2017年12月12日

エルビン

R0018510.JPG


CDを買った。ジョー・ヘンダーソン(通称ジョーヘン)のセット物だ。


最近、引っ越しの時に手放したCDを改めて買い直すということが多い。ジョーヘンも然り。しかし最近はセット物が安い上に多く出ていて、買い直すのなら今更もう音質や曲順云々はどうでもいいと思いそれを買うことが多い。少し前もオスカーピータソントリオの8枚のアルバムが四枚組になってるのを買った。音質はやはりオリジナルとかそれこそレコードと比べると落ちるのだろうがどうせライブじゃないのだ、どんな音質でもその人の音そのものでないことは分かり切っているのだと開き直って買っているがこんなんで大丈夫なんかと自分でも不安になる。


モンクとミンガスのライブが終わり、その後翔太と少し飲みに行き、あれやこれやと話している最中から声が枯れだし、翔太が用事があるというので付いていったマティーニでいよいよ枯れて咳払いしなきゃ声が出ない状態になりつつ杯を重ねて、終電なんて余裕で見送って歩いて帰ったのが悪かったのだろう、翌朝はまったく声が出なかった。二日酔いもあって頭が痛く、これは風邪による発熱のソレか、馬鹿をした宿酔のソレかと思ったりしたが、市販薬買ってウダウダと数日過ごすくらいならばと耳鼻科に行った。酒臭いのに。


それから明日で一週間、いまだに声は本調子ではない。こんなことは初めてだと騒いでも仕方がないが、ここまで声が枯れるのは初めてでしんどくもあるが楽しんでもいるのだ。変な声が面白いのだ。普段のように発声しようとしても出ないので音域や喉の使い方を変えているがそれもまた負担になるだろうなと自覚しつつだが、ある音域からまったく出ないのだ。そりゃもう階下のスナックのカウンター内の人々のように出ないのだ。んー。木曜は天昇堂でライブだが本調子で喋れるかどうか不安である。


あ、ジョーヘンだ。そうそう。


モンクミンガスライブを終えてしばらくこってりしたジャズは聴くのもいいやと思って、ロリンズのトリオを聴いたりしていたら、ああやっぱりエルビンやなと思ってエルビンの音源も色々と聞いてた時にギターのグラントグリーンのリーダ作「I Want to Hold Your Hand」を聴いて、あーこれ好きやったなぁでもオルガンのラリーヤングとエルビンなら「UNITY」か「into somethin!」の方が聴きてぇな、と思ったものの先の引っ越しでどっちも手放したのだと遠い目をしたときに、そういやジョーヘンのリーダー作の「in'n out」もエルビンだったなと思い出したがそれも手放したのだった。あと、「THE REAL MACCOY」を久しぶりに聴いたのもデカいな。これは高校の時にドラムの先生がもってたレコードをCDに焼いたやつを未だに持ってて、それはそれは良い判断をしたぞとあの時の自分を褒めたんだけど、あとの三枚がなぁ・・・。


もうね、六甲引き払うときの自分を信じられないですよ。今思えばそれ手放すか!?ってのまで人にあげたりジャズ研に寄贈したり中古屋に売ったりしてんのね。まぁでもあの時は明確な意志でその判断を一枚一枚していってたと思うんだけど、時間が立てば解けてくる気持ちというか感情ってあるわけで、今はあの時ほどジャズという音楽に絶望もしてなければ希望も抱いてないわけですよ。それよりもどうしたらこんな風に叩けるかな演奏出来るかなっていうことを研究というと大袈裟だけど、参考にしたくて聴きたいっていうことがほとんどだから。あの時はちょっと違ってて、知識や教養を求めてたし、とにかく量を聴かねば分かるもんも分からんだろうという想いから山のようにCD集めて聴いてってしてましたからね。今はもうそんなことより自分が自分らしい音楽をするためのヒントってことでしか聴かないから、逆に決まった面々の音源しか聴かないわけですよ。


で、ジョーヘンは前から好きだったんだけど、その好きってのもプーさんやモチアンのように敬愛する気持ちっていうよりは心地が良いって程度で好きだったんだけど、上に書いた音源でどれも独特の音色で独特のアドリブを吹いてたのがジョーヘンで、個人的にはリーダー作よりはサイドマンとして参加してるくらいの方が聴きやすかったわけです。ちょっとジョーヘンのオリジナル曲にはピンと来ないことが多かったから、それで馴染めないまま離れてたんだと思う。


次なる企画ってわけじゃないけど、ちょうど自分も音楽的にピントが絞れてきているタイミングで同時に拡張もしてみたいなって思って、それがエルビンとジョーヘンだったというわけであります。

posted by さだおか at 09:50| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

スケジュール更新!

12月





自主企画ライブ!
5日(火)元町 萬屋宗平衛 Music of MONK and, MINGUS and,,,
荒崎英一郎 T.sax 関谷友加里Piano 石川翔太Bass
開場19:00 開演19:30 
予約2,000円 当日2,300円 学生1,500円
http://www.soubei.co/


0001.jpg

夏にモンク楽曲のみでやったライブの再演という趣ですが、面子が多少変わりました。そして内容もモンクだけというのではなく、ミンガスもやってみたいと思います。まぁ、どっちも濃いんですが(笑)
といっても根本はブルースの再考だと思っています。ぜひともブラック&ブルースな夜にお越しください!興奮しますよ!






自主企画ライブ!
14日(木)春日野道 ギャラリー神戸天昇堂
0001 5.jpg
柏谷淳As 甲斐正樹Ba 定岡弘将Ds
開場19時 開演19時半 
チャージ2,000円


今年始めたトリオで早くも三回目です。そろそろバンド名というか企画名付けた方が自分の中でも選曲やサウンド面でも確固たるものになるのかなぁと思っています。まぁぼちぼち言葉が浮かんだら、という程度ですが。

スタンダードをやっているんです。あくまでジャズのイディオムとルールの下に。そういう意味では即興色はありませんが、アンサンブルや呼応の感じは極めて即興的であります。音と間合いで楽しんでいます。ぜひ体感しに来てくださいね!






26日(火)三宮旧居留地 100BANホール
ジャムセッション
高橋俊男piano 泉正浩bass 定岡弘将drums
開場19時半頃 開演20時 終演22時頃
1500円
http://www.100ban.jp/studio/index/






リーダーライブ!セモ大!
27日(水)神戸 BIG APPLE 
0001 6.jpg
SEMODAI ワンマン!
定岡弘将Drums 當村邦明Tsax 関谷友加里Piano 畠山令Bass
開場19時 開演19時半 
¥2,300 予約¥2,000
http://www.geocities.jp/kbigapple/


今年はアルバムも出したし、ライブもコンスタントにやってきました。総括ということではありませんが、レコ発を通して変化してきた部分も多くありましたが、個人的にはアレンジした楽曲をやるというよりもセッション的にモンク楽曲をやってみたいなぁという気分になっています。それもずっと新曲をやってきたからだと思います。一度アレンジという縛りから解放した四人の生々しいアンサンブルを経てから改めてアレンジ楽曲へと向かいたいと思っています。楽しみにしていてください!






2018年1月





5日(金)明石POCHI CYNDIカルテット
CYNDI Vocal 高橋俊男Piano 泉正浩Bass
1st19:30 2nd20:40 3rd21:50
charge¥3,100-




6日(土)神戸 BIG APPLE
伊藤シュンペイGuitar 山内健史Sax 井上歩Bass
live charge:2000円 学生1800円
OPEN:18時30分 start:19時30分

春日野道在住で最近仲良くしてもらっている伊藤君の企画です。パンツ脱いで演奏したいそうです。やっぱり変態なのかなぁ。おじさんは心配です。





リーダーライブ!
11日(木)神戸 BIG APPLE
0001 4.jpg
discommunication ensemble trio plus
定岡弘将DRUMS 當村邦明T.SAX 井上歩BASS
ゲスト 荻野やすよし guitar
開場19時 開演19時半
当日2,300円 予約2,000円
http://www.geocities.jp/kbigapple/


前回は残念ながらお客さんゼロでした。での演奏はしました。その感触は非常に良かったです。ですのでリベンジです。新しいアンサンブルの扉を開く為に苦心していますが、垣間見えるアンサンブルの次なる次元は音ではなく気配と呼応のみで立ち向かうのだなと確信をしております。ぜひみに来ていただきたいライブです!



自主企画ライブ!
18日(木)中崎町 創徳庵 
0001 7.jpg
當村邦明 Ts 藤川幸恵 Pf 森定道広 Ba
開場19時 開演19時半 
チャージ 当日2,500円 予約2,300円
予約問い合せ 080-1476−1934 sotokuann@yahoo,co,jp


夏以来、やりたいなぁやりたいなぁと思っていましたが実際にブッキングするに至らなかったのは何だったのでしょうか?
とにかく森定さんと一緒にやりたくて。それも即興ではなく楽曲をやりたくてお願いしました。これからも定期的にやっていきたい企画です。ぜひ応援してください!




23日(火)三宮旧居留地 100BANホール
ジャムセッション
河村孝彦piano 泉正浩bass 定岡弘将drums
開場19時半頃 開演20時 終演22時頃
1500円
http://www.100ban.jp/studio/index/





25日(木)高槻 JK cafe
関谷友加里piano 甲斐正樹bass 定岡弘将drums
start 19:00 ~ 21:00
投げ銭制
http://jkcafe.jks-group.info/jkcafe.html

トリオ二回目のライブです。初出演のJKcafeは音響的なことで戸惑いつつも楽しくできました。関谷さんに自由になって欲しくて叩いてるんですが、そんなお前が一番自由になってんじゃねぇ!っていうツッコミも感じつつですが、いつも遠慮なく叩かせてもらってありがとうございます!頑張ります(笑)



28日(木)明石 POCHI スペシャルジャムセッション
西田仁Piano 泉正浩Bass
open18:30 start19:00
チャージ¥1,550-

posted by さだおか at 09:15| 兵庫 ☁| Comment(0) | schedule | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日は萬屋宗兵衛にてミンガスとモンクの夜です!!!

今週火曜はおンもろいライブします!


0001.jpg



自主企画ライブ!!!
12月5日(火)元町 萬屋宗平衛 Music of MONK and, MINGUS and,,,
荒崎英一郎 T.sax 関谷友加里Piano 石川翔太Bass 定岡弘将Drums
開場19:00 開演19:30 
予約2,000円 当日2,300円 学生1,500円
http://www.soubei.co/




しばらく選曲とイメトレのためにミンガスばっかり聴いていますが、朝起きて鏡を見るたびに日に日に顔がミンガスに似てきているような気がします。耳から入って遺伝子狂う、さすがミンガスです。ま、酒飲み過ぎでむくんでるだけという噂もありますがー(笑)



とかくこの日はミンガスとモンクだけのライブです。



モンクは
teo
brilliant corners
skippy
ask me now
hacken sack
bemsha swing


ミンガスは
so long eric
reincarnation of a lovebird
duke's choice
monk,bunk and vice versa
goodbye pork pie hat


というラインナップ(順不同)でお送りしようと思っています。スタンダード化している曲もあれば、渋めの曲も少し入れてる辺りが僕の性格でしょうか。良い選曲が出来たと確信しております!



とにかくごっついライブになる予感しますので、どうぞ奮ってお越しください!
posted by さだおか at 09:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

発狂の鍋。

R0018500.JPG
追加の大根を下茹で。



R0018502.JPG
さらにさらに追加。味の複雑さを極めたい。




R0018503.JPG
里芋の親芋。



R0018504.JPG
寝る子は育つ。静かに眠れ。




狂気は鍋を買い足すことを躊躇させなくなる。鍋なんて何個あっても便利なもんだという理屈で買う。一人暮らしなのに27p口径の3,4人用という大きさを選ぶ。鍋はデカい方が煮やすいもんねという理屈で買う。食い切れるかという問題が頭をよぎることはまずない。狂気で目が縦になって思考の順路が特急料金なのである。



スープ餃子とかって売ってるじゃないですか?餃子が12個くらい入ってて白湯スープの素とか入ってて150円くらいで売ってるやつね。あれたまに買って食べるんだけど、そこでも発狂鍋化するんですよ。もうこれは性でしょうね。スーパーでカゴにそれ入れる時には白菜、ネギ、キノコ類、人参、もやしを入れる。もうこの時点でスープ餃子というジャンルを逸脱していることに気づかないのが狂っている証拠であるが、そこにさらに中華麺も追加するだけで済めばまだ餃子鍋で主体性は餃子にあって〆に中華麺を入れるということなのだがやはり狂っているので手羽元を買い足してしまう。


帰宅後まず水に手羽元とネギと生姜と塩を入れて沸かす。まぁスープのベースを作ろうっていうことだが、スープ餃子の袋の裏に書いている作り方をかなりシンコペーションした状態である。そしてそこに少し鶏がらスープの素を足し、やっと餃子に添付されているスープの素も入れる。そしてどんどん野菜を入れて食べごろになった頃にやっと餃子を3個ほど入れる。初日は主に野菜とスープで白飯を食う。翌日はくたくたの野菜とほろほろの手羽元を愛でながら、中華麺を追加し、また数個餃子を入れて食べる。この時点で白湯なんて生易しい色味ではないスープだ。三日目には残りの餃子を入れつつ取り分けた器にキムチをちょっと入れて味を変えて食べる。なぜかこれくらいまで煮だすとスープは白濁を超えて少し黄みがかってくるから不思議である。


スープ餃子→餃子鍋→餃子入り手羽元鍋→餃子入りラーメン鍋と主体は変遷する。メーカーとしては不本意かもしれないが、消費者は消費者なりに楽しんでおるのですよ。ま、今んとこ白湯スープのまま食べたことはないのですが・・・。


上の写真にあるように、スーパーに行ったときには必ず練り物コーナーを見て手頃そうなもの、出汁の出そうなものは貪るように買って帰った。


おでんが続くと太ると坪内祐三氏は某対談で語っていた。今回作ってみてその理由が分かった。野菜がない上に、練り物(揚げ物)が多いからということと、噛み応えがない分それだけで十分な満足感を得ることが少々難しいというこの二点で、おでん=太るという図式が出来上がっているように思う。


だからどうにか野菜を取り入れようと親芋を入れたが、出汁に浸かっている以上はややこってりしており野菜を食べている感は物足りない。んー。


いよいよ明日の夜は散々煮てきたおでんで飲むわけだが、今は合わせる酒を考えて見悶えている。やっぱり熱燗が良いのか、それとも冷たいビールが良いのか、芋焼酎のお湯割りが良いのか、ハイボールが良いのか考えても考えてもコレだ!という組み合わせが思いつかない。まぁこの際まず冷たいビールから始めて、やっぱ熱燗よねと大徳利一本空けて、ちょっと口がベタベタするからって理由でハイボールを炭酸500ml分ほど飲んで、やっぱり体を温めたいってことで芋のお湯割りで〆るっていうのがベストなのでしょうか?でもその場合翌朝の心配が・・・。



posted by さだおか at 21:01| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

鍋、発狂するほど。

ことの発端は月曜の昼前に近所のスーパーに行ったときに練り物コーナーになった「おでんセット」が40%引きで大量に売り場に並んでいたことにある。


その日は総菜パンが二割引きの日なので、前日のポチ後のALCが抜けきっとらん体には炭水化物を無理にでも入れて立ち直ろうと思っていた。とはいえスーパーに入ると入口から順に野菜→漬物→練り物→豆腐→麺類→魚→肉→総菜と回ってしまい、ただ目的の物だけを買って帰ったということは少ない。その日もパンだけ見てればその後の人生が違っていたもののいつも通り順に見て回ったがゆえに先に書いたように「おでんセット」を二つカゴに入れるということになったのである。


汁の素、ちくわ等練り物数種とこんにゃくが入って298円(税別)の四割引きなんで、大体200円前後。これがあれば一週間は楽しめるなぁとニヤけつつ野菜コーナーに回って大根(二分の一)とこんにゃく二枚をさらにカゴに入れてやっとパンコーナーに行った。


帰宅後パンをほっぽり出して早速大根とこんにゃくの下茹でから始めた。コトコトと軟らかくなった頃合いを見て入ってた出汁でさらに煮込んで練り物も足したとこで味見だ。まだまだ馴染んでないし若い味がした。やはり肉類の出汁も必要だと冷凍庫から鶏もも一枚出して切って投入。少し複雑な味になったがまだまだ馴染まない。明日またスーパー行ってスジとか練り物買って出汁にさらなる深みと複雑さをと想像するだけで涎が出てきた。もうすでに狂い始めていると自覚はあったのだが・・・。


後日ボイルした筋を300グラムほど投入する頃には一晩置いたこともあり出汁が馴染み始めて、大根も良い色になってきていた。僕はこんにゃくが好物で、この時すでに二枚入れたこんにゃくもあと僅かとなっていた。狂ったようにこんにゃくばっかり食ってしまう。こんにゃく発表という商品があるが、僕はこんにゃく発狂である、なんて柄にもなくスベリにいくようなことを口走ってしまうくらいこの時にはもうおでんを中心に生活が回っていた。


ここで注意しておきたいのは毎食のおかずの為におでんを煮込み続けているというわけではなく、あくまで一品として食卓の端にある程度でメインはまた別にあるということである。では何のために煮込んでいるのか、もっと言えば育てているのか?ということだが、来るべく週末の休日にしっぽりと煮込まれたヤッコさんをアテにメロメロに酔っ払いたいなと思っているのである。つまり土曜の夜の為に月曜の昼間から煮始めているのだ。もうこの時点で一人暮らしではどうかしている状態なのだがもう止めることなんて出来なかったのである。Amazonで鍋を検索し倒している自分がいたのだ。


持っている鍋が深鍋で、カレーやシチューを作る際にはちょうどいいのだが鍋物をするときには取りにくかったりと不便だとずっと思っていた。そして焼き肉プレートを買った際にガスコンロも買ったこともあり、ますます鍋に対する欲望欲求が日に日に膨らみ続けていたときにこのおでんに発狂デイズだ。買わないという選択肢の方が日に日になくなり、毎日のように近所のスーパーや日用品を扱う店舗のチラシをチェックして価格の比較をしていた。そして今回僕が特に欲しかったのはホーロー製の鍋だったのである。ホーローの器とか欲しいなとかつてはネットで調べたこともあったが、その時は結局ぐい飲みの方が欲しいということでそっちを買ったことで欲求は萎んだのだったが、今回ばかりは土鍋でも鉄製でもなくホーローやで!ってことで静かに静かに騒いでおったのである。


R0018501.JPG


ライフで2,580円(税抜き)で買いました。土曜まで待てばポイント三倍だったのだが、変な言い方だがあまりに煮込みに熱が入っているために追加で新しく煮込む分はまた別の鍋で育てたいと思い買わずにはいられませんでした。


嗚呼ホーロー嬉しいなぁ。色が赤でこれまたとっても好きな色なので嬉しいなぁ。内側が白っていうのも嬉しいんだよなぁ。折角買ったんだし鍋パーティーとかしてぇなぁぁぁぁ!!!


続く。
posted by さだおか at 14:51| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

カニさんとのライブ

先日の青春2とカニコーセンとの対バン企画ライブ@のぞみ青果はカニさんと、このライブを実現するにあたって仲人役を買って出てくれた小松の親分のおかげで大盛況でございました!


ライブ当日の午前中から小松の親分の引っ越しパーティーがあり、僕も婆さん直伝の鳥皮の唐揚げを持参すべく朝から大安亭の鶏肉屋に鳥皮を500グラム買いに走りました。どうせ油があるのだからとツマミに軟骨の唐揚げも作ろうと万代もハシゴして帰宅し早速揚げて持って行きました。万代にサッポロの赤星の缶ビールもあったので、珍しいなってことでそちらも持参したら、さすがは小松の親分、用意してる缶ビールがまさしくソレだったのである!あのビールが一番美味いっすよね。


親分が用意してくれてたのは鍋なんですが、その具の人参をピーラーで薄く向いていたのが美味しくて早速後日鍋するときにそうやってみました。鍋の人参って微妙なんよね。小さ過ぎると煮て形が崩れるし、大き過ぎると人参独特の味が立ちすぎて風味がなぁって思っていたので、次からはペラペラ人参が我が家の通常仕様となりました!


パーティーを中座しのぞみ青果に一足早く向かい、カニさんとコラボする楽曲の打ち合わせをしつつ音を出したら、大好きな「インクライン」を演奏してるってことに鼻血が出そうになったりと興奮してしょうがなかったです。


そしてライブ開始。先発はカニコーセンでしたが、ライブクオリティーと観客を鷲掴むステージングに内心「こっちがホストの企画なのにこのままじゃ食われちまう・・・」と焦りましたね。決して対バンは競い合うための企画ではないのですが、やはり結果的には強く印象に残った方が良いわけで、ミュージシャンとしてムラムラして来たわけです。野津に「最初から全開でいこう。じっくり時間かけても良いからやり切らんと今日はカニさんのライブになっちゃうぞ」「ジャズって言ってくれてんだから、歌の曲少なくしてでも演奏でガツンとやろう」と打ち合わせたのでした。


お客さんの反応がはっきりと声援としてあったので、一切ひるむことなくいつも通りかそれ以上に演奏出来たと思います。野津は遠征最終日ということで疲れも溜まっていて大変そうでしたが、それが功を奏したのかカニさんとのコラボ曲では頭使って弾いてる感じがなかったので格好良かったです。「浜辺のくらし」「インクライン」「エブリデイピープル」の三曲を一緒に出来て本当に嬉しかったし楽しかったです。曲間に小松の親分が「誰かDVD焼いてくれー!」って騒いでたのが印象的でした。カニさんのファンにも好評だったようで安心しました。

23897208_853306084850493_1062353724_o.jpg
photo by 小松の親分


posted by さだおか at 20:43| 兵庫 ☀| Comment(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

11月29日@神戸オールウェイズ

dalihi.jpg

11月29日@神戸オールウェイズでのセモ大対バン企画ですが、我がセロニアスモンク大学のベーシスト畠山令さんの出演は取りやめとなりました。


先月から発症された腱鞘炎は完治されたそうですが、万全の状態ではないので大事を取って今回はベースレスのトリオで出演することになりました。


楽しみにされていた方々、対バンのDALIHIのメンバー様、オールウェイズのスタッフ様には大変申し訳ありませんが、どうぞご理解お願い致します。


我々が主催のイベントで心苦しい限りですが、僕としても畠山さんが万全の状態のバンドサウンドを見て欲しいので、ぜひまた四人でのライブをお楽しみにしていただけたらと思います。




dalihi.jpg0001 6.jpg
posted by さだおか at 20:20| 兵庫 ☀| Comment(0) | セロニアスモンク大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野津とのライブデイズを終えて。

先週から全七公演、野津とトリオとDUOで様々な場所で演奏してきました。各会場、ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました!皆様の応援あってこそライブが出来るのだと、日々幸せを噛みしめつつ、感謝々々の日々でありました。


R0018492.JPG

R0018497.JPG


毎日演奏中も演奏後もいろいろとこれからの活動をよりよくしていくための反省会をしていました。今回の濃密な日々は僕にとってもですが、何より野津にとって大きな収穫があったのではないかと思います。毎日のセットリストや構成とかライブ環境作り等、昨日の反省を活かせる状況でしたし、試せたは本当に良かったと思います。


青春2は僕としては野津の歌い手としてのリハビリや整体、その音楽性の拡張といったことが目的だったんだなと三日間を経て痛感致しました。僕自身が彼の書く曲、歌声、ギターとを聴きたいと願っていて、あくまでも僕の主観に基づいてそれらの可能性が最大限発揮できるようにと思っています。来年も続けていきたいユニットですので、どうぞ応援のほどよろしくお願い致します!


北川さんとの日々もカメラを持参してたのですが、撮る暇がないほど余裕はありませんでした。もちろん移動や飲酒での疲れもありましたが、初共演ということでいつもとは違う神経の使い方をしていたように思います。


北川さんのベースはとにかくストロングで、一見強力な印象はないのですが、そのグルーヴは激流や暴風が如くちょっとでも気を抜くと自分を見失ってしまいそうな感じで、各人が必死にやらないとならない時間でしたので、それはもうなかなか体験できない時間でした。


そしてビッグアップル、なごみ工房笑む、のぞみ青果、ライラという流れが結果的に音楽を醸成したんだろうと思えたくらいライラでのセカンドセットは素晴らしい時間でした!残念ながらお客さんの数は寂しかったのですが、僕はこれからもちょくちょくライラに出演させてもらいと思いますので、その時は神戸、大阪からも見に来てください!あんな音の響きのハコは本当に稀有です!


来週はセモ大、来月はミンガスモンク、天昇堂コードレストリオと自主企画は続きます。これからどんどん音楽が良くなる気がします!皆様とライブ会場で会える日を心から楽しみにしています!
ありがとうございました!


dalihi.jpg

0001.jpg

0001 5.jpg

0001 6.jpg
posted by さだおか at 12:32| 兵庫 ☔| Comment(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

淡路島の夜

昨日から僕の実家にて野津も北川さんも泊まっております。昨夜の様子を少し。


R0018493.JPG

R0018495.JPG


ちょっと夜は外に出たいねという北川さんに田舎での交通事情を説明すると驚いていましたが、僕の家はまだ街に近いとこにあるんですがそれでも徒歩で30分以上かかるし、タクシーしか手段はないし、かといって地元の魚や肉を食べさせてくれるがあるかというと結構な値段がするわけです。僕があまり飲みに出歩かないっていう性分で店を知らないということも大きいのですが。



で、家の人にスペアリブを焼いてもらい、家の焼豚を切ってもらいってしただけで机の上にスターが立ち並んじゃってビールすら飲んでる場合じゃないくらいに食べて食べて食べてってなっちゃいました。やっぱり実家の飯は美味いなぁと改めて思いましたね。二人も喜んでいたので安心しました。


さて今夜は実家から車で約3分のとこにある、なごみ工房笑むにてスペシャルナイツです。



11月18日(土) 洲本 なごみ工房〜笑む
OPEN 19:00 START 20:00 
¥2,500(1drink付) ※セッションタイム有 

兵庫県洲本市下加茂2丁目5−13 
Tel : 0799-22-0561
HP:http://emu-cafe.com/



残席僅かとなっております。どうぞよろしくお願いいたします!
posted by さだおか at 08:53| 兵庫 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

昨日は城ホール

昨日は大阪城ホールにGLAYのライブを観に行ってきた。


HOWEVER〜SPECIAL THANKS〜pure soul〜あなたといきてゆく〜つづれ織り、という流れにおじさん涙が止まらず。



HOWEVERなんて出だしで泣いてましたからね(笑)

やっぱり名曲なんですよ。売れたけど、ただ売れただけじゃないし売るためだけに作った曲でもなくて、ちゃんとTAKUROの人格が投影されているから出来てから二十数年経ってもライブでも重要な曲として存在するし、僕たち観客も観たいと熱望するわけですね。



SPECIAL THANKSでは発売された15歳の夏の頃を思い出してしょうがなかったです。甘酸っぱい恋の季節でした。当時はダブルA面のとまどいの方にグッと来てましたが、やはりこの年齢ともなりますとこの曲の良さ味わいにやっと気付けました。まさか今聴けるとは!っていう感じかな。嬉しかった。


もうね何といってもpure soulです。最高でした。13歳の当時本当にGLAYに夢中だった事を思い出してね。TERUの横でTAKUROがコーラスしてて、その様子がモニターで写されてるんですけど、それを見てたらアホみたいに泣いてましたね。ずっとずっとバンドやってて公私ともに仲良くて、ずっと歌い続けてる曲があってって最高やなぁって羨ましかったです。



新曲のあなたといきてゆくは前回のライブでも聴いたのですがその時は微妙かななんて思ってたら昨日は号泣の号泣ですよ。やっぱり流れって重要やなと思いました。



ライブが終わった瞬間に「絶対また行こう!まだ聴きたい曲ある!」と決意するわけですが、それってライブしてる方からすればまさに冥利に尽きる感想ですよね。いやでも本当に最高だった!13歳、15歳、17歳の僕よ、32歳の誕生日辺りにゃGLAY見に行くからな!悩んでも生きろよ!




僕もいち演者ですので色々想う所ありながらも観てました。演出、曲間、構成とかね。正直ステージ後ろの巨大モニターに出てる映像はショボいものも多かったし、もっと効果を得られる方法はあるよなと思ったが、ショーというよりもGLAYの四人が生き生きと歌い演奏している様だけでも見に来てる人は満足してるんだろうなと感じました。だから巨大なモニターも背景の一部という役割なんだなと腑に落ちつつ、数曲では素晴らしい役割も果たしていたなと思いました。



ふと思ったのが歌詞に「夢」という言葉が多いんですよ。そういう歌詞だけを取り出してモニターで流していた曲もあってその時気付いたんですよ、僕が自分で詩を書くときにその言葉をあえて使わないようにしている理由が。いやぁユングですよ(笑)意識と無意識の関係に帰りの環状線で溜息出ましたね。


4,5才からドラム初めて、ずっと嫌々習いに行ってたんだけど、中学はいるくらいの時にGLAYに夢中になって、何で自分も同じ楽器やってんのにこんなどんくさいんだ!って思ってそこからもう人生かけてやってきましたね。だからGLAYは僕の元なんですよ。他の音楽とか聴くのに夢中になって一時期離れましたけどね。何というか大型バンドですから、もっと小回りきいて全国ちょこちょこ回って自主レーベルとかで苦しい中で突出したオリジナリティーでやってる方が良いなって思ったりしてたんですけど、ここ数年でGLAYは田舎出身の仲の良い四人組なんだってやっと気付いて、それからはまた夢中になってますけどね。



さぁ今日からの野津との日々に英気を養いました。バリッバリやるで!




スペシャル-オモテ.jpg

スペシャル-ウラ.jpg

0001 13.jpg

0001 17.jpg

0001 7.jpg

0001 5.jpg

0001 6.jpg
posted by さだおか at 12:38| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする