2018年09月12日

歌性

昨日はモンクとミンガスだけのライブでした。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。



このライブ企画もこれで三度目になるが、毎度々々演奏後は頭も体もクッタクタになる。萬屋の帰りは駅北側の串カツ屋で一杯ひっかけて帰ることが多いが、昨日は翔太も口数が減るくらい疲れていたので駅で「じゃまたゆっくり飲もうや」と交わして別れた。



僕は荒崎さんと阪神元町駅で電車を待っていたときに、ソロもバッキングもすごく歌を感じると言われた。そういえばこれまでにも歌っている、メロディーを感じると何度か人に言われたことがあって嬉しかったし、無論昨日も嬉しかった。


アドリブをしようがとにかくメロディーだろ!?というのが僕の信条である。フレーズだろうが無茶苦茶だろうがなんだろうが、その曲のテーマのメロディーさえ共有できていれば何をやっても良いと僕は思っている。極論を言えばソロの内容を聴かずともフィットした伴奏が出来るとさえ思っている。そのためには全員がある程度そういう思考のベクトルであるべきだとは思うが、とにかくそう信じている。



特にソロの時は僕はあまりテクニカルなタイプではないし、音数も叩けるようなドラマーではない。それでも何とかやってこれてきたのは先に書いた歌というものがあるからだろうと思う。リズム的に揺れたりしても、その歌(=テーマのメロディー)があればリズムを外したり狂ったりすることはない。


あとこれを今日は一番声を大にして言いたいのだが、ドラムでテーマのメロディーを叩くのを見たことがあるが、あれはドラムとしての本質性から外れていると思うんですね。僕はそんな事しなくても、メロディーを強烈にイメージして叩けば、たとえ四分音符だけずっと叩いててもメロディーが聴こえてくると思うんですね。まぁ、思うというか信じているっていう感じなんですけど、それは間違いないと思っているわけです。別にタイコ類のヘッドにテンションをかけてピッチを工夫しなくてもシンバル1枚ででもメロディアスに叩ける。いや、叩くべきなんだと思うんですね。強く強くそうイメージしてたら、無意識的にスティックを握る強さとか位置とか色々変化して、倍音とか音の長さとか変わってくると思うわけ。だから、メロディーを叩いてる人がいると、もっともっとドラムがメロディーに近づけるのにと口惜しい気持ちで見てしまうんですね。



だから昨日荒崎さんに言われた事が嬉しかったんですね。



ドラムで歌うっていうことはフレージングだグルーヴだって言う前に、どれだけ曲のメロディーを内在させているのかっていうことだと思います。人間の想像力は無限ですから、そこを使わない手はないですよね。
posted by さだおか at 10:27| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: