2020年02月03日

読書記

順番は前後するが、読書記に関して。


読書記というのを始めてみる。いつまで続くかは定かではないが、読書は死ぬまで続けるだろうからぼちぼちと書いていくつもりだ。


簡単に言えば個人的な読書後の感想を綴るだけである。これを読んだ人が読みたくなるようなことを書こうとも思わないし、オチを書くことだってあるだろう、登場人物の名前も一切の説明なく唐突に出すし、ちゃんとその本を読んだ人にしか分からないようなことも当たり前のように書いていく。無情な読書感想記である。


まぁブログなので日々のアレコレを気負わずに書けばいいのだろうが、人が何食ったとか何処行ったとか僕はピンとこないのでやらんのだが、図書館で常に本を借りているということから考えるに、僕の趣味は読書なのであろうと思ったのである。


そういえば高校生のときも毎週末のように図書館に行っていたが、34歳となった今も二週間に一度は必ず図書館に行っている生活なのだ。春日野道に越してきてからは出掛けるということが極端に減った。休日でも自宅警備を中心に活動しているが、それでも三宮図書館までは行くがそれ以上西にはなかなか行かない。ミント神戸すら行かない。かといって東にはもっと行かない。行って万代春日野道店である。あ、昨夜は西灘の「まるやす」というラーメン屋に行ったか。


まぁそんなことはさておいて、そのとき読み終えた小説を取り上げて書くつもりだ。そのときの僕の気分が出ればそれだけでいいと思っている。レビューですらない読書の日記である。


人にすすめようと書くと雑念が混じる。


人によく思われようと書くと、これまた雑念が混じる。


ま、そういう感じでぼちぼちと書いていきます。
posted by さだおか at 10:40| 兵庫 ☁| Comment(0) | 読書記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: