2016年08月31日

20160831 

先日の台風の影響での一日中ザァザァ降りの日からというものすっかり穏かな気温、穏やかな空、涼しい夜、という風に変わってしまった。去年の夏も、台風が夏を連れて消えてったようだったが、今年もこのまま変わってしまうのだろうかと憂いてしまう。もう少し、夏を感じたい。

そう。夏が暮れてゆく。それでもかつてほど絶望感というか、寂しさ侘しさで胸がつかえることもない。そのことにこそ絶望感というか、寂しさ侘しさを感じなくてわならないのだけれども、かつてほどの、という目安が、言葉を感情から掬い上げるときに引っかかって来て安堵したりすえうが、やはり哀しいものである。

先週の8月23日に、0823という数字の並びに妙に引っかかるものがあり、一日中考えていた。夜中に散歩しながらやっと思い出したのだが、かつてGLAYが「とまどい」というシングルを発売したのが、2000年の8月23日だった、ということである。

その当時、片思いをしながらも、どうもうまくゆくことはないと諦めるような、それでもふと顔を見たときにその人のことで胸にいっぱいになるような気持ちでいっぱいだったときに、そのシングルをリベラルというスーパーマーケットの向かいにあったツタヤ(元シティオ)で買って、冷房の効いた肉屋の仕事場で開封したことを今でも鮮明に覚えている。その歌の詩の一文に、自らの片思いをダブらせながら聴いたものである。

16年も前の記憶にいまだに雁字搦めのようになっているのもどうかしていると自分でも思うが、こればっかりはどうしようもないかなと思っている。

今年の夏の終わりの夕方は妙に穏やかで、寂寞としていてとても切ない。ベランダに干した洗濯物が時折揺れている様子も、心地よさげで、なおのこと辛くなる。
posted by さだおか at 16:18| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

20160830 波よせて。

大安亭市場の南、コミスタこうべであった夏祭りに行ってきた。

同窓会的な目的の往復葉書を返送しようと郵便ポストを探してふらふら歩いてたら、大安亭のとこまで行ってしまった。その道中「今日は浴衣の子供がよくいるなぁ」なんて思っていたら、運動場に櫓組んでやんの、自治会の露店が出てやんので、盆踊りの気配むんむんでやんの。で、会場であるコミスタに入ったら大音量でクラムボンがカバーした名曲「波よせて」が流れていて、春日野道の盆踊りは前衛化しているのか?と戸惑ったが、櫓周辺はたこ焼き食ってる人や、アサヒスーパードライでタコ化してる人や、タコせんと称しながらえびせんにソース塗って天かす散らしただけの食べ物を手にした子供や大人が散り散りに立っているだけで、踊りはもっと暗くなってからみたいだなぁと思いながら、早速金券を購入して、僕もアサヒスーパードライ(250円)にて早速タコ化したのであった。

金券を500円分買うと、抽選券が貰えたので、例のガラガラをガラガラと回したら二等である赤玉が出たのだった。僕よりも先に抽選を担当していたおばちゃんが「二等〜!?」と大きいリアクションをしたので、妙にもじもじしながらどんな商品をくれるのだろうかとおばちゃんの向こうの商品が並ぶ机に目を向けると、「まさか米じゃねぇだろうな!ヒュウヒュウー!」と思っても仕方がないようなルックスの包装のブツに二等賞の熨斗が巻かれていたので、胸高まったのも一瞬。さっきのおばさんが軽々と片手で持ち上げて、「はい、二等賞。おもでとう」と手渡されたそれは、ポップコーンのお菓子の詰め合わせであった。味が三種類でそれぞれ三個ずつ入ってるそうだ。

米ほどにはありがたみはなかったが、三等賞のハート形の小物入れに比べると用途が判然としたもので良かったが、それを持って祭り会場を一周する間にも、まずその商品を見てから僕の顔を確認するかのような眼差しで見てくる視線を山ほど感じたのだった。

一旦帰宅し、夕飯を食べてから改めて踊りを見に行ったら、運動場上空が遠目に霞んでいるように見えた。門を入って分かったが、運動場で踊っているので砂埃が物凄くて、このまま入っていたら鼻毛ボーボーになってしまうと思い、遠目にアサヒスーパードライを手に鑑賞することにしたのだった。櫓の上で一人、先生と紹介される目張りが宝塚級の女性が巨大な団扇やバチやらで楽曲に合わせて踊りを扇情しているのが非常に良かったです。あの人はどこから来て、どこに帰っていくのでしょうか。そういう点でも素敵でした。

翌日の春日野道商店街の夏祭りは、昨年の経験で、あまりにも春日野道の春日野道らしい人柄の青年が多く、またその人たちの働きで盛り上がっていたので、今年は真っ昼間に行ったらそこまでの春日野道の青年の堂々とした様子は少なく、安心しながら見て回りました。三番街に飲食店が多く、その点で、非常に魅力的なイベントだなぁと感じましたが、やはり、飲食スペースとして設けられた机と椅子には春日野道らしい人物たちが陣取っていたりと、何も買うこともなく足早に帰宅したのであった。

精神的に潔癖ということでもないし、猥雑なものを良しとするほど器量は広くない。自分の一般性を確認する意味でも、春日野道のイベントは学ぶところが多いのである。

IMG_3740.JPG
posted by さだおか at 15:51| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週のスケジュール

さぁ今週の演奏スケジュールです。9月以降のスケジュールも早々に更新いたしますので、またご覧になって下さい。



8月30日(火)北野 BASIN STREET ヴォーカルジャムセッション
高橋俊男Piano 泉正浩Bass 定岡弘将Drums
開場19時 開演19時半
¥1,500
http://www.basin-st.com/



31日(水)心斎橋 COMTE ROSE
西田あつ子vocal 橋俊男piano bass未定 定岡弘将drums
開演20時
¥3000



9月2日(金)明石POCHI 
三浦敦子Piano 須崎健二Bass 定岡弘将Drums
開場18時 開演19時30分
¥2600
http://www.pochi-live.com/



4日(日)Bar MARTINI主催 KOBE Sunset Jazz Cruising XV
以下https://www.facebook.com/events/272121886496764/より転載。

出演メンバー 
 1階ステージ 
   司会:楠元なおこ(Vo共)、
   川瀬健(pf)、山下ケンケン正恵(pf)、安河内大介(bs)、
   中島幹雄(ds)、中田正一郎(ts)
 2階ステージ 
   Ravi(vo)、古谷光広(ts)、浅井良将(as)、越山満美子(pf)、
   石川翔太(bs)、定岡弘将(ds) 
 
       ミュージシャンの楽器持ち込み大歓迎!   
       プロ、アマ問わず大いに盛り上がりましょう(^u^)。

集合場所:中突堤中央ターミナル1番(ポートタワー西側)
         オーシャン プリンス乗場前

時   間:16時30分    受付開始
       17時30分    乗船開始
         受付順にて乗船(整理券発行します)

会   費:5000円( ドリンクフリー)
       チケットは、当日までにお店でお買い求め下さい。 
       (150名定員)

注   意:雨天は決行予定ですが、
       台風等の荒天では中止する場合がありますのでお店に
       確認下さい。

問合先 :Bar Martini ☎078-322-1117(平日 17時以降 )
      飯塚 信明   ☎090-8532-2171



宜しくお願い致します。
posted by さだおか at 15:20| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

自主企画のフライヤーが出来ました。

10月に4本と集中していますが、どの内容も面白いので宜しくお願いします。





スキャン 3.jpg
10月18日(火)神戸ALWAYS
「PLAY JAZZ STANDARDS LIKE SOKKYO」
定岡弘将DRUMS 當村邦明T.SAX 畠山令BASS
開場19時 開演19時半
当日2,300円 予約2,000円
http://always-kobe.net/



スキャン 1.jpg
10月27日(木)春日野道 ギャラリー神戸天昇堂
「天狗の鼻はに度折れる」
作・朗読 定岡弘将  
音楽 野津昌太郎
開場19時 開演19時半
1,800円 
飲食物の提供はありません。持ち込み可能。差し入れは大歓迎。



スキャン 4.jpg
10月30日(日)春日野道 ギャラリー神戸天昇堂
SKETCH
定岡弘将DRUMS 野津昌太郎GUITAR
開場19時 開演19時半
投げ銭
飲食物の提供はありません。持ち込み可能。差し入れは大歓迎。



スキャン 2.jpg
10月31日(月)神戸 BIG APPLE
discommunication ensembles
定岡弘将DRUMS 野津昌太郎GUITAR 當村邦明T.SAX 井上歩BASS
開場19時 開演19時半
当日2,300円 予約2,500円
https://www.google.co.jp/search?q=KOBE+BIGAPPLE&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox-b-ab&gfe_rd=cr&ei=IXq-V5TdIbPf8AfFqoH4CQ


posted by さだおか at 13:56| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | schedule | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20160825

先日のBIG APPLEでの自主企画にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

1セット目は即興演奏を主体にしながら、オーネットコールマンの「lonely woman」を用いたりしつつやりました。当初ボイスをする予定はありませんでしたが、内容の良い即興演奏に興奮してしまい、そのとき持っていた「天狗の鼻は二度折れる」の原稿からと、その前日に見た路上のピーマンを元に即興的に話を作ってしました。

即興に限らず、楽曲を演奏する際もそうなんですが、共演者の次なる動き、今演奏している意思や目的さえも手に取るように分かり、そしてこちらの意思も相手に伝わっているという確信を持てるような瞬間というのは、良い時間という形容以外に僕は言葉を知りません。この日はそんな感じでした。集中力が漲る、とかではなく、三人で立ち向かっているという感じがしました。信頼感というか何というか分かりませんが、やっていて楽しかったです。

そして2セット目は楽曲を演奏しました。友人や某氏のオリジナル二曲とジャズスタンダードを二曲。こちらも楽しい時間でした。

僕はこの日の昼間は神戸文化ホールで行われていた某ジャズコンクールのスタッフとして働いていて、駅までと駅からの距離を考えても、ホールからビッグアップルまで歩くのと大差ないと思い、夕方の刺すような日差しの元歩きに歩いて、フラフラになってしまっていたので、不安でしたが、集中力というか根気みたいなもので乗りきったことで自信が付きましたね。ライブ後は疲れが吹っ飛んで、またビッグアップルから春日野道の自宅まで徒歩で帰りました。翌日クタクタでしたが(笑)
posted by さだおか at 13:45| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

今夜は大林檎へいっらっさい。

本日です!

8月21日(日)神戸 BIG APPLE
當村邦明Ts 井上歩Ba 定岡弘将Drums
開場19時 開演19時半
当日2,300円 予約2,000

関わりあうことで関わらないという強い意志を見せる。そういうたくましいアンサンブルを目指しています。

即興は楽曲のように、楽曲は即興のように。

宜しくお願い致します。
posted by さだおか at 08:31| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

20160817 夏過ぎて。

2016年の夏、淡路で過ごす最後の夜にやっと海に行けたのだった。

炭酸は自宅で飲んできたので、じんわりゆっくり飲みたいときは最近はウーロンハイが多い。
IMG_3706.JPG

透明のカップで飲むとなお美味い。
IMG_3713.JPG

忘れ物の浮き輪で遊ぶ姉妹。
IMG_3716.JPG

日が暮れて二合。
IMG_3720.JPG

トイレ行くの面倒になって、海に放つ。浜に人影はなし。歌いながら、泣きながら、放った後の月。
IMG_3730.JPG

よいよいの三合。
IMG_3734.JPG




夕暮れを感じたくて、16時過ぎに実家を出発。一旦海に一番近いスーパーで缶チューハイを買って、それを片手に遠回りしながら海の方角に歩きながら撮影。自分の視点がボヤけているせいか、どうも景色が眼球に定着しない。自分にがっかりしながら歩き回って、浜辺を素通りして釣り人がいる防波堤の先っぽまで歩いた。


そういえば、スーパーに入ろうとしたときに駐車場でボコンと音が鳴ったので振り返って見ると、おばさんが一人で乗っていた車が、後ろに夫婦で乗っていた車があるのも気づかずに後退して衝突していた。ポカンと口が開いたおばさんに対し、ガーガーと嚙みつかん勢いの後車から降りてきた旦那と困った顔の嫁。「死んだり怪我してなくてよかったネ」と傍観者としての感想を胸に書き留めつつ、ともすれば自分が事故の当事者になるかもしれないなぁと気分を引き締めつつ入店した。おばさんには悪いが、本来は僕が巡り合うべき事件や厄みたいなものが数メートルずれて当たってしまったんだろうなと納得もした。だからこそ余計に、あれくらいで済んで良かったと思った。


海ではいろいろなことを考えていたような気がするが、何にも考えなかったような気もする。DJ気分で、ポータブルプレイヤーから選曲して、最後はスラッシュトリオ4の最後のソロピアノ聴いて号泣でした。


昨日の夕方洗濯物を干していたときに無性に寂しさを感じた。実家ではずっと家族の誰かが近くにいたし、その日の昼間も友人と食事したりしていたので、ベランダで生活音以外の音が聞こえない、自分の衣擦れや吐息や独り言以外がない状況と空模様に不安があって、少し過呼吸になるくらい寂しさが込み上げてきた。やるせない気分のまま練習をしてどうにかやり過ごした。
posted by さだおか at 11:09| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

20160815 本日は芦屋ejにてセッションしております!

本日です!

15日(月)芦屋EJ ジャムセッション
高橋俊男Piano 泉正浩Bass 定岡弘将Drums
開場19時 開演20時
¥2,000
http://ej-ashiya.com/


8月に入ってから約十日ほど淡路島の実家にて過ごしておりましたが、今日神戸に戻ってまいりました。常々こういう時に意識的に淡路島には「帰る」、神戸には「戻る」という言葉を使っています。こういうところを意識的にしまうあたりが自分のあり方を端的に表出しているところかなぁと思います。

実家というものは自分の腹具合に関係なく時間ということで食事が供されたり、食卓というものが出来上がっていくもので、19時に晩酌して20時に食べ終えたところで田舎の夜は長く、23時頃まで練習したり映画みたりしてなんとか時間を過ごしても、その頃には晩酌のALCは醒めてしまっているので再度飲酒をということになってしまうのであります。というか、おとなしく22時過ぎには寝りゃいいんだろうけども、どうも習慣的なことで多少の抵抗があったりするわけです。

そして神戸に戻った初日に夜型の生活へと急ハンドルを切るんです。

酒も飲みすぎたなと反省するほどに飲みました。だから神戸に戻ったら節酒もしくは軽い禁酒を心がけようと思いましたが、今夜は高橋トリオですので、終演後の反省会までがワンセットですのでその方面でも早くも急ハンドルというか、一日延長という感じで乗り越えていきたいと思います。

出発するまでに少し仮眠をとって、夜に立ち向かいたいと思います。

皆さんのご来場をお待ちしております!
posted by さだおか at 14:33| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | schedule | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

20160804

今週と来週の半分以上は淡路島にいる。そう、昨日までいた。今日四日は神戸にいるが、明日の今頃はまた淡路島だ。


毎年恒例の母校の吹奏楽の演奏会の監督と実家の手伝い。だから、わずか数日だけども二週間が過ぎるまで神戸にいても気分はふわふわして落ち着かない。たった数日でこんなだから、きっと一生上京なんてしない。淡路島や実家まで小一時間の距離圏にいるだろうなと思っている。


一度切った豆苗に水をやって育てていたのに、神戸を離れた四日ほどでしおれてしおれてしょうがない状態と化していた。冷静に考えずとも当たり前だ。日中35度の屋外。人間だって四日間つっ立ってたら何リットルの水分がいるか・・・。


演奏会の監督といっても隅から隅までというわけではなく、主体は生徒であって、彼ら彼女らが絵に描いた演奏会のビジョンに具体性と客観性を持ち込むのが仕事だと思ってやっている。自分としては演出というと言い過ぎだが、そういう視点で全体の流れや構成に関しては積極的にアドバイスしている。演奏内容に関しては基本的にノータッチ。あくまでも監督や演出として関係したいという気持ちが強くてそうしているが、打楽器の連中にだけは時折口うるさく言ってしまう。

演奏会は三部構成で、一部はポップスや軽めの楽曲中心、二部はステージマーチング、三部は吹奏楽曲や重めの楽曲が中心だったが、その年々によって違うが二部は必ずマーチングをしている。しかも選曲から指揮、振り付けやシナリオや照明、スポンサー獲得から印刷物の制作まで全て生徒だけでやっている。大きな金額に関しては先生が大人同士で話をつけているみたいだが、プログラムや衣装その他の経費等のそこまで大きくない金額に関しても生徒が動いている。

僕の主な仕事としては四月か五月に演奏会の内容の大まかな構成をまず打ち合わせ、生徒だけでは出てこないようなアイデアや希望を引っ張り出したり投げかけたりすることから始まる。そしてそれを元に生徒たちが話し合って構成を練ってきたのを台本化したものの細部を詰めるのが六月くらい。で演奏会前の合宿や夏休みの連日の練習風景を見て三次元化した台本をさらに洗練さを加えると同時に、やっている本人たちに意味や役割、仕事や存在意義を説明するつもりで触れ合ってみる。

ここね、「触れ合ってみる」ってのがポイントで、具体的には言いません。全然言いません。ただ、こちらとしては一人対一吹奏楽部という関係性だと思っているんで、それくらいの気合の入ったパワーつーか情熱というか、執念みたいなものを視線やちょっとした助言や練習内容に関して口にたり、動きにしたりするわけです。信じてほしいと願うなら、まずはこっちが全力で信じなきゃなぁという信念で臨むわけです。十代が50人くらいいて、それをグワっと先導したり扇情したり褒めたりたしなめたりするっていうのは体力じゃなく気力しかないと思っています。


まぁそういう風なことを夏はやっていたりするんで、自分の音楽活動は二の次ってわけなじゃないけど、自主的には組もうとしませんね。でも、今年も彼ら彼女らが空調のない教室で汗だくになって、たった一回の演奏会のために練習したりしている様子を見ていて感じるものがありました。何かそれが僕の表現の大河の一滴のような存在になりつつあるのがわかります。それとここ最近の集中的に読書している内容からと繋がるような予感もしていて、こういう活動をしなくては表現の種を見つけたり生やしたりすることが出来ない不器用さに付き合いきれん時もありますが、だからこそオリジナリティなんだろうなと思ったりしています。


今週末の演奏会に向けて今を夢中で過ごしている彼や彼女たちに、いつかまた夏になったら思い出してほしいな、なんてくらいのエゴは胸に抱きつつ滾った胸の内を恥ずかしげもなくさらけ出しています。ドラマーとしてのライブとなんら変わりなく、高校生たちに突き刺さっていってるんですよ。迷惑な話ですよ、ほんと(笑)
posted by さだおか at 09:59| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする