2016年12月27日

今夜は100BANホールでセッションホストです。

今夜です。

12月27日(火)三宮旧居留地 100BANホール
ジャムセッション
西垣ドラミpiano 泉正浩bass 定岡弘将drums
開場19時半頃 開演20時 終演22時頃
1500円
http://www.100ban.jp/studio/index/

スケジュールでは高橋さんになっていましたが、今夜のホストピアニストは西垣さんでした。コピペで墓穴掘りましたね。反省!

今夜で今年の演奏は終了です。今ちょっと意識的に人の音を聴くことに重点を置いていますので、今夜も新しい発見が出来たらと思います。歌も楽器も、ヤンヤヤンヤとお越しくださいね!
posted by さだおか at 09:22| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | schedule | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

東京日記3

車中二泊で結果的にちゃんと枕に頭を乗っけられたのは歌舞伎町のカプセルホテルだけでした。前回の遠征時と同じく、露天風呂のあるカプセルホテル。実は新宿の別のホテルをと思っていたが、HPを確認したら年内に閉館するということが分かり、感傷的な気分が勝ってしまい予約を即決していたのだった。

当日感傷を引きずったままホテルに着くと、どうも視界の隅に寂しさや悲しさみたいなものが染み付いてしょうがなかった。これはこっちの問題なんだけども、一旦そういう風になってしまうと従業員の表情や挙手までもそういう風にしか見えなかった。

歌舞伎町のど真ん中にあるカプセルでさえ閉館かと何度も反芻しながら湯船に浸かったりサウナに入ったりして過ごし、寝床のカプセルでぼんやりと「こんな施設他の施設に直そうと思って相当高く尽くし、第一にこんなカプセルとかどうすんだろうか?タオルもたくさんあるのに全部廃棄処分か。シーツとかホテル名の入ってないものはリースとかだろうけど、名前の入ってるようなものはゴミになるんだろうな」みたいなことを考えていた。

どうせ寝るだけならビジネスもカプセルも関係あるまい。むしろ休むということを考えたら大浴場のあるカプセルの方がリフレッシュできるのではないかと思ったことが発端だったが、思わず露天風呂の風情に出会えて嬉しかったし、そのことを元に「不在」という文章も書いたりした。

これからも定宿のように使おうと思っていた矢先の閉館には正直寂しかった。形見という訳じゃないが、帰り際に一枚タオルを盗んだ。立派な窃盗だが、どうせ閉館するからと許してくれるような気がした。誰が許してくれると思ったのか分からないが、残像みたいなものをどうしても手元に置いておきたかった。
posted by さだおか at 12:51| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

東京日記2

めしばな刑事タチバナ

東海林さだお


今回の東京行きはライブの他にも目的があった。それを説明するとなると二泊三日くらいの旅行に行かねば説明できかねん内容だが諸々割愛すると冒頭いきなりあった二つの名詞にたどり着く。キーワードは蕎麦と荻窪。


まずは蕎麦。この場合の蕎麦は立ち食い蕎麦屋を意味すると思ってほしい。前回二月に東京に行った時に一軒だけ立ち食い蕎麦屋に入った。立ち食いとはいえ値段帯がそうなだけで、椅子がある店も多い。もりそば300円前後で食べられる店を勝手に僕はそう呼称する。その蕎麦屋での食事を中心に空いている時間は過ごそうと思ったのは前回新宿の思い出横丁のかめやという路上のカウンターのみの店を夜中に見て、夜食はここにしようと決めて写真を撮って帰ってきたら閉まっていたという悪夢から9ヶ月後のリベンジも果たさねばという思いもあったのである。

その欲求が刺激されたのが先に書いためしばな刑事タチバナという漫画原作のドラマだった。内容云々は割愛するが、とかくB級グルメの類を蘊蓄とロマンと目一杯の愛情をもって描かれており、関西圏にはないチェーン店や、逆に京都にある王将本店への憧憬が関西と関東の距離感を感じずにはいられないようなこともあったが、とかくその内容は役には立たないが面白いことが多くあるドラマだった。それを見てショックだったのが、関西と関東での蕎麦の存在感の違いだった。

個人の嗜好もあるが、僕にとって蕎麦とはうどん屋のメニューに「かけうどん・そば」という風に表記される程度のものでわざわざ蕎麦屋に入って食べたいと思うようなものでなく、ざるそばとてうどん屋で食べて満足していたのだった。しかし関東圏ではそれが逆転とまではいかないにしても、それに近い価値観となるようだと理解した。

そしてそのタイミングでさらに奮起するように東海林さだおさんのエッセイ「偉いぞ!立ち食いそば」を再読。東海林さんは西荻窪に仕事場があり、その駅前の富士そば全メニュー制覇を掲げ奮闘するさまを書いた名エッセイ本がそれだ。結局は制覇は無理だったのだが、富士そばの社長との対談もあり、少なくとも富士そば未経験者にとって富士そばのススメ的な内容で、未見なる富士そばへの妄想は肥大化すること間違いない。ここでライブ翌日の昼飯に西荻窪の富士そばに行くということを決め、ホテルチェックアウトが10時だから、まず帰りのバス乗り場の東京駅のロッカーに荷物を置きに行ってから中央線で高円寺から西へ各駅を歩いて行けばちょうど腹が減る頃に西荻窪に着くだろうと予想した。


結果的に行った蕎麦屋と食べた蕎麦を書く。

11月16日14時頃 新宿 かめや 天ぷらそば330円
11月17日1時頃 新宿 嵯峨谷歌舞伎町店 もりそば290円、かきあげ100円
11月17日10時頃 新宿 千曲そば もりそば大盛り360円
11月17日14時半 西荻窪 富士そば ミニかつ丼セット 値段忘却500円くらいだったような
以上。

ライブに来てくれた人のお勧めで嵯峨谷行きました。いわもとQという蕎麦屋を探しきれずに、何度も通った道に嵯峨谷があり、これも救いかと吸い込まれていきました。揚げ物も美味しいと聞いていたが、油が悪かったのか歌舞伎町ゆえか少し油臭かったです。でも100円だからね、美味しく食べます。

やはり普段蕎麦食いでないためか、暖かい汁物の蕎麦を食べると心のどこかで「うどんが食いたい」という気持ちが出てしまうので、寒かろうが潔くもりこそ蕎麦食いと勝手に思い込んだのでその選択肢以外なかった。(かめや以外)どの店もイメージ通りシャキッとスルッとズズズッと美味しく、関西での駅蕎麦や立ち食い蕎麦のそれとは比べようもない蕎麦中の蕎麦といった趣で、これで300円なら牛丼より断然こっちやなと思いましたし、24時間の店も多く飲んだ後にラーメンでなく蕎麦という選択肢の方が翌朝の胃もたれや罪悪感は軽くなるかなと思った。

とはいえ食文化の違う関西圏には関東チェーンの蕎麦屋は簡単には進出してこんだろうなと簡単に想像がつくので、また東京に行くたびに立ち食い蕎麦を楽しみにしようと思う。今回行けなかった梅もと、いわもとQ、笠置そば、ゆで太郎、小諸そばもいずれはと思う。

中央線を歩いた印象は、各駅に王将があるという驚きだった。

IMG_4321.jpg

IMG_4318.jpg

R0017606.jpg

R0017616.jpgR0017617.jpg

R0017632.JPG

posted by さだおか at 14:12| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20161209@big appleの一部公開



動画公開しました。

そして昨夜というか今朝というか、とにかく使い方が分からなすぎiMovieと格闘しながら編集した動画データとこれまでのデータが消えました。なんのこっちゃさっぱりです。猫かお前は!とMacを睨み付けてもしゃぁないんですが、どうもiMovieの不調から来ているような感じですね。別のアカウントでは使えたから。

まぁ愚痴もたまには聞きなさいよ。

ここ数日東京日記を書かなければと思ってるんですが、いざパソコンの前に座るとミックスをしてしまうわけです。優先順位を考えてのことなんですけど、とはいえそっちばっかりやっててもしょうがないし、かといってブログを積極的に更新することで何かこうワンランク上のおっさんになれるかというと違ってて、結局「まずは食わねば」と大安亭に買い物に行ってクックパッド見て料理してって感じで時間を過ごしているわけであります。

あぁ、あと2月の東京のライブのフライヤーも二週間くらい前に野津に「じゃ作ります」って言ってから何にも進んでないや。いや、進んでるんだけど、悩んでるわけですけど・・・モジモジ。

まぁとにかく動画見ておくんなさいや。そんで良かったらライブ見に来てくださいや。面倒だけど菅原文太のモノマネしてこの行は読んでおくんなさいや。
posted by さだおか at 11:41| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

20161209

昨日の関谷さんとの感動の再会ライブは良い内容だったんじゃないでしょうか。ご来場の方々ありがとうございました!

ベースレスという編成が功を奏したという以上の効果がありましたね。

曲をやっても全員バラバラだけど、曲は進むし動いていく。まさしくモチアン。また動画編集して公開する予定です。

1st
nutty
you go to may head
sokkyo
come sunday

2nd
in a mellow tone
I've got crush on you
till we meet again
come rain or come shine
港が見える丘

自分の性壁でしょうか、どうしても最後の曲はしっとりと終わりたいという流れになりますね。例えばアンコールを願われてもいつもバラッドのテーマだけとかそういう感じでやりたがっているんです。本編にしてもそうなんですけど、中盤に重心を据えて曲順を考慮していますね。


来月はセモ大です。こちらもどうぞよろしくお願いします。
semodai.jpg
posted by さだおか at 11:54| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

東京日記1

23時過ぎ、梅田から高速バスに乗った。三列シートのアイランド席。ちょうどバスの真ん中でトイレの真ん前だった。「出入りがあると眠れないかもしれない」と思いながら荷物を窓際頭上の棚に上げ、上着を脱いでいたら前の席に座った兄ちゃんが「席倒してもいいですか?」と聞いてきたので「どうぞ」と答えた。このときやっと上着を脱いで、一旦座席に腰を下ろして靴の紐を緩めようとしたところだった。屈もうとしたときに前の座席が倒れてきたので、オッと姿勢を戻すも止まる気配なく、倒せる限界まで倒してきた。

「嘘だろ?」と思いながらややスローモーションに見えた。
「嘘だろ?もう靴ひもも解けないじゃないか」と瞬間的にキレそうになったが。倒していいと許可したのもこちらだが、いくら許可されたからといって万全の姿勢でなく準備中の人間がいるのにフルで倒すか?倒すのか?さっきの「倒していいですか?」って挨拶みたいなもので、こちらとしても「倒していいけど、僕が準備万端になるまでは様子見ながら倒してくれるよね?」という想いで「どうぞ」と答えたわけである。これでは開店準備中のラーメン屋を覗いてきた客が入り口から顔だして「まだ早かったですか?」というので「まだだけど、外は寒いから中で待ってもらっても構いませんよ」と店主が返事したのを聞いて座席に着くなり開店準備を急ぐ店主の背中に向かって「ラーメン!水は!」と言うようなものではなかろうか。

悶々と前の席の男の後頭部を睨みつけながらどうにかこうにか脇腹を攣らせながら靴を脱ぎ、倒れた前の座席の下に置いたカバンの中から音楽プレーヤーをノールックで探しだした。その間目の前の男は煌々と明るい携帯で女だろう相手に「今から梅田でます!楽しみ!」みたいな連絡をラインで取っていた。無表情で。背もたれを全開で倒して。後ろの男に睨まれながら。


バスの待合所でも「お前(ら)どないやねん」ということがあった。

待合所は様々な目的地のバスが絶えず出発しては、どこからか来て、また出発するという非常に活気のある場所で、スタッフの人たちもベンチコートを来つつどのバスが着きました、どのバスが出発5分前ですとか常に何かしらの情報を半ば叫びつつ誘導に勤しんでいた。とはいえ、乗客も能動的且つ自主的に自らが乗るべきバスの情報を聞き分けて正しい行動を取らなければ自分だけじゃなく他人にも迷惑をかける雰囲気だということはひしひしと感じており、手に持ったチケットやスマホの予約画面を始終確認している人が多い。発車5分前になっても来ていない乗客外いる場合はスタッフのスマホやイヤホンに連絡が来るようになっており、その乗客の名前とバスの番号を連呼してくれるということも目の当たりにした。

僕が乗るバスの便の一つ前の便のバスが定刻なのでと続々と出発する中、何度も名前を呼ばれているのに現れない乗客をギリギリまで待つバスがいた。それでももうこれ以上待つと次々と入ってくる他のバスに迷惑がかかるとトランクを閉め、運転手が乗り込もうとしたときに、僕の目の前に立っていた二人の女子大生風の女が「前田(仮名)って私も前田です!え!?このチケットってあのバスですか?」と名前を叫ぶ女性スタッフにかけよりながら聞いた。「あのバスです!急いでください!」と最低限の返事のみでバスの方向を向き、乗客がいたことをバスの前にいたスタッフに示した。間一髪で乗れたのだが、じゃあ一体その女たちはすぐ目の前で発狂寸前に叫んでいたあのスタッフの声はどう届いていたのか、また自分の乗るべきバスの番号や時間をどうしてもっと入念に確認しないのかと不思議でしょうがなかった。待っている間の彼女たちは他愛もない話をしている風で、バス乗り過ごしたら予定おじゃんやもんね!という緊張感に欠けていたのは明らかだった。

どういう気持ちやねん!?という気持ちになった夜だった。


そしてバスは走り出し、自分の背もたれも倒したことで多少のスペースも生まれたので、どうにか深夜バスに対する体勢を整えたのだった。

その後何事もなくバスは東京を目指した。明けて朝、町田が最初の降り場で前の座席の男が急いで荷物を手に降りて行ったが、案の定倒した座席を戻すことなく降りて行ったのだった。またも怒りに震えながら体をよじって操作バーを引いて戻していたら、忘れ物の確認に懐中電灯を手に男が戻ってきた。「あれーあれー」と小声で独り言を言いながら何かを探していた。

午前9時過ぎ。定刻より少し遅れて新宿南口のバスターミナルに着いたのだった。


IMG_4257.jpg

R0017551.jpg

IMG_4264.jpg

R0017586.jpg

R0017538.jpg
posted by さだおか at 10:07| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

12月以降のスケジュール!

あと一ヶ月で今年も終わり。早いです。こんな早さだとすぐお爺ちゃんになってしまいそうですが、ライブ頑張りますので見に来てください!だって今しかないもんね!


12月


6日(火)北野 BASIN STREET ヴォーカルジャムセッション
高橋俊男Piano 泉正浩Bass 定岡弘将Drums
開場19時 開演19時半
¥1,500
http://www.basin-st.com/



自主企画!
9日(金)神戸 BIG APPLE
スキャン 4(1).jpg
関谷友加里Piano 當村邦明Tsax 定岡弘将Drums
開場19時 開演19時半
¥2,300 予約¥2,000
http://www.geocities.jp/kbigapple/





自主企画!
11日(日)春日野道 のぞみ青果 AFTERNOON JAZZ LIVE
スキャン 3.jpg
横尾昌二郎Tp 浅井良将Asax 武村一輝Bass 定岡弘将Drums
開場14時 開演14時半 終演予定16時半過ぎ
¥1,500
http://kasuganomichi.com/nozomiseika
セカンドセットにはセッションタイムがあります!楽器持参でぜひ!電子ピアノ、ギターアンプもあります!





18日(日)北野 SONE 昼ソネ
西田仁piano 坂崎拓也bass 定岡弘将drums 高橋リエvocal
開場13時半 開演14時 
1,000円1ドリンク付き
http://kobe-sone.com/



自主企画!
21日六甲 神戸ALWAYS PLAY JAZZ STANDARDS LIKE A SOKKYO
スキャン 1(1).jpg
當村邦明Tsax 薮下学Guitar 井上歩Bass 定岡弘将Drums
開場19時 開演19時半
¥2,500 予約¥2,000 学生1,000
http://always-kobe.net/





22日神戸 BASIN STREET Xmasスペシャルライブ
小柳淳子Vocal 中山瞳Piano 坂田慶治bass 定岡弘将Drums
開場19時 開演19時半
2000円



27日(火)三宮旧居留地 100BANホール
ジャムセッション
高橋俊夫piano 泉正浩bass 定岡弘将drums
開場19時半頃 開演20時 終演22時頃
1500円
http://www.100ban.jp/studio/index/






1月


3日(火)北野 BASIN STREET ヴォーカルジャムセッション
高橋俊男Piano 泉正浩Bass 定岡弘将Drums
開場19時 開演19時半
¥1,500
http://www.basin-st.com/



13日(金)明石POCHI CYNDIカルテット
CYNDI vo 高橋俊男pf 泉正浩ba 定岡弘将drums
1st 19:30 2nd 20:40 3rd 21:50
¥2,600
http://www.pochi-live.com/




自主企画
15日(日)春日野道 ギャラリー神戸天昇堂
sketchi201701.jpg
sketch
定岡弘将ds 野津昌太郎gt
開場19時 開演19時半 
投げ銭制
飲食物の提供はありません。持ち込み可。差し入れは大歓迎!




自主企画
1月16日(月)元町 cafe萬屋宗兵衛
萬屋.jpg
定岡弘将ds 浅井良将as 野津昌太郎gt 石川翔太ba
開場19時 開演19時半
当日2,300円 予約2,000円 学生1,500円
http://www.soubei.co/





22日(日)明石POCHI スペシャルジャムセッション
高橋俊男Piano 泉正浩Bass 定岡弘将Drums
開場18時半 開演19時
¥1860
http://www.pochi-live.com/



24日(火)三宮旧居留地 100BANホール
ジャムセッション
高橋俊夫piano 泉正浩bass 定岡弘将drums
開場19時半頃 開演20時 終演22時頃
1500円
http://www.100ban.jp/studio/index/



リーダーバンド再始動!!!
31日神戸 BIG APPLE SEMODAI
semodai.jpg
當村邦明Tsax 関谷友加里Piano 畠山令Bass
開場19時 開演19時半 
¥2,500 予約¥2,000
http://www.geocities.jp/kbigapple/
セモ大復活です。約二年ぶりのライブ。ぜひ。





東京再訪!
2月22日(水)下北沢apollo
KYO-SHIN
野津昌太郎guitar 定岡弘将drums 加藤一平guitar
開場19時 開演20時 
投げ銭
posted by さだおか at 10:32| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | schedule | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする