2020年07月16日

ごにょごにょ

先日知り合いの方から「アルバムを一枚郵送で欲しいのですが」と連絡が来まして、銀行振り込みしか手段がないのは親切心に欠けるなと思い、座禅を組んで考えること数時間・・・バンドキャンプを利用するためにPayPalの口座を開いたのを思い出したのだった。それで四苦八苦しながらもこのブログの右側のフライヤーが並んでる所の最上段にPayPalの購入ボタンを設置することに成功しました!


これがそれだ!








ドラマチストレコード制作CD











と、ここまで買いておきながら前回更新した読書記08の冒頭に簡単にですが、その旨書いてましたね。もう、記憶にない。もうダメかも知れん・・・。というのもCDが手元に届いて早一ヶ月が経とうとしてるんですが、どうも完成したことで気が緩んでしまい、ディストリビューションの連絡や告知動画やトレーラー といった営業宣伝活動が全く出来てないんです。まぁ、自粛が明けてライブも再開してで、時間的な余裕がほぼほぼないというのも理由ですが、CD制作での練習不足を取り戻そうと最優先でやってるってこともあります。が、やっぱり一番は精神的なことですね。




ディスコミュのCDを夏に出そうと思ってましたけど、正直な話、今回のRJSQとSEMODAIのライブ盤の売れ行きが思ってた5倍は悪い(遅い)ので気後れしてます。だから今の心情としては、ディスコミュよりも「SEMODAI 3(仮題)」の方を作って出したいという気持ちが大きいです。それに、やっぱりCDは場所を取るので、今以上に家にCDの箱が増えるようじゃ足の踏み場もない!という感じになりますので、バンドキャンプでダウンロード販売のみの方向でと思っています。本当はCDというちゃんとした形にしたいんだけど、物理的に無理!精神的に無理!という感じなのであります。




そもそも売れ行きが悪い(遅い)ってのは僕の営業能力に問題があるんです。それは分かってるんです。分かっちゃいるけどやめられないわけじゃないですが、今回製作したアルバム二作はどちらも気に入ってるし、それぞれに魅力があって、それをブログやSNSで言葉を尽くして説明すれば少しは動きもあるかと思うんですが、どうしても自分の作品のことになると口下手になってしうんです。


それに自分でも困ってるんですが

「買ってもらって嬉しいけど、それが気に入らなかったり、ちょっと違うなと思われると大変申し訳ない!」


という気持ちから、何も言えなくなってしまうんです。自分の音楽性が偏向しているという自覚もあって、ジャズファンの人にあまり勧められないという気持ちも大きいです。でもでも、自分がやっている音楽はジャズだ!と日々信じるだけじゃなく口にも出しているわけなのに、いよいよの場面になると、申し訳ないという感情が一番大きくなるわけなのであります。


さらに僕としては次回作の製作費に充てたいという思惑もあるので、このSEMODAIのアルバムが売れて好評なら次作を作るお金にもエネルギーにもなる!と思ってましたが、どうもRJSQの方がお買い求めやすいようで、SEMODAIは現在のところ5枚ほどしか売れておりません・・・。


限定300枚なのに、たった5枚・・・。でもその理由もわかるんですよ。内容が見当もつかんようなものは買えないということです。ただ、このアルバムは「OFFICIAL BOOTLEG」と銘打ってるように、海賊盤なんですよ。何がどう海賊盤かというと、こういうところで言うのも簡単じゃない「ザ・大人の事情」ということがありましてゴニョゴニョ。

某著作某が某してるんで、某するのが嫌だったから、某してる。

と、そんな感じで理解、いや察してくれるとありがたいです。ですのでフライヤーも作れず、一子相伝が如くほぼほぼ口伝によって宣伝しているわけなんですね。


あとね、缶バッジが前回思いの外好評だったので、今回は気合を入れてキーホルダー含め合計十種類の約700個作りましたが、CDを買ってもらった一つおまけに付けるってことしたことがアダとなったか、一つとして売れてません!!!これもライブ会場で、宣伝もあんまりせずに言うてるだけなので、全部自分のせいなんですね。もうこれって非常にライトな自殺行為と同じじゃないですかね?


結構なお金と時間をを使い、満を辞して制作した作品たちを、そのくせ宣伝もろくにせずに売れない売れないとひたすら心挫けていく・・・手首切るとかガスを吸うとかそんな即deathな行為よりも複雑で婉曲的な自殺行為として今後広がっていくことを僕は危惧してなりません!


みなさん!死なずに生きてください!そして、僕のCDを買ってください!

posted by さだおか at 08:45| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: