2020年04月17日

ストレスを発散

今月に手に入れたCDです。といってもまだこれから届く分もあったりと、今少しでも興味があると発注してしまう状態なので危険です。

R0019890.JPG

武田和命「GENTLE NOVEMBER」
Tipographica「God says I can't Dance」



武田さんは好きなんだけど、手元にあったCDを紛失してしまって未聴だったこちらを購入。今となってはコルトレーンの模倣と安易に口にしそうになるが、この時代の日本人のジャズマンたちが見つめたジャズに切迫していたということなんだろうな。



ティポグラフィカは恥ずかしながら最近まで知りませんでした。wikiでは『「リズムの訛り、ノリ」などといった分野に脚光をあて、表現できる範囲を細分化された音符によって極限まで突き詰めた音楽を発表していた』と書かれているが、確かにの一言。フランクザッパぽいけど、あそこまでごちゃごちゃしてない。


そもそも元町のりずむぼっくすという中古レコード屋のDVDコーナーに外山明さんの教則ビデオがあり、気にはなったけどそういう商品によくあるように内容がまったく分からないので一旦保留で帰って詳しく調べてから買うかどうするか決めることにして帰宅。調べると10年以上前に発売されたものなので情報量が乏しい。でもある人のサイトで外山さんに関してこのティポグラフィカこそ外山さんだぜ!みたいな書かれ方して、その時初めてこのバンドのことを知り、早速購入。DVDは買わないな。



R0019891.JPG


もう一枚の写真は田村夏樹・藤井聡子さんのCDの売り上げを寄付するという運動に賛同して購入した三枚。大きな声じゃ言えませんが、もう一枚おまけをもらいました。Gato Libre好きなんで、ちょうど良い機会にと購入。以下田村さんのタイムラインをコピー↓



コロナウイルスで大変な状況が続いていますが、今後ますます予断を許さない感じになって来ています。
僕たち(田村夏樹、藤井郷子)は3月と4月のライブを全て延期とさせていただきました。
避けられるリスクは避けたいと思い決断しましたが、ライブハウスや共演ミュージシャンの方達に、大変迷惑をかけてしまい心苦しく思っています。
政府はライブハウスやミュージシャンに対する具体的な保証を未だ打ち出していません。この状況が長く続くと立ち行かなくなるライブハウスも出てくるのではと思い、何か自分たちで出来ることは無いかといろいろ考えました。
皆さんに旧譜のCDを格安で買っていただき、その売り上げを普段出演させていただいているライブハウスに寄付したらどうかと思い至りました。
みんなが大変な時期に人気もない僕たちの旧譜がそんなに売れないことは十分承知していますが、微力であっても人との距離を取りつつ、何かしら自分で出来る事を行動に移さなくてはとの思いです。
ご理解いただき、ご協力いただけたら嬉しいです。
https://www.librarecords.com/snj/store_j.html
でご確認ください。
6月末までの特別企画です




数々のライブハウスもクラウドファンディングを始め、生き抜く手段を模索しています。本当は今までお世話になってきた会場や人すべてに何かしらの方法で応援したいと思っていますが、結局は一箇所にどうのこうのだとキリがなくなるのでなにも出来ないまま手をこまねいています。申し訳ない気持ちでいっぱいです。自分の生活を維持するので精一杯で傍観してばっかりです。
posted by さだおか at 12:06| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: