2020年03月28日

読書記04 ハードボイルド

R0019873.JPG


横溝から読み進めて、日本人作家も読んでいるが探偵ものといえば海外の、それこそホームズではないか?と苦手だった外国文学作品もミステリーという合言葉を盾に読んでいる。あの翻訳された日本語が苦手で今まで何度も挫折してきたし、村上春樹なんてその文体のせいで大嫌いである。


とりあえずネットの検索で「ミステリー 文学 名作」とかで検索して、誰がどんな作風とか全然わかんないし、とりあえず名作とか歴史的とか付くものは手を出せるだけ出しているが、それでもまだまだ量が多くて全然読めていない。が、ホームズは大変面白く全作読んだ、はずです。


で、次に手を出したのがハードボイルドでした。日本でも新宿鮫が好きだし、黒川さんの作風を省みてもハードボイルドは僕の中で嫌味なく受け入れられると思い、レイモンドチャンドラーの「長いお別れ」から読み始めたのが何よりも良かったと思いますね。フィリップマーロウものでも屈指の出来で、生涯でも忘れられない小説になりました。それからマーロウ物の長編は全部読んで、同作でも翻訳が違うのも読んだりて、じゃ他にホードボイルドは?となって、ダシール・ハメットの「マルタの鷹」を読んだけど、チャンドラーよりもハードボイルドしていて全然読み進められなくて苦しんだ。


この人の他のは?と代表作の一つである「赤い収穫(血の収穫)」を今度は借りて読んだものの、やっぱり読み進めるのが辛い。いや、面白いのだけども、文体かなぁ。なかなか辛かった。


ハードボイルドっていうのは事件そのものが主題なのではなくて、それを軸に様々な人間や出来事がめぐりめぐるということに主題があって、読みながら何度も、そういえば何の事件だったっけ?となることが少なくない。あと登場人物が多い。そして全員に影があったりするから全然覚えられない。読み終えてもミステリーを読み終えたような爽快感は少ないが、一幕終えられたなという主人公が感じている徒労感は同様に感じられるので中毒性は高い。


このブログを書くにあたってウィキペディアを調べると、この作品が黒澤明監督作品の「用心棒」の下敷きになっているそうである。まったく納得できる話だ。
posted by さだおか at 03:06| 兵庫 ☔| Comment(0) | 読書記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: