2018年09月17日

明日は梅田オールウェイズです。

0001 2.jpg



9月18日(火)梅田 umeda ALWAYS
Radical Jazz Standard Quartet(RJSQ)
當村邦明 Ts 藤川幸恵 Pf 森定道広 Ba
開場19時 開演19時半 
チャージ 当日2,500円 予約2,300円 学生1,500円
http://www.always-live.info/




昨年から始動して、先月は奈良ブルーノートでもやりましたが、最近力の入っているグループです。このままアブラが乗ってくるようならば音源化も視野に入れたいなぁと思ったり思わなかったりしています。その前に、今ミックス中のディスコミュと来年録音予定のセモダイを作らなきゃね!



曲は全曲ジャズスタンダードです。それもセッションでやるような曲を中心にと思っています。今の所梅田より西でライブをするつもりはないので、神戸方面の皆様もぜひ足を運んで見に来てください。宜しくお願いします。
posted by さだおか at 12:06| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

SEMODAI 2の音源を公開し始めます。

発売から1年以上が経って、ポツポツとではありますが売れ続けているのですが、中身の得体が知れずとも買っていただいた皆様に感謝しておりますと同時に、これから新たにこのアルバムを手に取ってほしいと願う気持ちからアルバム全曲を公開しようと思ったのですが、モンク楽曲はそれでも良いかなと思ったのですが、即興演奏に関しては公開すればするほどに売れ行きに暗雲が暗雲が・・・ということにならんかえ!?ということから全曲とはいきませんが多くの曲を公開していきたいと思います。



また、動画中に使っている絵はアルバムのすべてのビジュアルを担当してくれた近石礼さんの作品を使用しており、アルバムビジュアルに使用していない絵も多数あり、アルバム購入された皆様も一度ご覧下さいませ!



[monk side]収録
BRILLIANT CORNERS




[monk side]収録
GREENCHIMNEYS





[monk side]収録
ROOM 206




[sokkyo side]収録
HIZUMI

posted by さだおか at 13:01| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

歌性

昨日はモンクとミンガスだけのライブでした。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。



このライブ企画もこれで三度目になるが、毎度々々演奏後は頭も体もクッタクタになる。萬屋の帰りは駅北側の串カツ屋で一杯ひっかけて帰ることが多いが、昨日は翔太も口数が減るくらい疲れていたので駅で「じゃまたゆっくり飲もうや」と交わして別れた。



僕は荒崎さんと阪神元町駅で電車を待っていたときに、ソロもバッキングもすごく歌を感じると言われた。そういえばこれまでにも歌っている、メロディーを感じると何度か人に言われたことがあって嬉しかったし、無論昨日も嬉しかった。


アドリブをしようがとにかくメロディーだろ!?というのが僕の信条である。フレーズだろうが無茶苦茶だろうがなんだろうが、その曲のテーマのメロディーさえ共有できていれば何をやっても良いと僕は思っている。極論を言えばソロの内容を聴かずともフィットした伴奏が出来るとさえ思っている。そのためには全員がある程度そういう思考のベクトルであるべきだとは思うが、とにかくそう信じている。



特にソロの時は僕はあまりテクニカルなタイプではないし、音数も叩けるようなドラマーではない。それでも何とかやってこれてきたのは先に書いた歌というものがあるからだろうと思う。リズム的に揺れたりしても、その歌(=テーマのメロディー)があればリズムを外したり狂ったりすることはない。


あとこれを今日は一番声を大にして言いたいのだが、ドラムでテーマのメロディーを叩くのを見たことがあるが、あれはドラムとしての本質性から外れていると思うんですね。僕はそんな事しなくても、メロディーを強烈にイメージして叩けば、たとえ四分音符だけずっと叩いててもメロディーが聴こえてくると思うんですね。まぁ、思うというか信じているっていう感じなんですけど、それは間違いないと思っているわけです。別にタイコ類のヘッドにテンションをかけてピッチを工夫しなくてもシンバル1枚ででもメロディアスに叩ける。いや、叩くべきなんだと思うんですね。強く強くそうイメージしてたら、無意識的にスティックを握る強さとか位置とか色々変化して、倍音とか音の長さとか変わってくると思うわけ。だから、メロディーを叩いてる人がいると、もっともっとドラムがメロディーに近づけるのにと口惜しい気持ちで見てしまうんですね。



だから昨日荒崎さんに言われた事が嬉しかったんですね。



ドラムで歌うっていうことはフレージングだグルーヴだって言う前に、どれだけ曲のメロディーを内在させているのかっていうことだと思います。人間の想像力は無限ですから、そこを使わない手はないですよね。
posted by さだおか at 10:27| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

北川秀生3の動画を公開します。

毎月遠征している北川3での演奏の様子を一部公開します。8月のライブから二つと、つい先日のライブのサウンドチェック時にコソッと撮った動画で10月の加茂のりこさんとの簡単な告知動画を作りました。ぜひ見てくださいね。
























また、野津がsoundcloudに音源をアップしていますので、そちらも是非チェックしてくださいね!僕の動画とはまた別の音源ですので是非!

https://soundcloud.com/kitagawa-trio/kitagawa-trio



posted by さだおか at 12:26| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マティーニの毎年恒例クルージングライブ

天気がどうなるのかと毎年気を揉んで気を揉んで気付けばGカップになってました。だって彼ったら毎晩求めてくるし、何より優しいし上手だしって私のろけっぱなしでキモいですか!?って天気の話でしたな。



昨年に続いて今年も無事に敢行出来ました。まずそれが嬉しかったし、たくさんの皆さんに来ていただきマスターはじめスタッフ出演者ともに安堵しております。撤収後にマスターが早速来年の九月の第一日曜日もお願いします!と言ってましたので、今年来られた方も来られていない方も是非近所の文房具屋に行って来年の予定帳を買ったらすぐに「マティーニクルージング」と書き込んで下さいね。ほんとにほんとに楽しいですから。


















IMG_9201.JPG
対岸で撮影しているアイドルのパンツが見えないかと苦心するA氏。天才的なサックス吹きなのだが、毛質がどうも犬っぽい。





IMG_9205.JPG
マイセットの稼働が少なく、実は叩きにくい。よっぽどビッグアップルやバンブークラブといった毎月のように出演さしてもらっている店のセットの方が叩きやすいし扱いやすい。




IMG_9208.JPG
出航後にパシャっとしたものの哀しいくらいの逆光。




IMG_9211.JPG
休憩中。この日は神戸空港に着陸する飛行機を真下から見るという経験をさしてもらいました。絶景でした。






IMG_9210.JPG
西の空色。





IMG_9214.JPG

船尾の水面の様子。こらええわと何枚も撮っていたが、はたからすれば「この人は何を嬉しそうに撮ってるのかしら!?」といった状況でしょうか。




IMG_9216.JPG

MC中に撮影。マスターに何してんねんと笑われるも、こういう写真で楽しそうな雰囲気が一番伝わるよね。
posted by さだおか at 10:08| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

ネット販売開始

CDを作って売る、といってもライブ開場での手売りかディストリビューション会社を通しての委託販売かしかなく、後者は約半年という契約で、それほど安定して売れなければ契約は風に消える。


そして前者に関しては、だいたいのライブに持参するも、MCで紹介するものの発売から時が経てば売れることが少なくなってくるので、そのMCにも段々とキレや熱量がなくなってくる。当然である。虚しさが募る一方では言葉もノってこない。が、ノってこないからといっていよいよ言葉として発さなくなるのは職場放棄に近い状態ではないか!と自分を激するも、やはり紹介することも、ましてや物販として並べることも億劫になる。ダメだ、俺は!


先日のSEMODAIでのライブの時にあるお客さんが一作目を手にサインを求められた。その人は前々回のライブの時から来てくれている人で、その時は「あの人は誰なんだろう?ジャズ見に来てる人かな?SEMODAI見に来てんのかな?」と半ば自嘲気味に思ったりしたのだが、先日のライブにも開場して間もなく入ってきた姿を見て内心では「あ、前に来てくれた人だ。楽しかったんだ。よかった!」と安心したのだった。


で、その人に差し出されたディスクにメンバー各自がサインをして回している時に一言二言交わしたのだが、その人曰く、1stはどこでも廃盤扱いで手に入れるのが大変だった、というのだ。その時に「実は毎回持ち歩いてんですよ〜」と答えれなくなるほどにショックがあった。そうか、欲しい人はいてくれるのだ!と思い、Amazonでも手に入るものの流通会社から新しく追加発注を受けることはないだろうか、自分でネット販売をすれば良いということでネットストアを開設しました。



https://monkdaigaku.stores.jp/





こちらのネットストアからも購入できますし、monkdaigaku@gmail.comまで連絡いただけると直接購入もしていただけます。




いやぁ、Mさんがサインを求めに来てくれたから重い腰を上げることができました。これで販売数が伸びると甘い夢を見ているわけではないが、いつでも手に入れることができる状態を作れたのではないかと思う。



posted by さだおか at 11:42| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

近況

八月が終わる。



今年はどうも夏というものを堪能したようなしなかったような気がする。



海にも行ったし、砂浜で音楽聴きながら酒も一杯飲んだし、バーベキューもしたのだが、他の月と変わらないように日常のアレやコレやに忙殺されながらどうにか埋没しないようにあっぷあっぷ息をして過ごしてきた、そんな感じだ。




特別夏が好きというわけではないのだが、こちらがどう思おうと夏というものは「俺って特別だろ!?」と遠慮なく胸倉を掴んで来るし、夏休みでレジャーや何やと金を使わそう使わそうと色々な情報が飛び交うし、その情報がいちいち魅力的だったりするし、しょうがないのだろう。




近況を言えば、今はフィリップマーロウにハマっている。他ならぬレイモンドチャンドラーという作家のハードボイルド小説の主人公である。「しっかりしていなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない」という最後の作品となる「プレイバック」からの一文だろうか。原文は「If I wasn't hard, I wouldn't be alive.If I couldn't ever be gentle, I wouldn't deserve to be alive.」とある。「タフでなければ・・・」と訳されたものが有名だが、僕が読んだ清水俊二さんの翻訳では上のように訳されていた。どちらでも構わないと思うが、どうもタフという響きには悦に浸った感じがあるが、文中ではそういう雰囲気ではなく、やはり「しっかり・・・」の方が良いのだろうと思う。




ミステリーにハマり、探偵小説にハマって、今まで避けていた外国の翻訳された小説も読んでいる。読書量は減らずに毎週のように図書館に行っている。そういえば、淡路島から帰ってきたその日にすぐにホームシックというか、にぎやかなで広い実家から一人住まいの神戸のマンションの自宅に帰って来て急に寂しくなって胸が締め付けられそうになったのだが、ヤバいなーと思いつつ図書館に行く用事があって行ったら、マティーニの常連のTさんが入口に居て「定岡くん!今度の日曜飲み会やけど来れる!」とマティーニでのいつものテンションで話しかけてきてくれて寂しい気分が一掃されたのだった。



自分の居場所というか、自分のホームは淡路島の実家と家族かなぁと淡路で数日過ごしても友人にも会わず、特に外出することもなかったのでそういう想いが一層強かっただけに寂しさに苦しくなっていたのだろうが、Tさんとそこで出会えたことで神戸にも自分の居場所や仲間がいるじゃないかと思えたのだった。結局その飲み会には参加できなかったが、あの時のあの瞬間のあの感じ、一生モノですわ。




そして翌日にはビッグアップルでライブ、その翌日から毎年スタッフとして参加しているスチューデントジャズフェスティバルに行き、またライブでならのブルーノートにも初めて行ったし、例年とは比べるまでもなく今年の八月はライブが多いのだ。そのおかげで忙しくて忙しくてテヘペロとなっているのかもしれないが、それ以上に今月はタフだけど充実したライブが多かった。自分以外がリーダーで、しかもオリジナルが中心のライブが二本あり、しかもしかも曲が難しくて美しくて、やりがい感じまくりで予習して、でも本番では参考音源なんのそので自分の曲のように叩いて叩いて叩いてきた。そう、先日の三ノ宮のリクエストでのマット・サベッジとのライブもまさにそんな感じでした。ビクともしないマットと、「こんな濃い二人に挟まれるとさすがに自分はベーシストやわ」と音楽を支えた翔太とで精一杯の演奏が出来た夜でした。




タフなライブは大変だし、汗もかくし、終わった後はクッタクタになるんだけど、充実した疲れで半笑いで放心しながら酒飲んでんですよね。そういうライブが今月はひときわ多かった!でも今月だけじゃなく、そういうライブを、そういうライブだけで生きていきたい。それじゃお金には結び付きにくいんだけれども、それでも生きていきたい。まずは今週木曜30日のセモ大だ!まさにバンド!ライクアバンド!絶対面白いから見に来てくださいね。


セモダイ0830-001.jpg
posted by さだおか at 20:41| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

そろそろ

8月も終わりが見えてきたのでそろそろ井上陽水の「少年時代」や森山直太朗の「夏の終わり」、玉置浩二の「夏の終わりのハーモニー」といった、過ぎし夏をしのぶのにうってつけのメロディーたちが、うかうかしていると脳内で自動再生されかねないのだが、この台風だ。といっても淡路島の学生時代の時のような台風に抱くある種の清々しさ(警報出て休みとか部屋でゴロゴロできるといった感じ)はなく、電車どうなんだよ!?仕事は!?帰れんの!?といったまさしく高い湿度にふさわしく鬱陶しいことばっかり考えてしまう。年をとると本当に些細なことで生活が転覆寸前劇場みたいなマンガ状態になってしまう。落ち着け!湯を沸かせ!小麦粉は振るってから使え!ってな感じには程遠くなるばかりである。





この夏は例年以上に忙しく、といっても大した稼ぎにはならずに、まさしく貧乏暇なしという様相ドンピシャの日々で余裕も休息もままならまいまま夏を堪能したのだった。で、淡路での日々を振り返る余裕すらないまま神戸での生活に戻ったはいいが、どうも蓄積した疲れが風邪っぽい状態で表面化してきた時には焦った。熱があるような、体の節々が痛いような、全身がだるいようなといったまさしく風邪っぽい状態で、内科医と同居してたら思いっきり甘えてみせるのに俺は一人だしって何度も体温計で熱を測っても平熱しかなく、というかそもそも最近の体温計は直ぐに体温が分かるが説明書曰く「直ぐ分かるのだとちょっと高くなりがちだから、本当にシビアに知りたいなら5分くらい待ってね」だそうだ。どん兵衛待つ間熱計ろうか?えぇ?




話を戻すとだ、熱はなく、これまったく気の問題という解釈しか成り立たずに日々を暮らしていたのだが、東京遠征もあるしその後マットサベッジとの共演やらセモダイやらあるっつーことで体調崩すタイミングとしては最悪だーってことでどうしようか悩んでたんだけど、ふとある日の早朝に灘温泉行って小一時間のんびりと過ごして、帰宅して缶ビール飲んで寝て起きたら体調が万全の状態になったわけですよ。たぶんね、熱いからってクーラー付けっぱなしの生活で、風呂っていっても水のシャワーで済ませてたツケだったんでしょうね。やっぱり暑いからといっても湯船で体を温めなければ疲れは取れないってことをしっかりと自覚しました。




自分的には映画を見る気にならずに、コントやバラエティーばっかり見てる時は疲れてるときなんですよ。この夏はサンドイッチマンと東京03にどれだけ救われたか。



posted by さだおか at 10:45| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

20180815

今日は終戦記念日であり、お盆の送りの日である。密かに8月15日という日にその二つの事があるということがこの日本という土地の因果というか風土なのだと思っている。



特に僕の故郷である洲本の町では15日の夕方から洲本川の川べりに人がチラホラと出てきて、橋の上や道端で送り火を焚いている。そのすぐ横を車が通るような場所なのに焚いている。大浜海岸の浜辺にも夕方涼しくなった頃に送り火を焚く人々が出てくる。そのすぐ横で海水浴客がビーチボールを弾いたりしているのに、少し離れたところで焚いている。当たり前の風景に思っていたが、神戸でそんな光景を目にしたことはない。



終戦記念日に関しては、今年半藤一利さんの著作をいくつか読み、やはり当時の鈴木首相と昭和天皇という二人だったからこそ終わらせることが出来たのだと思うが、まぁそこらへんを詳しく書いても仕方がない。が、なんせお盆という時期に戦争が終わり、僕としてはこの8月15日という日を過ぎると夏も終わったなぁと感じるのである。



毎年この日は淡路島で迎えようと思っているが、年々なんやかんやと難しくなってはいるが今年も実家にて過ごしている。といっても特に何かするわけでもなく、日常と同じように酒を呑むのだが、なんとなく夜空を眺める時間が増えたりしているくらいだろうか。



あとは大浜海岸に行って送り火を焚く人々を見て酒飲んで、帰って酒飲んで眠るっていうそれだけなんだけど、海とか見てるとこの先に何か別の場所みたいなんがあるんかいな?と思えてくるから不思議なんですよ。その妄想というか想像力には科学とか入り込む余地がないわけ。そんなもんクソッタレですよ。



posted by さだおか at 12:33| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

すっかりお盆休みである。

10日の天昇堂での関谷、甲斐トリオを終えて、なんやかんやと呑んでほぐれて2時ごろやっと眠ったのだが、5時半に起きて淡路に向かうバスに乗るべく三宮へ。早朝ということもあってか、想像していたよりも人が少なくて安心。だって酒臭いのだもの。



振り返ると、10日のライブは楽しく演奏出来たのだが、実は先日ピッコロシアターにお会いしに行った岩松了さんが見に来てくれて、その点で気合が空回りせんようにと気を付けたのだった。大体が自分の憧れ尊敬する人間が見に来て通常で入れるわけがないのだが、そこは前夜から自分に暗示をかけてかけて誤魔化してきたのだった。




「総理大臣の代わりはいても勝新太郎の代わりはいないように、客席に岩松了がいても定岡は定岡である」




緊張している、ということが良く伝わる思考レベルだと今では思うが、実際にそう言って緊張しそうになる心と体をコントロールして一曲目を演奏し始めたのだった。



そして天昇堂でのライブではお馴染みの「終演後のMさん全面プロデュースによる打ち上げ@天昇堂の大テーブル」にも岩松さんと同行されたご友人の方も参加してもらい和気あいあいと出演したテレビドラマの裏側も聞いたり、こうして知り合いになれた馴れ初めも改めて話して笑い合ったりして、さすがに気は使いましたが、なんだか春日野道という場の磁力もあってかアットホームな雰囲気の終了してそれぞれ家路に着いたのでありました。


そして後日岩松さんから「天昇堂でのあの時間はまさに文化に触れた心持でした」とメールをいただき、楽しんでくれていたんだなぁと一安心したのでありました。




その翌日の11日は実家の手伝いで夕方まで走り回っていた。夜には海かどっかの店で一杯やろうかと思っていたのだが、疲れていたということもあるが、翌朝早くから神戸の病院に入院している叔母が退院するのを迎えに行くというミッションがあったので大人しく寝ようかと思ったのだが、ちょうどその晩に淡路でドラムを習っていたYさんがレギュラーライブをしていると気付き、昨年野津北川さんとのスペシャルトリオツアーでお世話になったなごみ工房笑むさんに行き、芋焼酎を二杯呑んで良い心地で帰宅。そして素直に眠ればいいのに缶ビールを開けてしまうのは業でしょうか?




翌朝寝不足から来る頭痛と戦いながら無事にミッションは完了するも、淡路に戻る道中が事故渋滞に巻き込まれ頭痛が酷くなっていく中だったので苦痛だったが、叔母に悟られては気も悪いだろうと必死に欠伸を噛みしめようとするが全然無理だった。なんとか無事に家に着いたが昼食を摂る気力もなく小一時間昼寝して少し回復したら、もう夜の明石でのライブにむけて出発する時間になってた。



明石でのライブでは甲陽音楽院卒業以来に会うというギタリストの高田亮介さんと一緒になって嬉しかったのと、リーダーである西本さんのオリジナルやアレンジが難しく、まさに肉体と精神をフル回転させなきゃ出来ないような内容だったので、疲れているということも皆目忘れて演奏に夢中なまま終われたことが良かった。まさに心地よい疲労というか、演奏出来て良かったと噛み締めながら夜中の淡路の田舎道をひた走ったのでありました。



翌日13日もまた実家の手伝いで走り回った挙句に夕飯を摂ろうという気力もなく床に突っ伏していたが、さすがに家族との数少ない機会を逃してはと思い、近所の中華料理屋へ行き、その後一人で海に向かったのだった。



今年の夏はゆっくり過ごすっていう時間がないままなのだが、今こうやってブログを更新する時間があるくらい今日やっと一息ついている。昼食は外食しようかと思う。ぶらぶらと。

posted by さだおか at 12:21| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする