2016年10月20日

20161020 神戸オールウェイズ経て

先日の神戸ALWAYSでのライブにお越しいただいた皆さまありがとうございました。畠山さんと一緒にやると、まだまだ自分の狂気性なんてものは子豚ちゃんくらいなもんなんだなぁと自覚せずにはいられません。即興とスタンダードの間っていう僕の意図がバンドもやってくれている二人ですので、疎通する部分もあれば、容赦なく遮断するところもあったりとツーと言えばカーみたいな感じで感慨深かったです。


セットリストです。

1st set
・sokkyo
・my one and only love
・I thought about you
・月の映画館(作曲:日吉直行)


2nd set
・barbados
・body and soul
・the sea(作曲:白石栄利)
・our love is here to stay


日吉君の月の映画館はコードレスでやったの初めてでしたが、僕には今までで一番曲の輪郭というか情感のようなものが掴めたような気がします。作曲者の日吉君とは共演したこともなければ、本人が演奏しているこの曲を聴いたことがないのですが・・・(笑)

白石さんのオリジナル曲も以前からやらせてもらっていましたが、それとて数年前に使用許可を取っただけで人伝いの上に永年契約ではなかったので先日一緒になったときに確認を改めてしたら意外にもすごく喜んでくれまして「もう一曲ありますよー」ということで早速やった次第です。とはいえこちらも本人とやったこともなければ演奏しているところも見たことがないのでリハーサルで曲の感触を確かめましたが、すごい曲でしたね。未見では手に負えない感じビンビンでした。本番でも霧散しとらんかと不安でしたが、そうやって揉んで揉んで曲は体に入っていくんだとこれからもやっていこうと思います。





そして今日は10月27日@天昇堂での「天狗の鼻は二度折れる」の来場者用テキストを印刷してきました。限定10部です。当日朗読に使う文章の全文と僕と野津の一言をまとめています。面白いライブだと思いますので是非お越しください。

スキャン 1.jpg

R0017438.JPG




そしてそして、ドラマーでしかない僕が朗読ライブをするということで得体の知れなさが底知れないと思うので、どういった内容の文章を使うのかを先に公開して告知としようと思います。来られる方で予習なしでと望まれる方は今日から五日分のブログは本番が終わるまでは無視された方が良いかと思います(笑)

DANMENと天狗の鼻は二度折れるという文章を公開していきますが、長い上に元は縦書きで書いているので多少読みにくい個所もあるとは思いますが、あくまでもライブの告知と予習用ということなので悪しからず。

では早速次の投稿からDANMENを公開していきます!
posted by さだおか at 10:39| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック