2017年09月27日

10月からのスケジュール

10月




5日(木)明石POCHI CYNDIカルテット
CYNDIVo 有田真大Pf 河合鉄兵Ba 定岡弘将Drums
開場19:00 1st19:30/2nd 20:40/3rd 21:50
チャージ¥3,100




7日(土)尼崎 アマソニック2017 CYNDIカルテット
CYNDI Vo 三浦敦子Pf 泉正浩Ba 定岡弘将Drums
19:15〜
入場無料
https://amasonic.jp/

ここ3年ほど出演させてもらっています。駅前の野外ステージで露店といいますか、尼崎の飲食店がたくさん出店しているので非常に美味しいものが沢山あります。毎年飲み過ぎ食い過ぎてしまうイベントであります。ぜひ!




自主企画ライブ!
0001 19.jpg
11日(水)春日野道 ギャラリー神戸天昇堂
柏谷淳A.sax 甲斐正樹Bass 定岡弘将Drums
開場19:00 開演19:30
チャージ 2,000円


9月17日に予定していたライブがこの日に変更になりました。
前回も好感触を得たトリオです。コードレスですが天昇堂の音響空間のかげで音色豊かなひと時になると思います。スタンダードのみ!ぜひお越しください!


自主企画ライブ!
16日(月)神戸 BIG APPLE
0001 14.jpg
discommunication ensemble trio plus
定岡弘将DRUMS 當村邦明T.SAX 井上歩BASS
ゲスト 荻野やすよし guitar
開場19時 開演19時半
当日2,300円 予約2,000円
http://www.geocities.jp/kbigapple/


セモ大と並んで自分のバンドだと思っているディスコミュです。今回はゲストに荻野さんを招いてのライブになります。今までになかった人と音が入るとサウンドがどう変化するのか、そうすることでさらに強まる何かがあるのではないかと思いライブを組みました。ワンセットは即興、もうワンセットは楽曲をやります。
アンサンブルを突き詰めて考えた挙句、関係することを辞めることで雨関係という新たな関係性にぶつかるということをどう咀嚼するのか。そういう目的でやっています。ぜひ!



23日(月)高槻 JK cafe
関谷友加里piano 甲斐正樹bass 定岡弘将drums
時間未定
投げ銭制(だったと思います)
http://jkcafe.jks-group.info/jkcafe.html

関谷さんに呼んでもらいました。ライブ誘われるの久しぶりで興奮です。もっと誘ってください!



24日(火)三宮旧居留地 100BANホール
ジャムセッション
高橋俊男piano 泉正浩bass 定岡弘将drums
開場19時半頃 開演20時 終演22時頃
1500円
http://www.100ban.jp/studio/index/





自主企画ライブ!
29日(日))昼 春日野道商店街 のぞみ青果
0001 16.jpg
定岡弘将Drums 小倉直也Trumpet 伊藤シュンペイguitar 米澤毅風Bass
開場14時 開演14時半
チャージ 1,500円
http://kasuganomichi.com/nozomiseika


恒例ののぞみジャズライブです。僕よりも若い世代の人たちにお願いしてみました。どういう演奏をするのか、それで自分がどう反応するのかそういったことも楽しみにしています。
千円もあればビール二杯とちょっとしたアテが食べられる店ですのでチャージを安く設定しています。飛び入りも大歓迎ですので楽器と譜面を持ってぜひお越しください!






11月



スペシャルライブ企画!!!
野津昌太郎&スペシャルナイツ! 関西3DAYS!!!
スペシャル-オモテ.jpg

スペシャル-ウラ.jpg

16(木) 神戸 LIVE SPOT BIG APPLE
OPEN 19:00 START 19:30  
前売 \2,300 当日\2,500+オーダー
〒650-0003 神戸市中央区山本通3丁目14-14ト-アハイツB-1 
Tel : 078-251-7049 mail : kbigapple@yahoo.co.jp



11月18日(土) 洲本 なごみ工房〜笑む
OPEN 19:00 START 20:00 
\2,500(1drink付) ※セッションタイム有 
兵庫県洲本市下加茂2丁目5−13 
Tel : 0799-22-0561 HP:http://emu-cafe.com/

11月19日(日) 春日野道 春日野道サウンドフェスタ 
会場:のぞみ青果 
出演時間 13:30〜15:00 
ノーチャージチップ制+飲食代
兵庫県神戸市中央区東雲通1丁目4−22 Tel : 078-261-1992


11月19(日) 姫路 JAZZ SPOT LAYLA
OPEN 19:00 START 20:00 
\3,000(1drink付)
〒670-0903 兵庫県姫路市立町71立町ビル3階  Tel : 079-224-9469



東京から強力なベーシスト、北川秀生さんが来てくれます。僕がしのごの言っても難しくなるだけですので、下の動画をご覧ください。最後に野津からのこのライブに向けて言葉があります。






自主企画ライブ!
21日(火)中崎町 創徳庵
0001 13.jpg
「青春2」
野津昌太郎guitar,vocal 定岡弘将drums,vocal
開場19:00 開演19:30
charge 予約1,800円 当日2,000円 +オーダー
http://soutokuann.com/

愚かしい妄想かもしれませんが、青春は何度でもやってきます。挫けるたび、興奮するたびに。

僕は数年前の野津とのコモンカフェでやったライブが僕と野津との青春の幕が閉じたと感じたのです。あれ以来僕はすっかり腑抜けてしまったわけでもないのですが、少し剣先が丸まってしまったように感じています。

そこで今では気配や呼吸だけでデュオが出来てしまう野津と今一度新しい音を求めたいと思いこのデュオをやることにしました。即興や楽曲色々あると思いますが、今回は自分たちが出来る限りのことを色々と詰め込んでやってみようと思っています。新しい青春の始まりになればと思います。



22日(水)春日野道 ギャラリー神戸天昇堂
苦楽園ベーグルガールズ(牛島恵pf,vo pf, かにたまvo)
青春2(野津昌太郎gt,vo 定岡弘将ds,vo)
開場19時 開演19時半 
¥投げ銭 飲食物の提供はありません。





自主企画ライブ!
23日(木・祝)昼 春日野道 のぞみ青果
0001 17.jpg
「青春2」
カニコーセン(播州汚泥フォーク)
野津昌太郎Vo,Gt 定岡弘将Ds
開場14時 開演14時半
投げ銭制
http://kasuganomichi.com/nozomiseika







23日(木)夜 岡本 BORN FREE ジャムセッション
柏谷淳A.sax 永田有吾Piano 井上幸祐Bass 定岡弘将drums
START19:00
参加者:一般¥1500 学生¥1000 ミュージシャン¥500 見学¥1000


26日(日)明石POCHI スペシャルジャムセッション
Piano未定 泉正浩Bass 定岡弘将Drums
開場18時半 開演19時
¥1860
http://www.pochi-live.com/




28日(火)三宮旧居留地 100BANホール
ジャムセッション
高橋俊男piano 泉正浩bass 定岡弘将drums
開場19時半頃 開演20時 終演22時頃
1500円
http://www.100ban.jp/studio/index/







セモ大レコ発!
11月29日(水)六甲  KOBE ALWAYS
dalihi.jpg
DALIHI
セロニアスモンク大学
開場19:00 開演19:30
チャージ 当日3,000円 予約2,800円 学生2,000円

posted by さだおか at 10:54| 兵庫 | Comment(0) | schedule | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

9月25日

昨日は昼過ぎからドラムのレッスンをしてから夕方から明石へ移動した。


いきなり本題、ってか本題つってもまだ全然書いてないわけで、読んでる方からしたら「そもそもの本題とはなんぞや?」と思われても仕方がないが、ここはとりあえず大人の対応として先に書いた「本題」に関してはスルーしていただくとして。


改めて、いきなり本題からズレますが、僕も個人でドラム教室をしているんです。ドラム教室というと大層な感じですが、教えて欲しいという声があれば一人一人に時間や料金等都合のつくような条件でって感じなので教室っていう言葉が醸すイメージではないですね。ドラムレッスンもですが、今やりたいのはバンドレッスンやワークショップがしたいんですよ。幾ら僕がしたいしたいしたいしたいって騒いでも需要と供給のバランス次第で僕は自宅待機っていう状態です。誰か習ってみたいっていう人いませんか?連絡待っています。


で、今のところ誰も知る由もない本題にひたすら突き進むわけですが、要は空腹をどうするのか?っていうのが昨日の課題だったわけです。


その前の日(土曜)の夜に無性にクリームシチューをご飯にかけて食べたくなったので量を作ったわけです。日曜の遅めの朝食に前夜の食事と同じくそれを食べて、まぁこの調子だとセッション前に明石で軽く何か入れようってことで前々から気になっていた明石駅にある都きしめん明石本店のHPを見てアレやコレやとシミュレーション、ってここで横道逸れ之助ですが、シミューレーションなのかシュミレーションなのかシュミュレーションなのかちょっと分かりにくいですよねーってそれだけなんですが、お品書きを見て、ぐるなびの写真を見てって涎垂らしながら考えていたわけです。


僕は麺好きなんですが、取り分け、うどんときしめんには目がありません。太めの麺を口一杯に頬張って咀嚼して飲み込むっていうのが無性に好きでね。あと出汁も好きですね。ラーメンとかよりもうどんの方が好きで、といっても外食でうどん屋ってのもあんまり芸がないなぁってことで入ることは少ないんですが、家だとメインの麺以外にもオカズを用意できて色々と食べられるんだけど、店だと餃子とかしか一色くらいしか並べられないわけでそういう点でも寂しい感じがして嫌なんですよね。


シンバルバッグと鞄を肩から下げて移動したんですが、それが重くて重くて当の都きしめんの店内の様子を見たところあまり座席に余裕のある意匠になっていない感じがしたので気も使うし、んー、きしめん単品なら400円からなのにそれにおにぎりかご飯を付けると650円からという値段設定は如何なものか?おにぎりが200円以上ってちょっとなぁ・・・と思ってしまい、ちょっとビールで口潤したいなぁという欲望もあったので結局入らずにコンビニでパン一つと缶チューハイを道端で飲んだのでした。


っていうかね、ライブやセッション前に軽く食事するときにおにぎりやパンで済ますっていうのが手っ取り早くもあるんだけど、20歳の頃から全然変わんないのな。30歳くらいには喫茶店で一息、40歳くらいには定食屋で中瓶と軽く一品、50歳くらいには寿司屋や海鮮居酒屋で刺身等で一杯傾けて・・・っていう風に想像していたんだけど、いつまで経ってもコンビニでパン買ってビールかチューハイで済ますっていうね、切なく情けないですけどね、いつまでもそうでいたいなぁという気分もあったりするんですよ。


とはいえ一食に650円出すのが惜しいっていう性格というか性分は育ちなんでしょうね。


明石に行くたびにきしめんか海鮮系の店に入りたいなぁと思うんだけど、時間とか言い訳にして一向に入らないですね。一度だけセッション前に立ち飲み屋に入ったんだけど、思いの外思いの外の店だったので僕の脳には「明石 居酒屋 思いの外」っていう印象が刷り込まれちゃうましたね。明石の人、誰か良いとこ教えて下さい。


posted by さだおか at 12:43| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

11月に東京から野津と北川秀生さんというベーシストと短いツアーをします。





0001 3.jpg



野津昌太郎&スペシャルナイツ

野津 昌太郎 Guitar
北川 秀生 Bass
定岡 弘将 Drums


11月16日(木)
神戸 ビッグアップル
OPEN 19:00 START 19:30
当日\2,500 予約\2,300



11月18日(土)
洲本 なごみ工房〜笑む
OPEN 19:00 START 20:00
\2,500(1drink付)
※セッションタイム有り


11月19日(日)昼 
春日野道 
春日野道サウンドフェスタ
会場:のぞみ青果 13:30 ~ 15:00
ノーチャージチップ制+飲食代


11月19日(日)夜 
姫路 JAZZ SPOT LAYLA
OPEN 19:00 START 20:00
3,000(1drink付)




ご予約お待ちしております!
posted by さだおか at 21:56| 兵庫 ☁| Comment(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説を読んで。

しばらくノンフィクションやエッセイばかりを読んでいたのだが、映画が良かったので原作の金城一紀さんの著作を読んでみて、「小説おもしれー」となったわけですが、その後も小説2ノンフィクション7批評1って割合で図書館で毎週借りては返し借りては返しを繰り返していたのですが、先日ふと「王道読んでみるか」ということで初めて東野圭吾を読んでみました。



とはいえ映像化したのを見てことがあるのから読んだ方が読みやすいかと思い、「容疑者Xの献身」を読んだわけですが、感想としましては一言に尽きますね。


「おもしれー!」


不甲斐ないほどに面白いわけです。どう不甲斐ないかと言いますとね、ここ最近はノンフィクションでも経済やヤクザや裏社会のことを書いたものを中心に読んでいたので文字の読み方が小説を読むそれとは変化していたわけですが、小学校の頃から登下校中もずっと本を読みながら帰るとかしてたので物読みとしての初心は忘れていないだろうと踏んだ上で東野圭吾を読みましたが、想像以上に文章がエンタメエンタメしていて読みやすかったのと、その読みやすさにかまけてズンズン読み進めて数時間で読み終えた充実感に浸っていたっていう自分おあられもない姿に不甲斐なさを感じずにはいられませんでしたね。


それからというもの図書館のデータベースで東野圭吾を検索し、ガリレオシリーズを全て予約したことは言うまでも有りません。


人に言わせると「東野圭吾=売れ線作家」ということですが、売れて然るべしという内容で、自らの音楽性や音楽活動も反省するに至る現在であります。

posted by さだおか at 21:51| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

明日はセモ大対バンでっせ!

いよいよ明日はレコ発対バン企画です!



「SEMODAI 2」レコ発企画 @umeda ALWAYS
小倉直也セプテット&セロニアスモンク大学
開場19時 開演19時半
当日3,500円 予約3,000円 学生2,500円
always.live.umeda@gmail.com
06-6809-6696


小倉直也セプテット are
小倉直也(tp)
礒野展輝(tb)
小原加奈梨(as)
曽我部泰紀(ts)
永武幹子(pf)
荒井一喜(ba)
今岡稜太(dr)

セロニアスモンク大学 are
定岡弘将 drums.voice
當村邦明 t.sax
関谷友加里 piano
畠山令 bass





セモ大対バン企画第二弾です。


第二弾は小倉直也7であります。関西ジャズシーンの勢いのある若手のホープが集まったというバンドであります。僕自身彼らがどんな曲をどういう風に演奏しているのか見るのが楽しみであります。


セモ大の方はアルバム収録曲と最近の曲とを半分ずつやる予定です。叩き語りもやるつもりです。


ぜひお越しください!

posted by さだおか at 12:53| 兵庫 ☁| Comment(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セロニアスモンク大学音源公開。

セロニアスモンク大学の二作目となる「SEMODAI 2」が発売して一ヶ月以上が経ちました。まだまだ売れてほしいという願いを込めまして、アルバムより楽曲を公開いたします。


「夥しい愛」という曲です。これはMONK,SOKKYO両方のディスクに入っています。内容はどちらも違っていて、録音の生々しさが残っているのがMONK SIDEに、エフェクトを多用しミックスダウンでさらに増幅拡張させたのがSOKKYO SIDEになります。


ぜひご一聴ください。









そして明日9月20日は大阪にある、umeda ALWAYSにてレコ発対バン企画になります!

SEMODAI 2 レコ発対バン企画!
20日(水)大阪 umeda ALWAYS

小倉直也セプテット
セロニアスモンク大学
開場19時 開演19時半
予約3,000 当日3,500 学生2,500

0001 13.jpg


若手で勢いのあるバンドとの対バンとなります。つばぜり合いだぜ!!!
posted by さだおか at 09:18| 兵庫 ☁| Comment(0) | セロニアスモンク大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

本日のライブは中止になりました。

本日9月17日に予定していました天昇堂でのライブは天候を考慮し中止とさせていただきます。


ご来場予定されていた方や共演者のお二方にはご迷惑をおかけしますが、こればっかりは仕方ないと思いつつも、やりたいやりたいやりたい気持ちがありますので、近々ですが9月ないしは10月に延期という形でまた改めて日程をご報告させていただきます。


どうぞ宜しくお願い致します。
posted by さだおか at 09:43| 兵庫 ☔| Comment(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

週末台風。

0001 15.jpg


日曜日の夜は天昇堂にてライブの予定ですが、台風の状況を見て、昼にはやるかどうするのか決めたいと思います。雨風の状況ですわな。ん〜、こればっかりは分からないが列島に上陸した時点で台風は少し変容するのが常なので今日はまだ静観しておこうと思います。


以下別の話。


とある週末の夜に散歩をしていた。三宮から少し離れたところだがまだまだ繁華な雰囲気がある所らへんを歩いていた。少し先にコンビニがあったので、ちょっとビールでもと立ち寄るべく意識を向けた。入り口のあたりが妙にうるさい。長身の外国人風の男性と大学生風の男が大きな声で罵り合っていた。友人か恋人だろう女の子が学生を制すべくこちらも大きな声を出していた。


学生「お前なんやねん!向こう行けや!おら!」
外国「大きな声怖いわ!どうしたん!」
学生「お前がちょっかいだしてきたんやろ!」
女「ちょっともう!やめて!」
外国「そっちが急に大きな声出すからやん!」
学生「なんやお前ちょっと来い!」
女「もー!ちょっとお兄さん警察呼んで!」


この時のお兄さんは僕の方向を向いての言葉であったろうが、まだ警察呼んで面倒被る状況ではないと判断して割り込んだ。


「もうどっちも終わり終わり。はいお兄さん離れて。そっちもちょっと静かに」と声も荒げずに割り込んだら案の定ヒートアップしている二人には聞こえない様子で学生を抑える女が「はよ警察呼んでよ!」と叫んだ。少し後ろに二人の友人だろう女の子がいたが、状況が飲み込めない様子で戸惑った表情で固まっている。「この子も友達なら警察呼べばいいのに」と内心思いつつ「警察面倒やから、はい落ち着いて、終わり。(外国人に向かって)もう帰りましょう、ね」と言葉をかけた。


外国「こいつが急にこんな大きな声出したんだよ!アニマルだよ!」
学生「うるさわ!はよ消えろ!」
女「ちょっと!」


学生を抑える女はずっと片手に携帯を持っており、時折喋っている風だったので「なんだ自分で呼んでんじゃん。ほなもう行こ」と場を離れようとしたら「なんで警察呼ばへんのよ!」と怒られた。


どういうことだ?と少し観察すると、どうもその女は別の友人に自分たちのいる場所と状況を電話で伝えているようだったのだ。


いやいや、順番が違うでしょう?あなたが警察呼べばすむ話であって、当事者外の僕が呼んだら、僕までいちいち話を聞かれたりと面倒じゃないかと呆れてしまったので、大丈夫大丈夫と無意味な音のような言葉を吐いてコンビニに入って酒を買った。レジの人に心配されたが、「んー、ま、大丈夫でしょう」とこちらは大丈夫という気持ちを込めて答えた。


一言二言交わしていたらあの女が新たに現れた女と目を吊り上げた状態で店内に入ってきて、僕と店員に対して「あんたら早く警察呼んでよ!なんなんよ!警察呼べや!」と豪速球のような感じで言葉を吐いてきた。店員苦笑い。定岡苦笑い。


僕「いやいや、もう帰りましょうよ。お姉さんらここにおらんでもええわけでしょ?いちいち外国人に返事せんと無視して離れたら終わるよ」
別の女「なんやお前!無責任やな!」
僕「はいはい。僕は出て左。お姉さんら取り敢えず真っ直ぐ。外国人は右ね。それで終わり」


外に出て外国人に「はいもうバイバイね!おやすみおやすみ」と声をかけ、興奮してる男に「はいもう無視無視。酔っ払ってる相手に絡んでもしゃぁないですよ。僕こっち行くから、はいご苦労さんー」と言って離れた。


30メートルほど離れて初めて振り返って見たら、コンビニの入り口には誰一人も立っていなかった。


それから家まで20分ほど、どうして当事者である女が警察を呼ばずに人に呼べ呼べいうくせに自分は友達に電話していたという全く矛盾した行動を反芻しながら歩いた。そして週末らしい週末の情景に自分は見事に巻き込まれたのだなと妙な充足感を感じていたのだった。



posted by さだおか at 12:17| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

夜は長く短い。

ワインにハマっている。


たいそうに「ハマっている」と言い切れるほどのものでもないが、じんわりと酔っていき且つ飲み続けられるという理由でのワインだ。特に自宅で飲む場合に焼酎やウイスキーでは夜が味わえないのだ。「ああ良い夜だなぁ。音楽聴いて映画見て、ちょっとベランダで風浴びて。あぁ良い夜だなぁ」としみじみしたい時もあるのだ。そんな時に先に書いたような度数の高い酒では数杯でメロメロになってゴロンである。


あとワインは一般には食中酒であるが、僕はあまりアテが要らない。これは家で飲むという条件(普段外で飲む際はあまり食べない。ちょっとした漬物やナッツがある程度でいい)だが、焼酎やウイスキーの方が食べたくなるのだ。ワインはそれ自体の味が強烈だから口が足りてるのだろうと察するが、その点でも楽である。


じゃあ銘柄とかにこだわりがあるか?となると、そんなものありはしないのである。赤でも白でもロゼでもスパークリングでも、淡々とじんわりと飲めればそれでいい。その点で赤より白の方がいいというのはある。赤はだんだんと口の中がザラついてくるので歯磨きしたくなるからだ。値段帯も500円前後でいいのだ。ワイン好きの人曰く、チリ産のワインが安くて美味いものが多いそうだ。関税の関係らしいがそんなことはどうでもよろしい。じんわりと酔っぱらえればいいのである。


とはいえワインだけで一晩大人しくしていられるわけではない。


盗撮.jpg


先ほどもスーパーにて「まずはビールで・・・」と缶ビールをカゴに入れ、ワイン飲みながらアレとコレと食べて映画はナニ見てと想像を膨らませていた。ビールから初めてワインを一本か二本。今日は白だ。


「それから・・・やっぱり締めにもビールだな!」


この時に僕の瞼の裏には泉正浩という無頼漢気取って酒ばっかり飲んで失敗ばかりしているベーシストの顔が浮かんだのは書くまでもあるまい。高橋トリオで学んだことは「イントロのテンポとタイムをキープすること」と「締めのビール」である。


階下のスナックでは今日も誰かが歌を歌っている。きっついリバーブかけて歌っている。

RIMG0262.jpg
posted by さだおか at 00:07| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

セモ大のライブ動画その1

先日のビッグアップルでのライブの動画を公開しました。

まず第一弾は「當村紹介」です。

ライブ終盤で毎回恒例にしているメンバー紹介ですが、特に當村の紹介はリキが入っております。というか、この時間に自分の即興の度量を見極めているくらいのもんでありますが、毎度毎度笑って付き合ってくれるメンバーには感謝であります。







その他にもたくさんのライブ動画や告知動画をアップしております。今一度御一聴いただけたらなと思います!CDも買ってくださいね!










posted by さだおか at 23:27| 兵庫 ☁| Comment(0) | セロニアスモンク大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

ずいぶんと。

細々とした作業、SNSとかは日々やっているんだけど、自分のホームたるブログをおざなりにしちゃいけんなぁと反省しております!


気づけば夏の後ろ姿も見えんような気候で、その点でも記憶が喪失というか抜け落ちとるかのような日々です。まだ自分の中で今年の夏の精算が済んでないんですよ。なのにこの気候。なに勝手に穏やかになっとるのか!


ここ最近はとにかく読書ですね。図書館で二週間に8冊を借りて、一週間ごとに読んで返却してまた借りてって繰り返してるので、だいたい一週間で五冊前後読み続けている状態なんでしょう。最近は森巣博さんの著作を読みあさっております。これが面白いんだ!詳しくは各自検索かけておくんなはれ。


あと、サンドイッチマンのコントとバッファロー吾郎のコントをずっと見ています。like a 研究です。構造を理解することでより具象に変化できることがあると信じて。まぁ、なんの構造なのかは自分でもさっぱりですが、これまでに興味持ってインプットしてきたものが一つ一つ収斂していってる感触もあるし、それを加速させたいですからね。


ライブが続きますが、一つ一つをしっかりと楽しんで消化して、次につながるようにしていきたいと今は切に思います。


R0018311.JPG

R0018307.JPG

R0018306.JPG

R0018311.JPG

R0018215.JPG

0001 15.jpg

0001 13.jpg

0001 11.jpg
posted by さだおか at 10:57| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする