2017年07月09日

葭葉、定岡対談 その2

対談その2でございます。

まだまだライブの予約は受け付けております!

0001 2.jpg


葭葉  アルバムの曲が実体験を元にしてるやつばっかりなんですよ。一人ぼっちでやばいときに作ったのとか、レコーディングの間際に出来たのとか。これがその、変な曲の代表なんですけど、「scattered chopped cabbege 」っていう曲が。清水さんが一番これはジャズだって言って叩いてくださって。めちゃめちゃな曲です(笑)

定岡  へぇー。

葭葉  あんまりね、ハッピーな曲がないんですよ。(ブックレットの曲順で「sky is the limit-uta-」を指しながら)これだけ唯一これからも可能性が広がって欲しいなっていうので作ったんですけど、ボーカル入りで。でもちょっと歌詞は恥ずかしいのでまだ・・・。

定岡  ブックレットにないですもんね。

葭葉  そうなんですよ。でも一番の歌詞しかまだ出来てないっていうのもあったんですけど。でもなんかオリジナル曲を持ってるミュージシャンってやっぱり良いなってすごい思っていて、自分を表現するっていうのに関しては素晴らしいなっていうのはありますね。誰かの曲を誰かの真似みたいな感じでっていうのは、演奏は確かに素晴らしいかもしれないけど・・・完成度が確かに高いかもしれないけど、そういうライブを聴くよりもオリジナルでやってる人たちのほうがなんか心に残るんですよ。っていうのも自分がそういうタイプっていうだけなんですけど。それでオリジナルばっかりでっていうのでやってましたね。

定岡  うんうん。

葭葉  それで晴萌ちゃんとのカルテットで、たまたま清水さん帰国するタイミングで連絡したら、ぜひ一緒にやりましょうってなって。あと橋本現輝君が実はジャズを始めた時くらいからの共演者で。彼は元々オリジナルが好き系のプレーヤーだったんですよ。そういうこともあって、自分の曲をするときは現輝君にお願いすることが多かったんですけど。それでその二人が相手してくれてるときが、ちょうどこのアルバムを作ってるときで、この2016年の一年間がちょうどそういう時期だったんで。

定岡  タイミングが良かったんだ。

葭葉  そうそう。で、ピアノトリオの話が来たときに、ふと思ったのが誰もしてないことがしたいってすごい思っていたんです。それで誰もしたことがないピアノトリオっていったら、ちょうど今、西と東でこんだけ相手してもらってるんやから、それぞれ分けて作っちゃおうと思ったんです。最初は一枚にするか二枚にするかっていうので悩んでたんですけど、でもまぁ一枚でいいかって思って。わざわざ変えなくても、いつの間にか変わってるぐらいの感じでいいかなと思って作ったんです。ベーシストに関しては、ドラマーとの相性で選んだ部分がわりとあるんですよ。ドラムが清水さんのときは萬さん(※1)で、実は萬さんは何年か前に木畑さんとライブしてるときに聴きに行ってて、飛び入りとかさしてもらったこともあるんですけど、その時は簡単なスタンダード曲だったんですけど萬さんが凄すぎて落ちたんですよー(笑)

定岡  うん(笑)

葭葉  その時のあー!!!っていうトラウマを背負ったままやったんですけど、あれから数年経ってて、もしかしたら今なら一緒に何か作れるのかもしれないと思って、勇気を出してオファーしたら、「いいよ!やろうやろう!」って言ってくれて、それがきっかけですね。萬さんと清水さんっていう組み合わせでやったっていうのは。

定岡  (ブックレット確認しながら)これはだから、意図的にどのリズムセクションでどの曲を録ったかって書いてないわけですか?

葭葉  そうです。意図的にっていうのもですけど、スペースの都合上だったんですけど(笑)あんまり細かい文字をたくさん入れたくなくて、なるべく最小限の文字情報にしたいなっていうのが実はあったんです。

定岡
  ほぉ〜。

葭葉  CD屋さんに置くんじゃなくて、ブックカフェとか雑貨屋さんに置いてる感じのCDが作りたくて。(ブックレットの写真を広げながら)最初はこの写真でいいやってなってたんですけど、パターンとか枚数があんまりなくて、やっぱりグランドピアノ載せないとちょっとアレかなっていうのでこっちの写真になったんです。

定岡  ずっと思ってたんですけど、これなんでケースが写ってるんですか?

葭葉  たまにツッコまれるんですけど(笑) これは家感を出したくて。

定岡  家感!?(※2)

葭葉  はい(笑)こんな家ないやろってツッコまれるんですけど。これがあると家感が増すんです。

定岡  ・・・そうですかね?(笑)(※3)

葭葉  でも私これは譲れなかったんですけど、実は(笑)

定岡  そうなんですか!?でも画のバランス的にすごくこう、構図的にも・・・なんていうか視点が散るかなって思うんですけど。(※4)

葭葉  (ケースを指しながら)こっちに行っちゃいますか?

定岡  そう。だからNordにスポンサーでもしてもらってんのかなって思って。

葭葉  違うんです!家感を出したっかったんです!

定岡  家感なんだ・・・。っていうか家感って何!?(※5)

葭葉  家感って・・・かしこまってる感じを出したくなくて、撮影場所をブルックリンパーラーさんでしたのも、ちょっと小洒落た感じででもホテルやホールじゃない感じで、でもライブハウスを貸し切って写真を撮るっていうのもあんまりイメージができなくて、家感を出したかったっていう。

定岡  それだけなんだ。

葭葉  まぁあと個人的に木造建築好きなんです。それでまぁそういう雰囲気も程よいっていうことで、これを採用したかったんですけど、CDの内容にあまり合わないかなっていうことで・・・。

定岡  ふーん。

葭葉  それとメンバーが住んでるとことか違いすぎるんで、カメラマンさんに頼んで別の日に一緒に集まって撮るっていうのが難しくて。なのでレコーディングの時の写真をブックレットの中には使いました。それとこの清水さんの写真だけ色がね何故かちょっと。

定岡  ほんまや。セピアっていうか。

葭葉  これはもう意図的にしたっていうことにしたっていうことにしてもらっていいですか?(笑)清水さんからオーラとエネルギーが出てるっていう。

定岡  でもまぁ言われないと気付かないですよ、こういう細かいとこって。(※6)

葭葉  ベースの織原さんとの出会いも不思議で。27歳くらいの時に、私がイントロに遊びに行ったりしていて、その時に織原さんもホストか遊びに来ていたとかで居てて。私が関西で若井優也さんのライブとかを聴きに行ったりしてて面識はあったんで、イントロで若井さんに会ったときに「愛子ちゃん愛子ちゃん!」って話しかけてくれて、で、織原さんがそれを聞いてて、別の日の高田馬場のコットンクラブでオールナイトでやってるセッションに遊びに行った時に、「愛子ちゃんだよね〜?」って向こうから声をかけてくれたのがきっかけで、なんて喋りやすい人なんだってなって。それから、東のトリオとして録るってなったら織原さんしかいないって実はそこで思ったんですよ。あと現輝君の上京のタイミングもあったんですよね。で、東京のスタジオDEDEさんか神奈川のハピネスさんっていう、エンジニアの人がやってるスタジオがあるんですけど。

定岡  へー!

葭葉
  そこは料金が良心的でジャズの人も使ってみたいなんですけど、ただ、全部個室で分かれてて、モニターとかアイコンタクトが出来ないんで耳だけで全部演奏しないといけないっていうことで、もしアイコンタクトが必要となると難しいっていうのは聞きました。でもほんと情報収集って大変ですよね。何もないとこから作るっていうのは。

定岡  そもそも作ってる人自体も少なかったりするから。関西でも最近でしょ、こんな量産されるようになったっていうのは。一つは富士通TENのスタジオが利用しやすいっていうのがあって、あとはWAY OUT WESTの藤岡さんが下地を作ってくれてて、少し前にあの人が培ったノウハウにミュージシャンが頼んで、そっから各々自分でやっていたりしてっていうのが今は多くなってるんでしょうね。






※1  何年か前にDUOをする予定だったが、腸閉塞で入院となって中止して以来会っていないかもしれない。あの時はライブハウスにも萬さんにも迷惑かけました。関係ないが入院したあの病院はもうない。新しく別の場所に建て替えられたのだ。何故だか津波だ高潮だで脆弱の極みのような河口にわざわざ建てたのだが大丈夫か?


※2  この時点ではイエカンという言葉の響きに戸惑っているだけ。

※3  そして段々と家感じゃなく部屋感じゃなかろうかと思い始める。

※4  それにしても家感なんて日本語ないだろうと動揺した心情を察せられないように話を小難しくしてみようと企む。

※5  そこまで言われちゃ仕方がないと、ちょっとだけ本音をさらしてみたのがこの時。こっちとしてはツッコミのつもりで踏み込んだ気でいたが、思っていたような反応が返ってこずにさらに動揺。「今日はちょっと大変かも」と内心思いつつ、俺だってDISCOMMUNICATION ENSEMBLEと名の付いたバンドをやってんだかんな!と挫けてはならないと誓った。

※6  実際この時言われるまで全然気づかなかった。CD購入した人でも未だに気づいていない人もいるだろうなと思う。「SEMODAI 2」でも一か所半角スペース消し忘れてるとこありますが、気付いた人いますか?


0001 11.jpg
posted by さだおか at 09:37| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | セロニアスモンク大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック