演20時 終演22時頃
1500円
http://www.100ban.jp/studio/index/





自主企画ライブ!
28日(水)元町 萬屋宗兵衛
萬屋3月  _2-001.jpg
野津昌太郎Guitar 浅井良将A.sax 石川翔太Bass
開場19時 開演19時30分
当日2,500円 予約2,000円 学生1,500円
http://www.soubei.co/


野津が神戸に戻って来るたびにやっていますね。そろそろユニット名でもと思いますが、そこまで気負わずにそれぞれが自然体で集まれる面々ですので楽しく長くやっていきたいと思います。野津とのユニットでは最も王道ジャズ寄りですね。といってもそんなこともあまり気にせずにやっていますが。楽しいですよ。



31日(土)春日野道 天昇堂
「春猫集会」
○青春2
野津昌太郎(vo,gt)定岡弘将(vo,ds)
○苦楽園ベーグルガールズ
かにたま(vo,pf)けい(vo,pf)
19:20open/19:40start/
チップ制(差し入れ歓迎)
※お飲み物のご提供はございませんので、ご持参ください。
http://www.kobetenshodo.com/






4月




3日(火)三ノ宮 BAR MARTINI
平賀マリカVocal 未定Piano 浅井良将A.sax 坂井美保Bass
詳細未定





ディスコミュ!
5日(木)梅田 umedaALWAYS
DISCOMMUNICATION ENSEMBLE
野津昌太郎GUITAR 當村邦明T.SAX 井上歩BASS
開場19時 開演19時30分
当日2,500円 予約2,000円 学生1,500円
http://www.always-live.info/


正規メンバーでのライブも年に1、2回になってますね。というのも3人で+ギタリストってい編成をやってるから余計にそう思うんでしょうが。今年はこのバンドで録音します。ライブ録音もする予定です。その情報もお楽しみに!って感じでガガガーン!とやりたいと思います!





6日(金)神戸 BIG APPLE
伊藤シュンペイGuitar 山内健史T.SAX 井上歩BASS
ゲスト 荻野やすよし guitar
開場19時 開演19時半
当日2,000円 予約&学生1,800円
http://www.geocities.jp/kbigapple/




12日(木)梅田堂山 JAZZ ON TOP ACT3
柏谷淳A.SAX 曽我部泰紀T.SAX 杉山悟史PIANO 米澤毅風BASS
開場等詳細は未定
http://www.jazzontop.com/shop/act3.htm






東京遠征ライブ
18日(水)池袋 フラットファイブ 北川秀生バンド
北川秀生Bass 野津昌太郎Guitar ゲスト有りかも・・・
open19:00 start20:00
チャージ¥1,500+飲食代






24日(火)三宮旧居留地 100BANホール
ジャムセッション
高橋俊男piano 泉正浩bass 定岡弘将drums
開場19時半頃 開演20時 終演22時頃
1500円
http://www.100ban.jp/studio/index/






自主企画ライブ!
5日(火)元町 萬屋宗平衛  MONK and MINGUS NIGHT
0001.jpg
荒崎英一郎 T.sax 関谷友加里Piano 石川翔太Bass
開場19:00 開演19:30 
予約2,000円 当日2,500円 学生1,500円
http://www.soubei.co/


モンクとミンガスだけの夜。前回も濃厚でしたが、このメンバーになっての二回目ですので楽曲の強さに負けないアンサンブルと即興性を高めていきたいと思っています。前回やった曲もやりますが、新しい曲の方を多めにしたいと考えています。神戸大阪じゃこういう縛りのあるライブは非常に珍しいと思います!ぜひ足をお運びください!








5月



自主企画ライブ!
12日(土)天満 バンブークラブ 
SSI TRIO
鈴江愛理a.sax 井上歩bass
open19:00 start19:30
チャージ¥2,000(ドリンクスナック別途1000円)


僕なりの、僕たちなりのビバップです。もっと速く!もっと大きく!そういう気合いでやりたいですね。バドパウエルやパーカーの曲が中心です。ガッツンガッツンやって火を吹きたいもんです!



18日(金)高槻 JK cafe
関谷友加里piano 甲斐正樹bass 定岡弘将drums
start 19:00 ~ 21:00
投げ銭制
http://jkcafe.jks-group.info/jkcafe.html

トリオ三回目のライブです。初出演のJKcafeは音響的なことで戸惑いつつも楽しくできました。関谷さんに自由になって欲しくて叩いてるんですが、そんなお前が一番自由になってんじゃねぇ!っていうツッコミも感じつつですが、いつも遠慮なく叩かせてもらってありがとうございます!頑張ります(笑)




自主企画ライブ!
29日(火)梅田 umeda ALWAYS
Radical Jazz Standard Quartet(RJSQ)
當村邦明 Ts 藤川幸恵 Pf 森定道広 Ba
開場19時 開演19時半 
チャージ 当日2,500円 予約2,300円 学生1,500円
http://www.always-live.info/


三回目のライブにしてバンド名を付けてみました。standardって要らないかなと思いましたが、意識的にそういう曲をやっているので付けてみましたが語呂が悪いようなら取ってもいいかもとは思っています。
8月にはブルーノートならまちでもやります。梅田と奈良を拠点にライブ活動していこうと思っています。



新しいスケジュールの追加、未定の詳細等が分かり次第追記して更新していきます!


意識的に神戸以外のライブを増やしています。ほっといたら神戸中心だけになってしまいがちなので、大阪での演奏ペースも神戸と同様にしたいなぁと思いますし、京都や奈良でもガッツンガッツンやりたいです!岡山広島和歌山四国とかでもガッツンガッツンやりたいですねぇ!



どのライブも当然オススメですが、今はとにかく「速くて大きくて強い音楽」をモットーにしています。頑張っていきます!
posted by さだおか at 17:33| 兵庫 ☀| Comment(0) | schedule | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラムソロ音源公開。




公開というほどのものではないが、せっかくなのでということで。


最近こういう散文的というかとっ散らかってるだけのソロになってるんだけど、本当にこれで良いのか?と自分でも不意に不安になることがある。もっと拍手を得られるようなというと媚びているようだけど、メロディアスだったり構成力のある内容の方が良いのだろうなと思わないわけではないが、よくよく考えると元々そういうソロは叩いてなかったのだった。


とにかく今は「速く大きな音で叩く」ということしか考えてないと言っても過言でもなく、石ころ積み上げるようなこと出来ないんですね。岩石みたいなごっついのしか出来ないし、それしか興味ないっていう感じかな。




posted by さだおか at 16:21| 兵庫 ☀| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

東京写真日記 02

1日目は早朝に大阪発の高速バスで出発。案の定というか想定内の首都高の渋滞で遅延。新宿に16時着なのに全然つく様子もなく、リハが17時からで焦って用賀で降りてどうにかこうにか遅刻せずにリハが出来、その後は北川さんオススメの焼鳥屋「藤巻」にて打ち上がる。美味いのなんの。手羽先食べた時、あの時わたしは泣いていたでしょう。で、新宿のホテルに行き寝る。


二日目は今回の遠征で写真を撮りまくろうと横浜は野毛へと向かった。


時効警察というドラマやインスタント沼といった三木聡監督作品にチラチラと出てくるロケーションが野毛の名物的建築物があり、ぜひそれを見たいと思ったのであります。


横浜に着いて歩いて散策しようとするも、二駅くらいたいしたことなかろうと思ったのが災いしたのか、途中あまりの寒さに挫けつつも目標の野毛界隈を感動しつつ写真撮りつつ歩き回ったのだった。で、今日の写真たちはその野毛に着くまでの写真たちであります!


IMG_8604.jpg

IMG_8608.jpg

R0018582.jpg

IMG_8633.jpg

IMG_8619.jpg

IMG_8647.jpg

IMG_8613.JPG

IMG_8617.jpg

IMG_8642.jpg

IMG_8649.JPG

posted by さだおか at 09:04| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

ニューシンバル到着。

先月末に東京に行ったときに御茶ノ水の某店で下二桁の値段交渉までした挙句に「それは・・・出来ません」と頑ななまでに応じなかった例の、そう、例の合計56,548円のシンバルとシンバルケースがつい先ほど届きました!


7日の昼頃に楽器店から納品しましたので発送しますという連絡があり、この二日間は思考の隙あらば今名古屋あたりかなぁ、貨物列車で移送してんのかなぁ、トラックかなぁと想像というよりは妄想をして顔の筋肉が緩んでしょうがなかったのです。


新しい楽器を買うのがホントに久しぶりだからその浮かれようたるや成人式のヤンキーよろしく、これだけ楽しみにできるんだから家買うとか子供出来るとかってなるといきおい寝込んじゃってしょうがないんじゃないかなぁとかって思いますね。いい歳して。


9日の19時〜21時指定でお願いしてたので、18時40分ごろに風呂に入って五分くらいで上がった瞬間にピンポーンとなったわけです。まま、わざわざそういうタイミングで来るかなって2パーセントくらいは思ってましたが、急いで体拭いて風呂入る前に脱いだジャージを再度急いで着て玄関へ。小さい冷蔵庫サイズの段ボールを抱えたお兄さんが立っていました。


探し物は探している内は出てこない。宅急便は来ないだろうと思っていると来る。大人は子供ほど頻繁に鼻血が出ない。


これは悩める現代のニッポン社会の思想の根底であると断言できましょう。ってくだらないこと書いてないで記念の写真を数枚!



R0018635.JPG


R0018638.JPG


R0018639.JPG


R0018636.JPG



段ボール開けて驚いたのは緩衝材が何一つ入ってないってこと。まぁシンバルケース自体わりと丈夫なものなんだろうけど、ちょっとこれはあからさまにあからさまなんじゃないの?と考え込んでしまった。どうせ輸送の際に放られたり転がされたりしてることは容易に想像できんだから、せめて箱の中で動かないように新聞紙や緩衝材で四隅くらい詰め物せんのかねぇと思ったりしましたが、まぁ下二桁まで値段交渉した因果だろうと自分を納得させたのだった。


先日スティックとヘッドを某サウンドハウスで購入した際は、スティック四組、ブラシ二組、ヘッド二枚だったのに段ボール三箱に梱包されて、しっかりと緩衝材に包まれた状態で届いたからそのギャップというか違いに喉の奥の方から津軽海峡冬景色のサビのコーラスが漏れていたことは言うまでもない。


早速来週の月曜にあるディスコミュ+清野拓巳で使おうと思います!
0001 8.jpg
posted by さだおか at 19:35| 兵庫 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

東京写日記01

先月末の東京遠征の記憶の記録。


29日は代々木でリハして原宿で北川さんオススメの焼き鳥屋でご馳走になった。どれ食べても美味いし、お客さんの女性も綺麗し、おじさんメロメロでした。


気分良く酔って新宿のホテルにチェックイン。早朝からバス移動で疲れていたがこのままでは眠れまいとカメラを持って新宿三丁目周辺をうろうろ。今回は歌舞伎町や二丁目には近寄らないと決めていた。


前はもっと新宿という街に昂りを感じていたが、何度も来ているうちに慣れてしまったのか、イメージの中の新宿の匂いがすっかり感じられずに目の前の街というだけになってしまっていた。次の遠征で泊まるなら違う街にしてみようと思う。僕は何かを求めて東京に行っているのだから。




IMG_8563.jpg


IMG_8571.jpg


IMG_8572.jpg


IMG_8582.jpg


IMG_8601.jpg


IMG_8605.jpg


IMG_8595.jpg


IMG_8592.jpg


IMG_8583.jpg


IMG_8594.jpg
posted by さだおか at 13:14| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

東京浮かれモード

先日の東京遠征ライブは言わずもがな充実した時間でした。共演者の皆さん、お店の方、見に来てくれた方々に感謝しかありません。また3月1日北川さんのバンドで出演致します!昨日野津からピアニストの谷川賢作さんが入るという連絡が来ました。初共演でドキドキであります!よろしくどーぞ!


と、写真も色々撮ってんだけど、とにかく今回の上京で一番浮かれちまったなってのは、水曜の昼間に予定を考えてなかったので吉祥寺に焼とん食いに行くかなぁとホテルでゴロゴロしてた時にふと「御茶ノ水行ってみるか」と思い、早速ドラムショップの場所を検索して行ったわけであります。


ここ数年24インチのライドが欲しいなぁ欲しいなぁと人知れずほたえておったわけですが、いざ買うとなるとシンバルケースもそのサイズのが入るように新調しなければならないという、経費削減を声高に歌う昨今のニッポン経済ですからね、流石に簡単には決断出来んかったわけです。それに何といっても24インチなんて叩いたこともなくて、鳴るのか鳴らせられるのかという不安もありましたからね。


で、いざシンバルを前にしても自分の好みや欲しい音ってのが具体的にあったので、見た目と値段とのバランスを見て四枚選んで、ついでにそこの店しか取り扱っていないっていうブランドのシンバルも叩いてみたいと思い、選択したシンバルの傾向から店員さんのおすすめの一枚と計五枚のシンバルを試奏させてもらいました。


R0018604.JPG



結果的に言いますと、昨今のトルコ系シンバルの風潮なんぞ知らぬ顔をしたわけではないのだが、「あ、もうこれ買って帰ろう」と一打叩いた時点で決めたのはSABIANのHHでした。サイズは24。重さは2800グラムちょい。


R0018605.JPG

R0018606.JPG



それでケースもお願いしますということになって合計が56548円。当然値切り交渉しますわね。まずは55000円にして欲しいと言うと、ちょっとそれは・・・と店員のお姉さんも苦笑い。じゃあ56000円でどうですか?と問えばそれも厳しいと言う。その時点で僕ももう値切れるとは期待していないんだけど、テンポよくレジに向かうためにも互いに気持ちよく「じゃそれでお願いします!」「ありがとうございます!」と言い合いたいがゆえにさらに食い下がってみた。


「んー。じゃあ、この48円だけでもなくなりません?」


その一言でお姉さん引いちゃいましてね。2秒ほど絶句して「えぇーと、それも・・・すみません・・・」って、値段引かずに気持ち引いてやがんのね(笑)


こっちとしても48円引いてもらっても嬉しいわけないんだけど、交渉を開始した限りはどうにか清々しいく清算に持ち込みたいという一心の一言だったのにねぇ。お姉さんのその後のレジでの対応も若干身構えて硬かったですね、今思えば。


名札にアルバイトってあったし、そのやり取りのすぐ後ろで店長が立ってて、見てないけど気にはしてるっていう雰囲気だったし、そのお姉さんも日ごろから店長から値引きには辛く対応するようにと指導を受けてるんだろうなと思うと、板挟みだったんだなぁと思ったりしますが、それでも48円くらい値切ってもいいんじゃないのか?こっちは5万以上の買い物なんだし、シンバルだけじゃなくてケースも併せて買うんだからそこら辺の良心というか情みたいなものはもう少しあっても良いだろうと思うんですけどねぇ・・・。


メインで使ってるグレッチの木胴のスネアは18、9歳の時に大阪の某ドラムショップで買ったのですが、14万を10万にしてもらった時に店主から「定岡さんにはケツの毛まで抜かれましたわ」と新喜劇かのようなことを言ってましたが、今となってはちゃんとしたアメリカングレッチだったので良い買い物さしてもらったなと感謝していますが、当時は学生だったしとにかく安くして欲しいという情熱だけでしたね。難波にあったんですが、今もあるんでしょうか?あの楽器屋。



久し振りに新品のシンバルを育てていく喜びと苦さを味わう日々が待っていると思うとますます練習しなければなぁと思います。


前に買ったのはイスタンブールのechoというモデルを中古で5年位前にネットで買ったのですが、それがやっと最近良い音になってきたんですよ。中古で手に入れてから5年だから、新品でとなると僕が何歳の頃に良い音になるのか気が遠くなるんですが、しばらくライブでメインで使って叩き込んでいきたいと思います。


今回のシンバル代が出るようにお仕事の依頼もお待ちしております(笑)
posted by さだおか at 19:08| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SEMODAIのライブ動画であります。







昨年末にビッグアップルでやったライブからです。
posted by さだおか at 18:45| 兵庫 ☀| Comment(0) | セロニアスモンク大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

メルギブソン

ハマるとしばらくそればかりになる。これは僕の悪い癖でもあり、良い癖でもある。昨年末からミステリーにハマり、特に横溝正史に夢中である。図書館で横溝正史全集を借りて、本を開いたときに小さい文字の二段組レイアウトを見ると読書がまるで苦行であるかのように気が遠くなると同時に、こんだけありゃしばらくは持ちそうだぜアヒャアヒャヒャと何かの中毒者のように顔を歪めて涎垂らしてしまう。山野一の漫画の世界観である。


あとタモリ倶楽部にもハマっていて、某動画サイトにあるものはシラミツブシに見て見て見まくっている。個人的な好みは2006年前後の時代。OPの尻もこの頃が一番好みの尻の人がいるし、企画内容と編集のリズムもゼロ年代に入ってからの方が面白い。番組のサブタイトルである「for the sophisticated people」という文句に全く偽りなく、洗練っちゅーもんは本来こういった趣のもんであるという風格すら感じられて日夜タモリを見守り続けている。


先日起床してすぐ「あ、体調が崩れたな」という朝があり、その日は予定以外布団で横になって過ごすことに決めたのだが、案外風邪のひき始めなのでボーっとするくらいでただ寝て過ごすには体力が余っていて、横になったまま映画を観続けて過ごしたのだった。

その日は急に懐かしくなってAmazonプライムで「リーサルウエポン」を見始めたが最後、懐かしいだけでなく思っていた以上に面白くって一作目を観終わって早々に二作目、三作目と観続けたが、このままではパットメセニーの顔を見ても「メルギブソン!」と言ってしまいそうになるかもしれないというくらいメルギブソンを観続けて(特に2,3の頃は長髪なのでよく似ている。メセニーに比べるとメルギブソンの方が体毛が濃いというかセクシーかなぁ。メセニーは顔に数パーセントげっ歯類入ってますよね。ギター弾いてる表情だとダムとか作りそうで少し不安になる)、このまま四作目まで観てしまうと、布団の上から一つも動いてないのに体力の消耗が激しくて悪化してしまうかも・・・という不安と「今観たい!今すぐ観たい!」という欲望の葛藤の果てに観てしまうわけですが、なんせ8時間ぶっ通しメルギブソンは疲れた。まぁ自分で望んだ結果でもあるのですが。


でも映画として悪くないと思うなぁ。アクションシーンとか無茶し過ぎてるし、そこが派手になればなるほどにバランスが悪くなってる感はあるが、脚本のコメディー色が通底してちょと小粋なのが結果的に良い仕事してるなぁと思って観ていた。


あとその前日に観た「クロコダイルダンディー」も懐かしいだけでなくちゃんと面白く観れたのが意外だった。丁寧に作ってるというか、特に脚本の段階で丁寧に慎重にことを運ぼうという制作側の意識が感じ取れるんだなぁ。映像技術や演出で誤魔化すんじゃなく、ちゃんと役者が動いて喋って見応えがあるっていうのは90年代の中頃までかなぁと思ったりした。

posted by さだおか at 10:39| 兵庫 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする