2017年05月18日

カウントダウン0518

いよいよネタが尽きた感がある。こうも毎日毎日ブログを更新している人の努力や精神力にはまったく頭が下がります。


先日もサラミとジャッキーカルパスの違いを知りたくて検索したところ、まとめサイトやらなんやらと幾つかの上位候補をクリックして書かれていることを読みました。で、某ブログも上位にあり、そこも覗いて見てみたんですがオリジナリティーというか、文章に生命力がじぇぇんじぇん感じられませんでした。そんなことよりも改行と文字の大きさを駆使してテンポよく下にスクロールしやすいようにして、読みやすいではなく見やすいようになっていることに気づいたのでした。かくいう僕も最近のブログに改行を二行以上使ったりして見やすくなるように、少しでも見やすくなるようにと努力をしていますが、ついさっき客観的に見ましたがそんな努力を微塵も感じさせないくらいごちゃごちゃしてるんですな。はは。


ブログの記事以外にフライヤーやツイッターを掲示できるようにしているせいもあるんですが、いっそのことこの見にくさの波にユーもライドオンしちゃいなよーと手招きするような気分で書いていきたいなと思っています。開き直ったほうが強くなれるってこともあるんだぜ!


話戻って毎日ブログ更新している云々。これは少し批判になりますが、基本的にというかやっぱりというか、内容がないわけです。全てのブログを検閲しているわけではありませが、内容がない、という点は共通していると思います。かくいう僕のこのブログも見る人が見れば当然内容がないわけですがー(笑)


そもそもなんでサラミとジャッキーカルパス云々となったかと言いいますと、この頃は毎日レタスや新タマネギやらをサラダで食べてるんですが、味にアクセントをと思ってスーパーで78円とかで売ってるジャッキーカルパスをスライスしたり刻んだりして乗せたり散らしたりして食べたりしてるんです。ま、細かく刻んだときは野菜からもパラパラ落ちて皿の底に散らかったようになっただけで口にはほぼ入らずに涙で夕日が滲みました。

サラミってもっと高いイメージがあったんですが、安く売られてるのがだいたいがジャッキーカルパスという名前で売られていて、そこに社会の闇と言いますか労働者と経営者の収入と支出の違いと言いますか、そういう因果かがあるのではないかと思ったんです。実際はイタリアでだとサラミ、ロシアだとジャッキーカルパスっていうことらしいんですが、正直安くて安全なら何でもいいです。



先日の三億円事件から某YOUTUBEで時空警察という過去のドラマの存在を知りまして、昨日は一日中見てへらへらしていたんです。結構面白いんですよね。あんまり陰謀論とかオカルトじみた視点とかは好みではないんだけど、ドラマの作りが優秀だなぁと感心していたんです。

タイムマシーンで過去の事件の現場に行って真相を突き止めるということですが、その時空を超える描写がまずぞんざいで良いわけですよ。毎回使い回しの映像にそんなとこに金使わずにロケーションや脚本に金かけるんだよ!という意気を感じました。

信憑性は見た人の感覚で違うんでしょうが、真相はどうあれちゃんと調べないと話の筋もクソも出来ないわけですからその点を僕は良いなぁと感じるんでしょうね。

ちゃんとお金をかけるか、ちゃんと時間をかける。商品や作品としての強度を高めるにはそれしかないとSEMODAI 2を作って思いますね。お金がないなら時間をかける。時間が惜しいならお金をかける。その点は移動手段がタクシーか公共機関かっていう理屈と似通っていますね。でも少なくとも表現であるならば、結果以上に過程にこそ作家性や表現の本質が息づいているはずと僕は思いますので、可能な限り、時間の許す限り自問自答を繰り返すべきだろうと思います。




R0018060.JPG
R0018052.JPG
0001.jpg
0001 8.jpg
DRSE-2017_h4-1.jpg
posted by さだおか at 11:33| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | セロニアスモンク大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする