2020年07月10日

読書記 08

ブログの右側にCDの直接購入者のためのペイパルでの支払いカートボタンを設定しました。ぜひご利用ください。CDは是非直接ご購入ください!



で、読書記である。


すっかり外国ミステリーばっかり読んでいたが、そればかりだとやっぱりいかんなと思い、昨年にハマった黒川さんと西村さんの未読のを借りてきた。


R0019954.JPG



黒川博行著「後妻業」


これは映画にもなったので知ってる人は多いだろう。内容は言うまでもなく素晴らしく、黒川文章はこうでなきゃという感じであっという間に読了。この人は完全なハッピーエンドということがないので好きだ。映画とかでも後味の悪い方が良いんですよ。「セブン」とか最高でしたね。

とはいえこの表紙はどうしたものか・・・。黒川さんの本はだいたいが奥様の絵を使われていて、それもまた黒川作品の魅力の一つなのに、この表紙はどうしたものかぇ・・・。


小説がこれだけ面白ければ映画もさぞ面白いのだろうと思うパーセンテージと、映画の方はどうせ見れたもんでもなかろうという思うパーセンテージは比べるまでもなく後者の方が大きい。逆に映画見てから原作小説読んだ方が面白いということは多い。登場人物が設定されている点で読みやすいのだろうね。でも小説から入ると、ぼんやりとした人物像が映画だと具体的な役者になるわけだが、それはどうも辛いことの方が多いな。だからこの映画は観ないだろうし、黒川さんの他の原作映画も観る気はない。やはりこの人の文体とセリフのスピード感は役者のそれでは消化不良になるだろうね。




R0019949.JPG


西村賢太著「瓦礫の死角」

私小説とはいえこの人は読みやすく面白い。が、近作ということで、これまでの著作の積み重なりが意識されていて、無論それは著者の意向によるのだろうが、それが少々くどくもある。この人の作品の特筆する点は、北町貫多(西村賢太)という主人公の人生が時系列を前後しつつ描かれているということであり、しかもそれを生まれてから現在へという時系列に沿って書かれているわけでもなければ、その通りに読む必要もないということだ。シリーズ物は最初から読まねば登場人物や設定に「?」を抱きつつ読むストレスがあるが、それが一切ないのが魅力だったが、今作ではその辺りが多少軸がブレたのか、作品が増えた故に整理せねば読者に混乱が生じると察して配慮したのか、文中に(「作品名」参照)という書き込みが数箇所あったのが気になった。西村作品のファンとしてはそんなもの不要だと言いたい。


あとこの人の魅力は北野武映画のような清々しい暴力と、狂気とユーモアの絶妙なバランスにあると思っているが、その点も少々物足りない気はした。

母親との束の間の同居時の話があるが、どこで母親に暴力を振るうのかと心配と同時に楽しみにしつつ読み進めていったが、結局は出所してくる父親の影にひたすら怯えてそこを後にするというだけで、やはり西村さんのそれまでに構築した関係性を暴力と罵詈雑言でしっかりと徹底的にぶち壊してそこから逃避するという性が好きなので、今作はあまりなくて少々がっかりしたが、そればっかりになっても仕方ないのも理解している。




そして今はまた外国ミステリーを読んでます。




posted by さだおか at 12:40| 兵庫 ☁| Comment(0) | 読書記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しいギア。

ここ二三ヶ月ドラムセットが欲しい欲しいとヤフオクとデジマートマートばかり見て過ごしている。そうだ、結論を先に書こう。SAKAEドラムのタムを買いました。タムだけ買いました。


R0019957.JPG


R0019956.JPG



今持っているのは70年代グレッチの12"タム,16"フロアタム ,20”バスドラの三点セットで、音に関しては一切の不満はないのだが、やはり12”タム,14”フロア,18”バスドラが理想。古からのジャズドラムこそ理想像なのだ。エルビンみたいなガタイのでかい人があの小口径をバッシバシ叩いてるのが格好良いんだよ!


現在エレベーターなのない四階で暮らしているので、たまに楽器を運ぶときにものすごく大変なのだ。しかも古いグレッチは重い。特に演奏後の疲れた状態で楽器を四階まで運ぶたびに引越しを考えるくらいだ。だから軽いものが良いので、単純に口径の小さいものが良いわけ。さらに今の楽器ケースがハードケースだからなぁ。一応古い楽器だし、保管には積み重ねるからどうしてもしっかりしたケースじゃなきゃと思って使ってんだけど、それがすでに重い。



ということでまず手始めに14”のフロアタムが欲しくて色々と探してたのだけど、16”が主流なのでやはり元々出回ってる数が少ないのか出品数が極端に少ない。ましてやフロアタムだけとなるとさらに少ない。セットをバラで売るにはそれなりの理由もあるので、そこも注意して見ているといよいよ少ない。だからたまーにスネアやシンバルといった出品数の多いものを見てはオッと思うものに入札しては高値更新されてサヨナラということで息抜きしては、また探すという日々だった。


今回購入したタムは少し前から出品されていたんだけど、値段を変えたり、スネアスタンド付けたり付けなかったり、終了時間前に締め切ったりと出品者が何度か気になる動きをしていたので注意していた。先週には25000円くらいで出品していたのがつい先日は12000円で出していたので、どうせ高値更新されるだろうと思って入札したら落札したのだった。値段的には不満はないが、出品者がどうも不安定な様子(別の商品で落札したのに、どうもその値段が不満だったようで一方的に落札を無効にして、即再出品していたと低い評価を付けた人のコメントであった)だったので取引終了まで気が抜けなかったが、案外というか当然と言うかスムーズに届いたので一安心だった。


開封前の箱を持った時点ですでに軽かったが、実際に楽器だけ持っても軽い。というかグレッチが重いんだよ!でも良い音なの〜!ということで、この軽さは怪しいぞと思ってますが、今週末レッスンがあるので持参して叩いてもらおうと思います。3プライという薄さもあるし、メイプル、ポプラ、メイプルという木材の重ね方だから軽いんだろうね。


フルセットを買うのではなく、タムとフロアとバスドラと全部違うメーカーの色味もデザインも違うのでセットを組もうと思ってます。今ちょっと目をつけてるちょいジャンクの16”フロアが出てて、それをアタッチメントでバスドラにしようかなと思ってます。出来たらシングルヘッドにしてそのバスドラの中にタムを入れて保管収納したいと思っている。



本文に関係ないが、皮膚が弱くてすぐ荒れるので日がなカラーをされて憂い目の我が家の猫。
R0019958.JPG
posted by さだおか at 11:49| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

読書記07 読書欲の再起

タイトルにもあるように、コロナ中にすっかり失せた読書したいという欲望の再起の予感であります。


でもやっぱり図書館が閉まっていたというのが大きいわけです。あとCD制作で頭も心もパッツンパッツンでしたからね。もうそうの反動で今何もする気になりません。SEMODAIのCDのパッキングしなきゃならないのにそれすらもやる気にならない!何だかんだと言い訳を見つけては、結局youtubeばっかり見ている!あと最近映画欲も出てきてるから、そのおかげで練習する気にもなってて以下の順になっている。


SEMODAI<Amazonプライムで映画見ながら練習<youtube見ながら呆ける<寝起き後三時間くらい読書したり漫画読んだりyoutube流してごろごろ


という順番である。



怠惰!堕落!茫然!の末に自失!



不甲斐ねぇぜ!CD買ってくださいね!在庫なくなりゃ作るしかなくなんだからネ!




おっと読書記であった。ミステリー再燃。しかも海外のミステリーの古典を読み漁っている。


エラリー・クイーン「エジプト十字架の謎」
R0019948.JPG



写真を撮る前に返却してしまったが、同時に同じくエラリー・クイーンの「Xの悲劇」とジョン・ディクスン・カーの「火刑法定」を読んだ。「X
の悲劇」は読了する前に返却せざるをえず、また借りるつもりだ。「火刑法定」は最終章を少し適当に流し読みしすぎたと反省したが、悲しいかなミステリーは犯人を断定するところで熱が冷めることが多く、これもゴーダン・クロスが死んだあたりでお腹いっぱいになってしまった。


エラリー・クイーンは前に「Yの悲劇」を読んだことがある。それから数ヶ月経ってまた読み始めると、やはりリズムが取れない。Yの時も結局最後まで文章のリズムに乗れずに結構苦しみながら読んだので多少ビビりながら読んだが、この「エジプト〜」は冒頭のつかみが素晴らしいのでスッと入れたが、同時に「Xの〜」も読んでたら、どっちがどっちの主人公で登場人物でと分からなくなってきたので一冊に絞ったのだった。外国の人名に慣れないせいで誰が誰かさっぱりなまま最後まで登場人物一覧を見返しながら読むのが億劫なので、序盤の段階で犯人を告げるだろう辺りをチラッと見て、犯人が誰かは定かではないにしろ「最後までこの人物は出てくるのでしっかり覚えよう」と自分を奮い立たせての読書である。


登場人物一覧を眺めて

スティーヴン・メガラ・・旅行家
ヴェリャ・クロサック・・復讐者
ハラーフト・・・・・・・教祖
ポール・ロメーン・・・・裸体主義者
スウィフト・・・・・・・メガラの航海長

という並びを見るたびに「俺は一体どんな小説を読んでいるのか?」と自問してしまった。確かに読めばハラーフとは教祖だし、ロメーンは裸体主義者だったが・・・。


ネットの検索でエラリー・クイーン読むならこれが上位に来ていたので借りたが、これはいわゆる国名シリーズというようで、エジプトは五作目となるようでやはり一作目をいかねばなるまい。あともう一つの傑作と言われる「ギリシャ棺の謎」も行かねばなるまい。こうして読書迷子となっていくのだろう。


posted by さだおか at 09:21| 兵庫 ☁| Comment(0) | 読書記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

スケジュール更新

コロナの影響で中止や延期やと、すっかり予定帳を見る気も失せた日々で更新せんままに時間だけが進んでしまい大変失礼しました。



六月



24日(水)天満 BAMBOO CLUB
6_page-0001.jpg
有本羅人 Tp 佐藤絵美里T.sax 泉正浩Bass
開場18時 開演18時半
チャージ2,000円(1drink&snack1,000円別途)

大好きな、いやそれこそ信仰と言っても過言でもない真っ黒いジャズをやります。モンク、ミンガス、エリントン、ドルフィーとかとか。コードレスでキレッキレのジャズです。ぜひ。








七月






What7s the PD? ビッグアップルで4beatをやりたいんだよぅ!

1日(水)神戸 ビッグアップル
F30193B4-050D-440A-96F6-6E07492714C9.jpeg
柏谷淳alto sax 中山理恵子piano 河合鉄兵 bass
開場19時 開演19時半
チャージ 予約2000円 当日2300円




17日(金)池袋 フラットファイブ
北川秀生Bass 野津昌太郎Guitar 
open19:00 start20:00
チャージ¥1,500+飲食代
https://www.facebook.com/flat5jp/





18日(土)「眠れぬ夜の音楽会7」かにたまトリオ@神戸 ビッグアップル
SCN_0002.jpg
かにたま piano,vocal 井上歩 Bass
開場19:00 開演19:30
当日¥2,000 予約\1,800
http://bigapple.guy.jp/





22日(水)春日野道 天昇堂
F386C5D7-475A-494E-BA2D-03C8E0999116_1_201_a.jpeg
古山晶子T.sax 関谷友加里piano 
開場19時 開演19時半
チャージ2000円
飲食物の提供はありません。持ち込み可。差し入れ大歓迎。







25日(土)天満 BAMBOO CLUB
松本大・定岡弘将のふたりかい
松本 大 drums 
開場19時 開演19時半
チャージ2000円(ドリンク&スナック別途1000円) 
http://www.temma-bamboo.club/




26日(日)明石 POCHI スペシャルジャムセッション
高橋俊男Piano 泉正浩Bass 
open18:30 start19:00
チャージ¥1,550-
http://www.pochi-live.com/index.html


28日火)三宮旧居留地 100BANホール
ジャムセッション
高橋俊男piano 泉正浩bass
開場19時 開演19時半 終演22時頃
1500円





八月




4日(火)天満 バンブークラブ課題曲セッション



19日(水)梅田 ALWAYS 一家団欒



22日(土)神戸 Live Bar Brothers & sisters 船戸さんを神戸に呼ぼう企画



24日(月)神戸 BIG APPLE ドラマチストオーケストラ


25日(火)神戸 100BANホールセッション


26日水)池袋 フラットファイブ
北川秀生Bass 野津昌太郎Guitar 
open19:00 start20:00
チャージ¥1,500+飲食代
https://www.facebook.com/flat5jp/
posted by さだおか at 00:25| 兵庫 ☀| Comment(0) | schedule | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

RJSQとSEMODAIのCDができたのよ。

先日RJSQでブルーノートならまちに出演し、無事にメンバーにもCDを手渡してきました。



ブログでの報告遅れましたが、今回も物販で缶バッジキーホルダーを制作しました!CDをお買い求めていただいた方には一枚につき一個差し上げます!もちろん販売もしますよ!


缶バッジは一個100円。

キーホルダーは一個150円です!




絵柄は全五種類です。


R0019944.JPG



R0019941.JPG



SEMODAIのCDはパッケージングも自力でしてます。


R0019939.JPG

R0019940.JPG

R0019938.JPG



新しいアルバム二種類とこれまでの二作とをライブでは持ち歩きますので、ぜひとも手にとっていただきたい!

posted by さだおか at 09:02| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

ここ最近。

しばらく更新できずに悶々としつつ、ここ数日は自宅にてコツコツ作業をしております。




R0019930.JPGR0019917.JPG

R0019923.JPG

R0019924.JPG

R0019925.JPG


R0019922.JPG

R0019927.JPG








というのもSEMODAIのCDの製作費を抑えようとパッケージを自分で組んでるんです。で、結果から言えば多少高くなっても発注した方が楽である。でも貼り方次第で同じパッケージは一枚もないという独自性だけで精神を持ち堪えながら作業しております。




だって貼る作業だけで1時間で20枚ほどしか出来上がらないんだもん。制作予定は300枚だから、単純計算で15時間。その前に印刷したのを切る作業があって、これも1時間で80枚ほど。これがジャケットの外側と内側でA4が計二枚で600枚(300枚×二種)だ。およそ8時間近くかかる。つまり合計23時間。時給900円で換算しても20,700円。それに印刷代と紙ジャケ台を足したら・・・。自分で組んだ方が気持ち安く作れるが、時間がかかる。タクシー移動か公共の乗り物で移動かという問題と同じである。




それだけ気持ちが入っている。と清々しく言えるほど人間が真っ直ぐに出来ていなので、切々と言葉にしている。




だから、みなさん、買ってくださいね!こちらもCD盤が明日到着予定です。そしたらそれを不織布のインナーに入れてOPP袋で綴じるわけです。二枚組で二千円です。





大人の事情で大きな声では言えませんが、収録曲は以下です。

DISC1 1st set
1 夥しい愛
2 Brilliant Corners
3 Teo
4 Panonnica
5 Bye-Ya

DISC2 2nd set
1 Come Sunday
2 Friday 13th
3 Greenchimneys
4 Gallop's Gallop
5 Epistrophy

セロニアスモンク大学
定岡弘将 當村邦明 関谷友加里 畠山令




300枚限定で完全手売りのみ!





これからディスコミュのCDの制作もしますが、今回制作するCDの売り上げの一部はビッグアップルに渡します。諸々の経費もありますし、ミュージシャンもこの数ヶ月収入が減ってしまったりと色々あったので、一枚あたりではわずかですが、必ずビッグアップルに渡します。




どうぞよろしくお願いします!
posted by さだおか at 00:25| 兵庫 ☀| Comment(0) | セロニアスモンク大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RJSQのCD届いた!

RJSQのCD届いた!



昨日台湾から発送されて、今日の16時に春日野道に着く!すごい時代だ!

R0019931.JPG

R0019929.JPG


R0019936.JPG


早速明日の東京でのライブから持ち歩きますんで、是非お声がけください。



ジャケットめちゃくちゃ良い出来です!PCの画面だけじゃ色々と実際にできたものとの差が生じてしまうんですが、このジャケットは良い!!!

ジャケ裏は少しピントが甘かった。絵だけじゃなく、すこしラインを引いたりしたらもう少しインパクトを散らすことができたかなと反省。毎回勉強になるな。


DRRJ-2020_jacket_page-0001.jpeg



音もDDP入稿だから心配してなかっらけど、良い音してました。特に森定さんの独特のカリッとしたベースの音と僕のシンバルレガートの音は特に良いと思います。ライブ盤のそれじゃないと自負しております。ピアノのミックスはコンデンサマイクだったので非常に難しかったけど、藤川さんが弾くビッグアップルのピアノらしい音に出来たと思っている(本当はもう少し高音域が抜ければなお良しだが、シンバル類と被ってたからなぁ)!



Live at Kobe Big Apple」
Radical Jazz Standard Quartet

1. A girl is crying 8:28
composed by Morisada Michihiro

2. Confirmation 10:34
composed by Charlie Parker

3. How long has this been going on? 7:19
composed by George Gershwin

4. Summertime 15:47
composed by George Gershwin

5. Billie’s bounce 15:43
composed by Charlie Parker

6. Moritat 6:17
composed by Kurt Weill

定岡弘将 Drums 當村邦明 Tenor Sax 藤川幸恵 Piano 森定道広 Contrabass





直接お買い求めいただけると2,000円です。郵送も送料負担願いますが承ります。



詳細はmonkdaigaku@gmail.comまでご連絡ください!



とりあえず!6月20日のブルーノートがレコ発的ライブになったので一安心だぜ!

blue note nara_page-0001.jpg

0620_page-0001.jpg

posted by さだおか at 00:22| 兵庫 ☀| Comment(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

近況報告

本日無事に入金も済み、あとは無事に届くのを待つだけです。


そうそのRJSQのジャケット公開です。


DRRJ-2020_jacket_page-0001.jpeg



SEMODAI 2でもたくさんの絵を提供してくれた、友人お近石礼さんの絵をバチっとパッケージングしました。ごっついぜ!


今回も紙ジャケです。専門的にはE式という仕様です。裏表左右上下分からないようにデザインしました。完成したらぜひ手に取ってくださいませ。







そして明日はジャズライブ神戸に出演いたします。


https://www.nhk.or.jp/kobe/jazzLiveKobe/



普段は公開生放送ですが、コロナの影響で収録だそうです。何かと緊張せずに済みそうで何よりです。



田舎の母親から「知り合いが録画してDVDにしてくれるなら私にも下さい」とメールが来ました。



「知り合いがいないので誰にも頼めません」と返信したのに昨夜から返信メールが来ません。



神戸に来て17年目の息子が未だに知り合いがいないのかとショックを受けて今も携帯を片手に固まっているのでしょうか?お母さん、生きてますか?僕は生きてます。



放送は18時40分位からでしょうか?知ってる方、教えてください。
posted by さだおか at 23:20| 兵庫 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

時間がないので適当ですんません

取り急ぎ、RJSQのデータ一式を入稿したことをここに記します!6月20日のブルーノートならまちでのライブが初お披露目の予定です!


あと個人練習動画の新しいのを作りました!ぜひご覧くださいませ!


posted by さだおか at 10:21| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

個人練習動画



個人練習動画です。需要があるかどうかはさておき、出したいんだよ!という欲望だけです。


酒バラといえばピーターソントリオ。ピーターソントリオといえば酒バラ・・・というのは言い過ぎかもしれないけれども、僕が思うピアノトリオとしての決定的演奏はピーターソントリオの酒バラだ。


あまりに完璧。もう本当に即興!?と疑ってしまうくらい各人が有機的で、一切の無駄がなく、もはや短編小説のように物語が隅々まで行き届いた演奏だ。


この曲を演奏する際にまずはあのテイクを頭から追い出す作業から始めなければならないほど教科書というか聖典のようなもんですな。


ドラムを叩くのが約一ヶ月ぶりにしてはまぁ叩けた方だと思っているが、どうも手癖に頼りすぎていた気がする。生産性のない演奏とはこのことか!


まだ何曲も叩いてますんで随時アップしていきます!


頑張って無駄削ぎ落とす練習します!
posted by さだおか at 01:08| 兵庫 ☁| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする