2016年08月31日

20160831 

先日の台風の影響での一日中ザァザァ降りの日からというものすっかり穏かな気温、穏やかな空、涼しい夜、という風に変わってしまった。去年の夏も、台風が夏を連れて消えてったようだったが、今年もこのまま変わってしまうのだろうかと憂いてしまう。もう少し、夏を感じたい。

そう。夏が暮れてゆく。それでもかつてほど絶望感というか、寂しさ侘しさで胸がつかえることもない。そのことにこそ絶望感というか、寂しさ侘しさを感じなくてわならないのだけれども、かつてほどの、という目安が、言葉を感情から掬い上げるときに引っかかって来て安堵したりすえうが、やはり哀しいものである。

先週の8月23日に、0823という数字の並びに妙に引っかかるものがあり、一日中考えていた。夜中に散歩しながらやっと思い出したのだが、かつてGLAYが「とまどい」というシングルを発売したのが、2000年の8月23日だった、ということである。

その当時、片思いをしながらも、どうもうまくゆくことはないと諦めるような、それでもふと顔を見たときにその人のことで胸にいっぱいになるような気持ちでいっぱいだったときに、そのシングルをリベラルというスーパーマーケットの向かいにあったツタヤ(元シティオ)で買って、冷房の効いた肉屋の仕事場で開封したことを今でも鮮明に覚えている。その歌の詩の一文に、自らの片思いをダブらせながら聴いたものである。

16年も前の記憶にいまだに雁字搦めのようになっているのもどうかしていると自分でも思うが、こればっかりはどうしようもないかなと思っている。

今年の夏の終わりの夕方は妙に穏やかで、寂寞としていてとても切ない。ベランダに干した洗濯物が時折揺れている様子も、心地よさげで、なおのこと辛くなる。
posted by さだおか at 16:18| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック